熊本は大丈夫か?

明日からまた寒くなるらしいので午前中の仕事を終えて帰宅後、昼飯を食ってから足慣らしにカーボンロードバイクで金峰山へ。 ゆうかファミリーロードを走って太郎迫から県道101号線を上り、一の岳および二の岳、三の岳を眺めて、鳥越峠の茶屋からは県道1号線をくだって帰るいつものコース。 新型コロナウイルス感染症の国内での患者が発生して丁…

続きを読むread more

「三の井手」探索

白川の渡鹿堰から取水した「大井手」。(新屋敷辺り) そこからさらに分水して熊本市南部を潤す三つの井手。 これまでに「一の井手」、「二の井手」を辿ったが、今回は最後の「三の井手」を辿ってみた。 「三の井手」が始まる水門は「二の井手」の水門の50mほど下手にあって、「二の井手」の50mほど北側を並行して流れて行く。 …

続きを読むread more

サイクルコンピューターの補修

熊本市の平地では心配された積雪もほとんどなく、昼になると寒さも少しは緩んできたので雪景色の八方ケ岳を眺めながら、合志川沿いから菊池川沿いを中心に、周辺をのんびり走った。 さて、2か月ほど前のことだけど、サイクリングの時に愛用しているGPSサイクルコンピューターのGarmin Edge 810JのスイッチがOFFできなくなってしまっ…

続きを読むread more

新春「からから」ポタ

今年の干支の「辛丑(かのと・うし)」の「丑」関係のライドに続き、「辛」に因んだ場所へ行ってみようかと、オンラインの「地名辞典」で検索してみると、「辛」の漢字を含む町域名は日本に13あって、そのうち2つが熊本。しかも比較的近くにあるので、昨日と今日の仕事が終わって帰り道に遠回りしてポタリング。 まずは県道145号線・通称「供合(とも…

続きを読むread more

新春「うしうし」ライド

今年は丑(うし)年。 そこで、走り初めは「丑」や「牛」に因んだ場所に行くことにする。 まずは玉名市の横島干拓地。 加藤清正公の統治以来、昭和期まで行われた横島干拓の、明治期に行われた干拓事業の遺構のひとつに明丑堤防(めいちゅうていぼう)がある。(以前はあったこの案内板は紛失していた) 高さ約5mの石積みの堤防が延々と…

続きを読むread more

ちょっぴり御船町

昨日のことだけど、昼食後の僅かな時間に御船町までサイクリング。(嘉島町の浮嶋神社で定点撮影) 御船町は「恐竜の町」として知られているけど、その他にも史跡が多く、また数々の石橋も見どころのひとつ。(門前川眼鏡橋) そんな中、戦国時代の生涯無敗の武将、甲斐宗運に関する史跡でまだ見てなかったものを中心にポタリング。 まずは木…

続きを読むread more

ポンプヘッドの交換(airbone zt-a15)

わが家にある二つのフロアポンプのうち、「GIYO Air Supply」という空気入れのポンプヘッドのパッキンが劣化したらく、タイヤに空気を入れる時に空気が漏れるようになってきた。 もうひとつのフロアポンプに付けているポンプヘッドが「ヒラメの縦」なので、次は「ヒラメの横」にでも交換しようかと思ったけれど、どうせなら違う物をと思って…

続きを読むread more

ぶらり甲佐町

今日も気温が低いのでちょっとだけサイクリング。甲佐町の利水・水害関係の史跡を見に行くことにする。 いつものように出水ふれあい通りを経由して中ノ瀬橋、めど町橋を渡って緑川沿いの道をひたすら走って甲佐へ。 まずは東寒野地区に進んで鵜ノ瀬堰へ。 慶長13年(1608)に完成した、清正公の緑川治水工事の一つで、堰の位置や形を夢…

続きを読むread more

寒さで手先が痺れるもんで・・・

この冬最初の冬将軍がやってくる前の12月14日の晩、通勤用のロードバイクのハンドルカバーを自作した。 ロードバイクのハンドルカバーの既製品は2種類あって、どちらも高性能なんだけど結構なお値打ちで、実際見てみると大きい。 そこで自作することにしたのだ。 参考にしたのが、「ニーハイやけ」という自転車ブログで、あとで気が付い…

続きを読むread more

メタセコイアめぐり

紅葉シーズンも終盤を迎え、メタセコイアが目立つようになってきた。 このブログにいつも元気玉やコメントをいただく宮星さんのブログ「ミャーの星」で栃木中央公園の見事な紅葉の様子がレポートされていて、中でも大池の畔のメタセコイヤの見事さに眼を奪われてしまう。 熊本には残念ながらインスタ映えするような大規模なメタセコイヤの並木はない…

続きを読むread more

わさんたらんかライド

陽が射すのを待って午前8時30分過ぎ、カーボンロードバイクで出発し和水(なごみ)町を目指す。 坪井川沿いの道を北上し、左に折れて国道3号線に出て、県道3号線に入り北上していると早く着き過ぎるので、県道55号線を左折して霜野の集落のふたつの六地蔵の安否確認。(霜野六地蔵) 霜野日吉宮の前にあったものは地震で倒壊したため少し離れ…

続きを読むread more

馬見原から高森へ

5~6年前だったか、地元銀行のカレンダーに「竿渡(さおわたり)滝」というのが載っていた。 江戸中期の寛政5年(1793年)ごろに、第八代藩主の細川斉茲(なりしげ)が隠居後、細川藩の絵師数名によって主に肥後藩の名勝地を描かせた「領内名勝図巻」の中に描かれていて、山都町の馬見原にあるらしい。 ただし現地に案内板なども全くないらし…

続きを読むread more

美里町の石橋めぐり

先週末に見た「耶馬渓橋」に触発されて美里町の石橋を見に行った。 いつもと同じく、まだ暗い時間帯にクロモリロードバイクで自宅を出発し、中ノ瀬橋、めど町橋を渡って左折し、緑川沿いを走って、甲佐を抜けて美里町に入り、水路橋を中心に大小5つの石橋を廻った。 大きい順から紹介すると、まずはお馴染、「霊台橋(れいだいきょう)」。 …

続きを読むread more

耶馬渓でタンデム

家内と一泊がけで耶馬渓に行って来た。 山国川流域に広がる広大なエリアで、とにかく熊本ではあまり見かけないような岩山が至る所にあって、大変多くの見所があるが、そんな中でも行ってみたかったのが、菊池寛の小説『恩讐の彼方に』のモデルとなった「青の洞門」。 その「青の洞門」の近くの「サイクリングセンター風水園」でレンタサイクルを借り…

続きを読むread more

八代 刀削麺ライド

久しぶりに丸新の刀削麺を食べに八代へ行く。 午前8時前にカーボンロードバイクで出発し、出水ふれあい通りを走り、中の瀬橋、めど町橋を渡って城南の旧道を走り、県道266号線で坂を上って左折し県道313号線、312号線を走る。 小川からは国道3号線の西側の田舎道を走り、氷川からは国道3号線の東側の薩摩街道をクネクネと南下。(五木村…

続きを読むread more

チポリーノのち道路崩落

先日の「週刊山崎くん」で紹介されていたこともあり、矢部の「チポリーノ」に行きたくなった。 午前6時半過ぎにカーボンロードバイクで出発し、京塚を経由して健軍自衛隊から県道226号線を南下し、北甘木の交差点の先から左折し御船へ。 御船の街並みを抜けて国道445号線に入り、しばらく走って、長い上りに備えて下鶴眼鏡橋の所でウインドブ…

続きを読むread more

夜明けの俵山峠

いつか俵山峠から朝日を拝みたいと思っていたが、なかなか機会がなかった。 立冬を過ぎてもここ数日は10月上旬並みの気温の日が続いているので早起きしてカーボンロードバイクで県道145号線の暗闇の中をひたすら東へ。 新聞配達の原付と車一台以外は誰とも遭遇せずに錦野の交差点で小休止して、鳥子川沿いに走って坂を上り、県道28号線に入っ…

続きを読むread more

宇土半島の4峠めぐり

宇土半島にある峠を4つを廻り、ついでにその沿線の六地蔵などの安否確認をしに行く。 午前6時頃、カーボンロードバイクで出発し、いつものように中ノ瀬橋から加勢川沿いの道を西に走って県道187号線を南下し、ウキウキロードで宇土市内へ。 まずは西岡神宮の近くの法泉寺の六地蔵を写真に収める。 その先の轟水源の少し手前から上りに入…

続きを読むread more

甲佐で六地蔵探索

午前中の空いた時間に飽きもせず、本日も六地蔵を探索。 出水ふれあい通りを南下して中の瀬橋、めど町橋を渡り、左折して緑川の左岸を甲佐方面へ走る。 田口橋から右折して、旧道を走り、乙女小学校の近くの五差路の案内板に従って進み、甲佐町の南三箇(みなみさんが)集落へ。 今回は六地蔵のある場所の手掛かりがないので、集落の人に声を…

続きを読むread more

霧の玉名・和水・山鹿ライド

このところのGoogle Mapは史跡の情報が豊富になってきて、以前は見つけられなかった六地蔵も場所が判るようになってきた。 今日は早起きして玉名、和水、山鹿で場所が判った3つの六地蔵を廻って来た。 午前5時半過ぎにカーボンロードバイクで出発すると霧がかかっていて、空が白んできても薄くならず、むしろ郊外に進むほど濃くなってき…

続きを読むread more