南区の干拓地めぐり

昨日と一昨日の黄砂飛来の影響がまだ残る朝、クロモリロードバイクで出かける。 流通団地の平成大通りの中央を流れる天明新川を辿って南高江、川尻、さらに天明の干拓地へと進むと行き着く海路口(うじぐち)町が本日の目的地。 熊本市の南西部、白川と緑川の河口部に挟まれる地域は鎌倉時代から干拓が行われてきた。その干拓地の中でも南部の海路口…

続きを読むread more

初めてのチュウ!

花冷えの朝、クロモリロードバイクで白川沿いの道を走り、いつものように太郎迫から金峰山に上って、(梨の花)一の岳の西側の山麓にある平山の集落へ。 今日の目的は、ブッチャーKさん情報の史跡探し。集落の南側の入口に「神風連腹切場」の石碑を発見! 神風連関係の史跡でまだ訪問してなかったものだった。 目的を果たして、満たされた気…

続きを読むread more

野焼きの後の俵山

先日の日曜日、家内と連れ立ってアスペクタの中にある「南阿蘇桜公園」に行った時、俵山周辺で「野焼き」が行われていて、昼過ぎになるとアスペクタの敷地内でも作業が始まった。 5mほど離れていても焼けるような熱さを感じる炎に、あらためて人と自然の営みを肌で感じてきた。 そんなこともあり、今朝は野焼きの後の荒涼とした景色をあらためて堪…

続きを読むread more

体験!「新阿蘇大橋」

熊本大地震からやがて5年になろうとする3月7日に、被害の大きかった南阿蘇村の復興のランドマークとなる「新阿蘇大橋」が開通したので体験しに行く。 午前中の仕事を終え、昼食を摂ってクロモリロードバイクで出発し、いつもの様に通称「供合線」の県道145号線をひたすら東へ走り、瀬田から立野に上がる。 国道57号線に突き当たる前に右折し…

続きを読むread more

石に刻まれた「教訓」

明日で東北大震災から10年。 沿岸部では巨大津波によって数多くの方が亡くなったが、熊本でも200年ほど前に約5000人の犠牲者がでるほどの大津波があったので、その被害地のひとつ、河内町に行くことにする。 朝7時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、ゆうかファミリーロードを走って、太郎迫から県道101号線を上がるいつものコース。…

続きを読むread more

区切りの「ウトイチ」

今日はひな祭り。 ・・・ということは、明日はわたしめの誕生日で、しかも、なんと言うことか、65歳になってしまうのだ。 名実ともに「高齢者」の仲間入りをする前の日に「カルイチ(カルデラ一周)」をしておこうと思っていたけど、生憎今日の阿蘇は寒そうなので、「ウトイチ(宇土半島一周)」に変更した。 (加勢川沿い) (釈迦…

続きを読むread more