益城町の断層探訪

今日は一日雨の予報だったけど午前8時過ぎには雨が降り止んで道路も乾いて来た。 雨雲レーダーの予報を確認したら数時間は大丈夫そうなので、午前9時過ぎにクロモリロードバイクで出発。 京塚を経由して健軍自衛隊の東側から旧・木山往還に入ると間もなく益城に入る。(木山往還・益城の「猫伏(ねこぶく)石」) 先日、益城の布田川断層帯…

続きを読むread more

久しぶりの益城矢部線

京塚、健軍を経由して秋津川沿いの道に入り東へ。 益城町の県道57号線に入って矢部を目指そうとすると案内板が目に入り、少し寄り道して谷川(たにごう)地区へ。 5年前の熊本地震では布田川断層帯が震源地となり、益城町のあちこちで断層が地表に現れ、その内、ここ谷川地区の断層の他、堂園地区、杉堂地区の3つの断層が2017年11月に国の…

続きを読むread more

「刎」の字ライド

朝からカーボンロードバイクで出かけ、加勢川、緑川沿いを走り、緑川河口まで行って来た。 というのも、Google Mapを見ていたら緑川の河口に「サエモンバネ」という表記があるのを見つけたからだ。 今の時期、緑川沿いの堤防は工事中の箇所が多く、何度か迂回してその場所へ行って見ると、「サエモンバネ」とはコンクリート製の船着場のよ…

続きを読むread more

激震地跡ライド

あれからもう5年。 特に揺れの激しかった地域の復興具合を見に、益城町、西原村、南阿蘇村をカーボンロードバイクで廻ってみた。 京塚を経由して健軍自衛隊の先から木山往還に入って東へ進み、益城に入ったところでチポリーノに向かうナイチン工場長と遭遇しご挨拶。 被害の大きかった益城の街の復興は進んでいて、災害に強い町を目指して県…

続きを読むread more

山田の藤ライド

早朝からカーボンロードバイクに乗って主に国道3号線と国道208号線を走って玉名へ。(小岱山麓の木々も開花) 平日の朝で、まだ人出の少ない山田日吉神社では今が盛りの藤の花を堪能。 そして近くにある石橋(「旧・十六橋」)も訪れたが、これは後日ご紹介。 その後、ハゼ並木の菊池川堤防を南下して、大浜を抜け、尾田の丸池を経由して…

続きを読むread more

2回目のチュウ!

体調を見ながら昨日は白川沿いを瀬田まで史跡ハントをしながら、そして今日は緑川沿いを甲佐まで周辺の植物を楽しみながら、無理のない程度にのんびりと走った。 というのも、4月9日に新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けたのだ。 これまでの報道等によると、2回目の接種後の副反応が強いとのことなので、不安だったけど、実際に接種…

続きを読むread more

「軍夫の碑」ライド

熊本県内にある史跡の中で、一番多いのは明治10年に勃発した西南戦争の史跡であろう。(山鹿口の戦いの石碑)県内では天草を除くほぼ全域で戦闘が行われていて、官軍墓地の数だけでも20カ所を超える。 その内のひとつ、植木の「七本官軍墓地」では、士官、下士、兵卒などの階級によって大きさの違う墓碑が数多く整然と建てられおり、その横には、白兵戦…

続きを読むread more

「楓の森」をポタリング

土曜日、午前中の仕事を終え、帰路遠回りして合志市の黒石原(くろいしばる)へ。 まず訪れたのが、国立療養所の菊池恵楓園。 明治42年、ハンセン病患者が強制隔離された療養所としては全国最大規模の「九州らい病療養所(後の国立療養所菊池恵楓園)」が開設された。 ハンセン病は、らい菌の感染により末梢神経が麻痺したり、顔や手足が変…

続きを読むread more