時計回りの金峰山

このところ職場ではスタッフの出入りがあったので、これを機に勤務表を見直すことになり、その結果、これまで20年間余り、わたしは木曜日が休みだったのに2月からは休みが水曜日になった。

金峰山周辺を走る時は大抵、反時計回りなので、今日は時計回りのコースで走ることにする。
DSC06868.jpg
(今日は立春!)


二本木まで白川沿いの道を走って坪井川沿いの道に出て、
DSC06856.jpg
松尾東から上りに入り、
DSC06858.jpg
パイロットロードに出てさらに上り、
DSC06859.jpg
平山の峠を越えて岩戸の里を経由し、
DSC06862.jpg
県道101号線を右折。

県道1号線に入ってさらに坂を上り、峠の茶屋の交差点を左折してもう少し上り東門寺方面へ右折。
DSC06865.jpg
さらに小萩山方面へ右折し、
DSC06866.jpg
坂を下って小萩園を経由して帰った。

さて、いつもは何となく「反時計回り」となっている金峰山への練習コースだが、ちなみに陸上競技場のトラック種目はどれも反時計回りで走るようになっている。
4x100m.JPG


近代オリンピックにおけるトラック種目の歴史を紐解くと、第1回アテネ大会(1896年)から
1906_Athens_stadium.jpg
第3回セントルイス大会(1904年)までは「時計回り」,第4回ロンドン大会(1908年)以降は一部の競技を除き「反時計回り」で実施されてきた。

この間、1912年に国際陸上競技連盟が創立され,翌年の会議での競技規則の制定され、トラックの周回について“left-hand inside”=「左手が内側となるように走る」,すなわち「反時計回り」を示す規則が明記された。

しかしながら,この決定理由を示す実証的な史料はなく,研究者の間では様々な説が挙げられている。

右利きの人は軸足は左である人が多いため,左足で重心を支え右足で進行方向を調整できる反時計回りの方が走りやすい。
コーナー.JPG



例えば、フィギアスケーターも多くの場合、軸足が左で、そのためジャンプの際の回転は反時計回りになるのだという。
羽生結弦.jpg


その他の説としては欧米の文字文化との関係。欧米では基本的に左から右に文章を綴る。したがって,読み手の視線も左から右に動くことになる。欧米の人々はこの視線の動きに慣れており,観客の目の前で走者が左から右に駆け抜けていくように設定したという説もある。
観客席.JPG
 

そう言えば、同じトラックの自転車競技でも、
ベロドーム.jpg
野球のダイアモンドも反時計回り。
野球のダイアモンド.jpg


ちなみに、人間以外の競技では、競馬がある。

JRA日本中央競馬会の競馬場は日本に10カ所あって、その内7カ所が時計回り(右回り)で陸上トラックと同じ反時計回り(左回り)は3カ所だそうで、右回りが得意な馬とか苦手な馬、とかがいるらしい。牛にも右利きとか左利きとかあるんだろうね。
競馬.JPG


本日の走行距離:40.6㎞

金峰山走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヘイスティングス
2021年02月03日 21:20
こんばんは。暦の上では春になりましたね。山間部を走る時は、まだ寒さ厳しいと思いますが、心なしか、空の青さに明るさが増したような…。 一枚目の画像は梅でしょうか。近所の庭先でも、白梅や蝋梅を見るようになりました。「梅は咲いたか、桜はまだかいな」なんて呟いてみたり。たぶん今年も花見はできないだろうけど、少しでも事態が好転するといいですよね。
アンカー星人
2021年02月03日 22:24
こんばんは!
私もかなり前に、トラック競技の利き足、軸足について学んだ事があるのを思いだしました。他に、利き手や、心臓の位置も関係しているというのを聞いた記憶があります。
それにしても、いつもながら、目の付けどころや、リサーチ力には感服いたします。
のぶ
2021年02月03日 23:14
ヘイスティングさん、こんばんは。
最初の写真は紅梅です。青空をバックに咲き誇っていて、思わずシャッターを押しました。九州も一時に比べると新規感染者の数が減少してきましたが、まだまだ安心はできませんね。
ワクチンが副作用なく効いてくれて、その上に治療薬が早く開発されるといいですね。
のぶ
2021年02月03日 23:21
アンカー星人さん、こんばんは。
おおっ!アンカー星人さんの専門領域の話ですね。わたしは筑波大学の体育の助教の先生が書いていたものを中心にご紹介しましたが、その中の心臓の位置は個人的にはちょっと説明に無理がある気がしてご紹介を遠慮しました。
軸足説の説明には目からうろこが落ちる感じでした。
みきたか
2021年02月04日 07:21
私は心臓左派でそう思い込んでいました。
サイクリングコースは余り気にした事は無いですが、
金峰山ですと、殆ど反時計回りです。
のぶ
2021年02月04日 23:11
みきたかさん、こんばんは。
確かに心臓はやや左側に重くなっていますが、その下の肝臓は逆に右側が重くなっていてバランスをとっているので心臓左側説は、少し無理があるかと・・・。
わたしもサイクリングの時のコース設定は、アクセスに走り慣れた道や、走り易そうな道を選ぶことが多いので、結果、時計回りになったり逆になったりですね。
1008
2021年02月05日 21:58
時計回りと反時計回りですか。
今までのコースを思い返すと、どちらも有りでしたね。
傾向としては、前半に登りで後半がフラット気味が多いような。
ただ、目をつぶって歩くと左に進む傾向があるのは右利きの癖ですね。
バランス感覚が悪いのかと思っていました。
のぶ
2021年02月07日 08:02
1008さんこんにちは。
どうも、自動車で市内を廻る時は、右折を敬遠する結果、反時計回りのコースを選択することもありますが、サイクリングの場合は、走り易さとか、前半と後半の疲労度に合わせたコース設定になりますね。
あーそう言えば、わたしも目をつぶってあるくと左側へ行きますね。なるほど。