熊本市中心街の駐輪場(令和元年版)

先日、市街地で会議があったのでいつものように愛車のクロモリロードバイクを下通りのCOCOSA裏の駐輪場に置いて、1時間半ほどの後、出口の改札機に駐輪チケットを入れると、無料だと思っていた料金が「100円」と表示されてビックリ。看板をよく見ると、いつの間にやら料金体系が変わっていた。 そう言えば、熊本市中心街の駐輪場については随分前…

続きを読むread more

「計量強調月間」だそうで・・・

わたくしめの仕事の一部の業界(産業保健)では、11月は「過労死等予防啓発月間」となっている。 これは平成26年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」によるもので、県内でもこの時期に講演やシンポジウムなどが開催される。 一方、先日、地元のケーブルテレビ局の番組を見ていたら、11月は「計量強調月間」なんだそうな。 な…

続きを読むread more

ちらっと立田山散策

午前中、少し時間があったので、清水万国町の方から立田山へ。 「立田山憩の森」に入り、「お祭り広場」や「サクラ池」を過ぎて、さらに坂を上がり、「龍田霊園」と「立田山墓地」を抜けて「春の森」を過ぎると、「五高の森」に入る。(探鳥を愉しむ一団) そこの道端に建つ「堀内伝右衛門屋敷跡」が目に入る。 堀内伝右衛門は細川綱利の家臣…

続きを読むread more

わさんたらんかライドのはずが・・・

連休を利用して鹿児島から奥さんのご実家にお越しのヘイホーさんとサイクリングに出かける。(アメリカ楓の実が落ちる季節になった) 午前9時前にセブンイレブン飛田3丁目店で待ち合わせ、坪井川沿いを北上。小野の泉水公園を経由して小野川、合志川沿いに走り、植木温泉から「ゆうかファミリーロード」を走る。 宮原からは国道3号線の西側を走る…

続きを読むread more

自転車通勤しない日は・・・

折角の休日なんだけど、いつものごとく職場で一仕事して、2時間ほどサイクリングできそうなので、金峰山の三の岳方面へ。 このところ県道101号線を上がるのが多いので、今日は太郎迫を直進して、集落を抜けると勾配が急になってくる。 里山の秋を感じながら出羽集落の梨畑やミカン畑を抜けて三の岳の中腹にある大多尾集落に上がる。 県道…

続きを読むread more

さよなら「平成」、さよなら「昭和」

「令和」が始まってもう半年くらい経つけれど、先日、「即位礼正殿の儀」が厳かに行われる様を眺めていて、家内と「『令和』が、わたしらには最後の元号になるかもしれんねえ・・・」というような話をしていたら、「平成」や「昭和」が、今更ながら急に名残惜しくなってきた。 そこで今日は用事を挟んで熊本市、およびその周辺の「平成」や「昭和」を廻るこ…

続きを読むread more

宝永隧道ポタ

江戸時代に造られた用水路「築地(ついじ)井手」などからなる熊本県菊池市の「菊池のかんがい用水群」が先月、「国際かんがい排水委員会(本部・インド)」が認定する「世界かんがい施設遺産」に登録された。 「世界かんがい施設遺産」は、灌漑(かんがい)施設の歴史の理解や保全を図る目的で、建設から100年以上経過し、農業などの発展に貢献した施設…

続きを読むread more

「木村の後に木村なし」

朝、クロモリロードバイクで職場にでかけ、ひと仕事済ませ、昼過ぎから用事があるので川尻までポタリング。 市街地を抜けて白川沿いの道を走る。(十禅寺付近の白川堤防:大雨の際はよろしくお願いします) そして新幹線沿いの道を南下する。 秋季大祭で賑わっている河尻神社を過ぎて町の目抜き通りへ。 川尻町は鎌倉時代から加勢川河口の…

続きを読むread more

強風の中を俵山峠

もうひと月ほど前に、熊本地震で損壊した大切畑大橋、大切畑ダム橋の補修工事がやっと終了し、西原村から南阿蘇村への「俵山ルート」が全線回復したとのことで俵山へ。 予想外の強い向かい風の中、国体道路を走り、熊本県総合運動公園に立ち寄ってワールドカップの雰囲気を少しだけ味わう。 「菊池のまんま」の先で左折し、県道145線に入り東へ。…

続きを読むread more

チャリでサクラマチ

先月開業した「サクラマチ クマモト」に自転車で行ってきた。 駐輪場は裏の方のバス出入口の、少し先にある。 入口は市街地にある「くまもとまちなか駐輪場」と同じシステムで、ボタンを押してチケットを取るとケージが開いて入場。 1階は主に原付バイク用で、その他にも自転車用が数十台分ほど。ただし、これらは高齢者および身障者用で、…

続きを読むread more

八代・小川グルメライド

最近は単独走か、ヘイホーさんとふたりで走る事ばっかりだったけど、誘われて一年半ぶりに集団走。 メンバーは、職場の同僚のピナ朋と、そのラン仲間のTさんご夫妻、Kさんの総勢5人で八代へ。 当初は八代内港の「刀削麺丸新」へ行く予定だったのが、現在、日曜は営業してないとのことで、その兄弟店である、「そば工房丸新」へ行くことになったら…

続きを読むread more

チラっと御船町

明日の空模様が怪しいので、土曜日の午前中の仕事を終えて一旦帰宅し、午後1時半頃から御船へポタリング。 京塚、健軍を経由して浮嶋神社で定点撮影。丘を越えて田舎道を走り、自宅から15㎞たらずで御船に到着。 街中の通りにはどこかしこに恐竜のフィギアがあり、「恐竜の郷」の風情が満ち満ちている。 今を遡る40年前の1979年8月…

続きを読むread more

「解脱墓」・・・三角西港余話

朝6時頃にクロモリロードバイクで出発し、久しぶりに宇土イチに出かける。 いつもと反対廻りすることにして白川沿いの遊歩道を走り、九州新幹線の高架橋沿いの道を南下。 川尻、走潟を経由して住吉から国道57号線に入る。 路側帯の白線の突起に難渋しながら網田、太田尾、赤瀬を過ぎて三角西港へ。 山の手側には旧宇土郡役所庁舎や…

続きを読むread more

熊本市の切支丹

熊本県内の切支丹史跡は天草地方に集中しているが、その他の地域にも散見される。 これまでに菊池、山鹿、宇土、八代、に残る史跡を廻ったが、今日は熊本市内に残るものを観に花岡山周辺を廻る。 折角だから早起きして午前5時半頃クロモリロードバイクで出発し、午前6時頃には花岡山の頂上へ。 北からの強い風に流される阿蘇の噴煙の、彼方…

続きを読むread more

秋なのにジェラートですか♪

通勤路の北バイパス沿線では、春から夏にかけて勢力を広げたマツヨイグサやクズやセイヨウアサガオなどがまだ頑張っている一方、和風なヤマハギ、気の毒な名前のヘクソカズラ、定番のヒガンバナ、甘い匂いのクサギ、印象的なゴンズイ、控え目なヨメナ、見逃しそうなママコノシリヌグイ、旺盛なツユクサ、際立つマルバルコウソウ、清楚なツルボなど、秋の花がどんど…

続きを読むread more

林桜園の足跡辿って・・・

ネットの検索で色々なことが判る時代になったけど、実際に脚を運んでみて初めて分かることも多い。 先日のサイクリングで玉名市の八嘉(はっか)小学校の前を通りかかった時に、地区の史跡の案内板が眼に入った。 その中に「林桜園」の名前を見つけた。 林桜園(おうえん)は鷹のような鋭い眼をした大男で、その下唇は顎を覆うほど垂れた特徴…

続きを読むread more

第二の人生の過ごし方

数日前の予報に比べると降水確率は低くなったものの、予想最高気温が34℃なので、暑さを避けて午前6時頃クロモリロードバイクで出発。 出水ふれあい通りから画図の田舎道を走って、中の瀬橋とめど町橋を渡る。 城南の旧道に入って、早速、丸ポストをゲット。 最近いつも行っている丸ポストの収集は、思い起こせば、サイクリングの途中でた…

続きを読むread more

桃田運動公園でアート鑑賞

9月に入ったとは言え真夏日の予報なので早起きして、午前5時半過ぎにクロモリロードバイクで出発。 明午橋を渡って県道1号線に入り本妙寺の坂を上がって、鳥越峠を越え、ナルシストの丘へ。直下の住宅の建設工事も終わりそうで、気になっていた眺望も「ギリギリ、セーフ」と言うところか? その後も有明海方面の眺めを愉しみつつ、実山のループか…

続きを読むread more

道路元標まとめ

グーグルマップを眺めていて見つけた白川公園の「熊本市道路元標」。 1919年(大正8年)の旧道路法制定後に、道路の起終点として全国の市町村名に設置されたもので、熊本県では当時、約360基の道路元標が主に役場の前に設置された。その後、1952年(昭和27年)の改正道路法によりその役目を終わり、県内の多くの道路元標が取り除かれたも…

続きを読むread more

奥阿蘇の史跡巡り

熊本に残っている「道路元標」めぐりも、旧阿蘇郡に残るふたつになった。ひとつは宮地で、もうひとつが高森の野尻村なので、カーボンロードバイクを車に積んで、午前4時半頃出発。 二重の峠を越えて、阿蘇市一の宮町の某所に駐車して準備を整え、阿蘇神社門前の水基巡りの参道でボトルに湧水を入れて、午前6時頃にサイクリングを開始。 参道から南…

続きを読むread more