チラっと田口橋まで

朝から予定外の事態になってしまい、昼飯食ってから金峰山にでも上ろうかと出かけたが、気が変わって「出水ふれあい通り」へ。

そのまま南に進んで中の瀬橋で加勢川、めど町橋で緑川を渡り、
DSC07021.jpg
左折して甲佐まで行こうかと思ったけれど、
DSC07022.jpg
いまいち気が乗らず、田口橋を渡って帰った。
DSC07023.jpg


朝、サイクリングにでかけようとしたけど寒かったので、気温が上がるまでテレビを観ていたら、「あさイチ」が始まった。
あさイチ.JPG
(近江アナのエクボが見られるのもあとひと月)


今朝の特集のひとつが「大人の発達障害」。
発達障害?.JPG


「子どもの病気というイメージの強い発達障害だけど、意外と大人に多く、気づいてない場合も多い」というところから始まって、ある主婦が、夫が発達障害であったことが判明し、それまで夫婦間のコミュニケーションのとりづらさから発した諸々の精神的負担の原因がすべてその夫の発達障害であったというエピソードが紹介された。
解決法.JPG


その夫の行動パターンのいくつかがわたしと似通った部分があり、そう言えば、わたしめも子どもの頃は落ち着きがなかったこともあり、わたしら夫婦のコミュニケーション不全の原因がわたしの気づかぬ発達障害にまちがいない・・・という光線が家内の頭から発されるようになってきた。
ある夫婦.JPG


わたくし自身にも思い当たるフシもあるので、番組終了後、自分の人生を事細かく振り返ったり、ネットのあちこちにある「発達障害セルフチェックシート」などをしているうちに昼になってしまった。
チェックリスト.JPG


簡易検査の結果、どうにか大人の発達障害の可能性は低そうなものの、逆に認知症の可能性も出てきた。
認知症と発達障害.JPG


とにかく、発達障害に関しては、これまでの白黒をはっきりさせた「カテゴリー診断」から「ディメンジョン診断」の考え方が導入されてきて、
カテゴリーとディメンジョン.JPG
「自閉(症)スペクトラム」という名が使われ出している。
発達障害の分類.JPG

ちなみに、「スペクトラム」とはプリズム分光された光の帯のこと。
スペクトラム.JPG


そうなると、これまで「正常」と分類されてきた人の中にも、
グレーゾーン.JPG
軽いグレイゾーンの人が含まれていることもすくなからずあるなあと思いながら少し重いペダルを漕いでいた。
DSC07024.jpg


本日の走行距離:30.8km

田口橋まで走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

みきたか
2021年02月25日 05:16
大人の発達障害ですか。
それぞれの性格と思える人が大人の発達障害ということも有り得るんですね。
おっと、自分が一番怪しかったり^^;
正常と異常の判断も自分を基準にしてしまいます。
自転車乗りの殆どの人が異常と思えてしまうけど、当人にとってはきっと普通なんでしょうね(笑)
のぶ
2021年02月25日 08:09
みきたかさん、こんにちは。
「個性」と「障害」の関係は微妙な関係ですね。言い方を変えると発達段階で障害のある箇所がまったくない人はほとんどいないのではないでしょうか?さらに言い方を変えると、「みんな発達障害」かな?そう思うと少し気が楽になります。NHKはこの数年、この問題をよく取り上げていて、「普通ってなあに?」というキャンペーンをやってました。身に染みる問題です、はい。
1008
2021年02月25日 22:53
う~ん、自分の性格ってもしかすると発達障害も絡んでいるのかも。
と思ったりしましたが、診断してみると、そうではなかったようです。
まあ、周りを見ていると、自分は普通だな~と思う事もあったりしますが。
ただ、認知症はかなり昔からあるようで(笑
のぶ
2021年02月26日 20:49
1008さん、こんにちは。
多くの人が何かしら発達障害の様なところがありますよね。わたしも色々該当箇所がありますので、いくつかのセルフチェックをしてみましたが、なんとか「疑い」の一歩手前のところらしいです。
1008さんは・・・・単なる「勘なし」だと思いますよ(笑)。