2回目のチュウ!

体調を見ながら昨日は白川沿いを瀬田まで史跡ハントをしながら、そして今日は緑川沿いを甲佐まで周辺の植物を楽しみながら、無理のない程度にのんびりと走った。 というのも、4月9日に新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けたのだ。 これまでの報道等によると、2回目の接種後の副反応が強いとのことなので、不安だったけど、実際に接種…

続きを読むread more

「軍夫の碑」ライド

熊本県内にある史跡の中で、一番多いのは明治10年に勃発した西南戦争の史跡であろう。(山鹿口の戦いの石碑)県内では天草を除くほぼ全域で戦闘が行われていて、官軍墓地の数だけでも20カ所を超える。 その内のひとつ、植木の「七本官軍墓地」では、士官、下士、兵卒などの階級によって大きさの違う墓碑が数多く整然と建てられおり、その横には、白兵戦…

続きを読むread more

「楓の森」をポタリング

土曜日、午前中の仕事を終え、帰路遠回りして合志市の黒石原(くろいしばる)へ。 まず訪れたのが、国立療養所の菊池恵楓園。 明治42年、ハンセン病患者が強制隔離された療養所としては全国最大規模の「九州らい病療養所(後の国立療養所菊池恵楓園)」が開設された。 ハンセン病は、らい菌の感染により末梢神経が麻痺したり、顔や手足が変…

続きを読むread more

南区の干拓地めぐり

昨日と一昨日の黄砂飛来の影響がまだ残る朝、クロモリロードバイクで出かける。 流通団地の平成大通りの中央を流れる天明新川を辿って南高江、川尻、さらに天明の干拓地へと進むと行き着く海路口(うじぐち)町が本日の目的地。 熊本市の南西部、白川と緑川の河口部に挟まれる地域は鎌倉時代から干拓が行われてきた。その干拓地の中でも南部の海路口…

続きを読むread more

初めてのチュウ!

花冷えの朝、クロモリロードバイクで白川沿いの道を走り、いつものように太郎迫から金峰山に上って、(梨の花)一の岳の西側の山麓にある平山の集落へ。 今日の目的は、ブッチャーKさん情報の史跡探し。集落の南側の入口に「神風連腹切場」の石碑を発見! 神風連関係の史跡でまだ訪問してなかったものだった。 目的を果たして、満たされた気…

続きを読むread more

野焼きの後の俵山

先日の日曜日、家内と連れ立ってアスペクタの中にある「南阿蘇桜公園」に行った時、俵山周辺で「野焼き」が行われていて、昼過ぎになるとアスペクタの敷地内でも作業が始まった。 5mほど離れていても焼けるような熱さを感じる炎に、あらためて人と自然の営みを肌で感じてきた。 そんなこともあり、今朝は野焼きの後の荒涼とした景色をあらためて堪…

続きを読むread more

体験!「新阿蘇大橋」

熊本大地震からやがて5年になろうとする3月7日に、被害の大きかった南阿蘇村の復興のランドマークとなる「新阿蘇大橋」が開通したので体験しに行く。 午前中の仕事を終え、昼食を摂ってクロモリロードバイクで出発し、いつもの様に通称「供合線」の県道145号線をひたすら東へ走り、瀬田から立野に上がる。 国道57号線に突き当たる前に右折し…

続きを読むread more

石に刻まれた「教訓」

明日で東北大震災から10年。 沿岸部では巨大津波によって数多くの方が亡くなったが、熊本でも200年ほど前に約5000人の犠牲者がでるほどの大津波があったので、その被害地のひとつ、河内町に行くことにする。 朝7時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、ゆうかファミリーロードを走って、太郎迫から県道101号線を上がるいつものコース。…

続きを読むread more

区切りの「ウトイチ」

今日はひな祭り。 ・・・ということは、明日はわたしめの誕生日で、しかも、なんと言うことか、65歳になってしまうのだ。 名実ともに「高齢者」の仲間入りをする前の日に「カルイチ(カルデラ一周)」をしておこうと思っていたけど、生憎今日の阿蘇は寒そうなので、「ウトイチ(宇土半島一周)」に変更した。 (加勢川沿い) (釈迦…

続きを読むread more

「道の駅 竜北」まで

熊本県の新規感染者も減って来て福岡県の非常事態宣言も解除されるので久しぶりにどこぞでランチでも食って帰るつもりで午前8時頃クロモリロードバイクで出発。 出水ふれあい通りを南下し、中の瀬橋、めど橋を渡り、田舎道を走って、城南の旧道を走り、浜戸川を渡って国道266号線に入り、坂を上り、左折して県道313号線を南下。 そのまま県道…

続きを読むread more

チラっと田口橋まで

朝から予定外の事態になってしまい、昼飯食ってから金峰山にでも上ろうかと出かけたが、気が変わって「出水ふれあい通り」へ。 そのまま南に進んで中の瀬橋で加勢川、めど町橋で緑川を渡り、左折して甲佐まで行こうかと思ったけれど、いまいち気が乗らず、田口橋を渡って帰った。 朝、サイクリングにでかけようとしたけど寒かったので、気温が上がる…

続きを読むread more

久しぶりの宇土半島

熊本市内の感染状況はまだまだ安心できるものではないけれど、県独自の緊急事態宣言も一旦解除されたので、久しぶりに宇土半島方面へサイクリング。 白川の左岸を河口に向かって走り、上ノ郷から左折して新幹線の高架横の道を南下。 川尻からは加勢川、緑川沿いの道を走る。 ただし、平木橋手前の数百メートルが工事中にて迂回。 平木橋を…

続きを読むread more

「保田窪」今昔

わが家から自転車で数分のところにある保田窪(ほたくぼ)北交差点。 東バイパスと産業道路・国体道路の幹線道路が交差しており、県内で一番の交通量となっている。 通勤時間帯の交通渋滞も激しく、その緩和策として産業道路から国体道路方面への車線の左端の車線を左折専用とし、横断歩道をなくしてある。 そのため、自転車で産業道路から国…

続きを読むread more

いつもの金峰山

今日は暖かい朝だったので7時半頃カーボンロードバイクで出発して金峰山へ。 ゆうかファミリーロードから県道31号線を走って、菱形から県道113号線へ左折して坂を上る。 玉東町に入り、原倉集落の放牛地蔵を写真に収める。 さらに進んで玉名広域農道を左折。アップダウンを走って「飛躍連動」の展望所で小休止。 さらに走って県…

続きを読むread more

熊本市の石橋めぐり

今日は久しぶりに県道1号線で金峰山へ。 鳥越峠ではこれまた久しぶりに上津江の肥後もっこすさんとお話ができた。 これから映画を観に市街地に戻る肥後もっこすさんと別れ、県道1号線をさらに西へ行き、追分からは県道101号線へ直進。 昨日、菊陽町の石橋めぐりをしたが、本日はまだ訪れていなかった熊本市の石橋を見に行く。 実…

続きを読むread more

菊陽町の石橋めぐり

朝から運転免許の更新に菊陽町の免許センターへ。 午前10時頃には新しい免許証を受け取ったので、寄り道して菊陽町に残る石橋を廻って来た。 まずは「井口眼鏡橋」 県道145号線沿いの馬場楠井手に架かる単一アーチ橋。この橋の特徴は、輪石の接する部分に、すべて石楔(くさび)が使用されていること。 この工法が用いられて…

続きを読むread more

「区切りの金峰山」のはずが・・・

当初2月7日までの熊本県独自の緊急事態宣言が2週間延長されることになった。 流行の状態を評価する諸々の指標は改善しているものの病棟稼働率が約40%で、目標とする25%未満に達さなかったためとか。 本来であれば、金峰山までの自粛ライドは今回でひと区切りの予定だったけど、もうしばらく脚力維持目的の自粛ライドが続くことになった。 …

続きを読むread more

時計回りの金峰山

このところ職場ではスタッフの出入りがあったので、これを機に勤務表を見直すことになり、その結果、これまで20年間余り、わたしは木曜日が休みだったのに2月からは休みが水曜日になった。 金峰山周辺を走る時は大抵、反時計回りなので、今日は時計回りのコースで走ることにする。(今日は立春!) 二本木まで白川沿いの道を走って坪井川沿いの道…

続きを読むread more

ぐるり二の岳、三の岳

今日も金峰山へ。 吉次峠を越えて、三の岳の北側を廻り、赤に田集落、小天の集落を抜けてナルシストの丘に立ち寄るが、残念ながら霞んでいて普賢岳は肉眼で頂上付近がやっと見える程度。 そこから県道1号線を上っていると、ブッチャーKさんに遭遇! 阿蘇は寒くて走れないので、「金峰緑の駅みちくさ館」まで車載で金峰山を走っているとのこ…

続きを読むread more

今日も飽きずに金峰山

午前中はいつものコースで金峰山をロードバイクで走った。 県道101号線で太郎迫から坂を上り、二の岳・三の岳や、少し曇のかかる普賢岳を眺めながら峠の茶屋の鳥越峠から上熊本方面へ下る途中、本妙寺に立ち寄った。 長い参道の、「胸突雁木(むなつきがんぎ)」と呼ばれる176段の急勾配の石段の始まるところにある建物がこの寺の大本堂である…

続きを読むread more