扇形分水の水音

新型コロナウイルス感染流行当初から行きつけのインド食堂のテイクアウトを頻回に利用しているが、マスターの奥さんがパックの蓋にに時々絵を描いてくれて、味気のないフードパックに花を添えてくれる。
DSC04671.jpg
(絵の部分を切り取って残してある)
DSC04672.jpg


そしたら、つい先日の蓋には「津袋の扇形分水」についての質問が・・・。
DSC04673.jpg


その扇形分水は何度か行っているが、あまり詳しくないのでネットで勉強して実地研修に出かけた。

坪井川沿いの道を北上し、小野川沿いの道を走り、合志川沿い、
DSC04629.jpg
迫間川沿い、内田川沿いと進み、「水辺プラザかもと」を経由して
DSC04631.jpg
上内田川沿いを北上し、目指す「扇形分水」に到着。
DSC04638.jpg
(いつの間にやら案内板が立っていた)

DSC04640.jpg


この分水は津袋橋の
DSC04636.jpg
少し下手にある津袋堰から
DSC04634.jpg
取水した水を決まった比率で二手に分けているのだが、
DSC04645.jpg
その一方の先はやや複雑な構造になっているものの、結局のところ上内田川に戻しているような水路となっている。
DSC04644.jpg


そしてここから御宇田(みうた)方面および来民(くたみ)方面に水を送る「御宇田井手」が始まる。
DSC04649.jpg


この「御宇田井手」は、開発のための水利事業としては、熊本県下最古のものといわれている用水路である。

今から1000年以上遡る延長3年(925年)、伊勢の国より下向して御宇田の地に居を構えた藤原光重は、在名の「御宇田」を名乗り、この地方の開発に尽くしたという。

津袋の扇形分水から現在ではコンクリートの水路となっている「御宇田井手」を末梢の方に辿って行った。
DSC04650.jpg


次の高橋の集落では
DSC04655.jpg
井手は二手に別れ、
DSC04657.jpg
その一方を辿って
DSC04658.jpg
その先にある御宇田の集落を訪ねた。
DSC04664.jpg


現状では城館の遺構は確認できないものの、当初は集落に平城があり、
DSC04666.jpg
(この辺りか?)
後に蒲生台地の端の山城があったと言う。
DSC04663.jpg
(この付近と思われる)


この地の開発に尽力した光重の遺徳に感謝して、集落では現在でも「殿様まつり」が開催されており、集落の方々の意識の高さが伺える。
DSC04665.jpg
DSC04668.jpg
(集落のあちこちで田植えの準備が始まっていた)


ところで、津袋の扇形分水だけど、水音を聴きながら佇んでいると、何だかすごく癒される。


川のせせらぎもそうだけど、さざ波の打ち寄せる音なども心が洗われる感じがする。

これはひょっとして、何億年か前の我々の祖先が海や川の生活から陸上へと進化する際に、水際で過ごした時の記憶がDNAの中に刻み込まれているからかもしれない・・・などと考えながら「ゆうかファミリーロード」に入って、分田橋を経由して合志川沿いの道に入り、後は早朝に来た道を帰った。
DSC04669.jpg
(分田橋から眺める、菊池川と合志川の合流地点)


本日の走行距離:68.3㎞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

1008
2020年06月05日 07:57
扇形分水、気がつかずに通り過ぎる事が時々あったので、案内板の設置は嬉しいですね。
この辺りの井手でも、井手ベンチャーが出来そうな気がします(^^)
2020年06月05日 19:05
こういった場所にはゴミが集まって引っかかっているのが普通ですが・・・全く見当たらないというのは・・・私の目が悪いのでしょうか?
それともみなさんが水をとても大切にされている??
のぶ
2020年06月05日 21:25
1008さん、こんばんは。
御宇田井手はコンクリート水路になっており、カヌーで行けそうな感じのところが多かったのですが、一部狭いところもあり、しかもその先は狭くなる一方なので、「井手ベンチャー」にしては最後が格好悪いかもしれません(笑)。
のぶ
2020年06月05日 21:29
宮星さん、こんばんは。
指摘されて気づきましたが、確かにゴミがまったくありませんでした。
田圃に使う水が流れているので、集落の方々の汚さない意識が高いのでしょうね。美味しい米ができるのは、その辺りも要因のひとつかもしれませんね。
2020年06月05日 23:01
とてもオモシロイ記事ありがとうございます。
この分水工はぜひ行ってみたいです。
のぶ
2020年06月06日 05:39
かくびんたさん、おはようございます。
県内、どこもそうですが、特に菊池川水系は豊富な河川の水量を利用して稲作が盛んですね。水が上から下に流れると言う性質を上手に利用して土地の隅々にまで水を行き渡せる技術には驚かされます。そんな井手にどんな水中生物が住んでいるか?それはかくびんたさんの専門領域ですね(笑)。
ヘイスティングス
2020年06月06日 15:33
のぶさん、こんにちは‼️
ヘイスティングス
2020年06月06日 15:42
テイクアウト蓋のイラストにほっこりされつつ…

扇形分水、初めて見ました!表面張力により丸みを帯びた縁と、勢いから生じる飛沫の縁取りがとても印象的です。
ここや通潤橋のような、古くからの水との関わりを示す場所が熊本には多い気がします。
「来民」という地名も、読みも字面も、なんかいいな~。

井手ベンチャー。お笑い芸人のロバートが、福岡ローカルの自分たちの冠番組で体験していましたよ。相当スリリングなアクティビティだけど、面白そうでした。