「習合」したり「分離」したり(後篇)

150年前の5月4日、明治政府は神仏習合を禁じる「神仏分離令」を布告した。神道の保護と国教化を進め、天皇の権威を絶対的なものとする狙いがあった。

これに伴い、仏教を迫害する「廃仏毀釈(きしゃく)運動」が過熱した。
五百羅漢.jpg
(首のない五百羅漢像の数々)

DSC02422.jpg
(首なしの原因は廃仏毀釈?)


全国で寺院や仏像が壊され、一方で仏像をはじめ、仏具や仏画などの文化財が海外に流出するなどして失われた。

例えば、先月の「ブラタモリ」でも奈良の法隆寺のことをやっていたが、
ブラタモリ.JPG
廃仏毀釈の影響で寺の維持が困難となり、聖徳太子画像をはじめとする300件余の宝物を当時の皇室に献納し、金一万円を下賜された、等々。
聖徳太子像.JPG


県内での例をいくつか紹介すると、まずは立田山の麓の「泰勝寺跡」。
泰勝寺跡.jpg
江戸時代を通じて細川家の菩提寺であったが、神仏分離令により廃寺となり、細川家の別邸に改められた。その後、平成7年には同じく細川家菩提寺であった妙解寺(みょうげじ)跡(熊本市西区・北岡自然公園内)と共に「熊本藩主細川家墓所」の名称で国から史跡に指定された。
細川家墓碑群.jpg



次は阿蘇・坊中の西巌殿寺。
西巌殿寺の門.jpg
阿蘇の山岳信仰は最盛期、西巌殿寺を本堂として、僧侶の坊舎が三十七、それに付属する山伏の庵が五十一を数えた。神仏分離令により、西巌殿寺の廃寺が決まったが、関係者の努力により、坊舎の中の學頭坊が「西巌殿寺」の名を継ぐ形で法灯が継承された。
學頭坊跡.jpg


最後は馴染みの深い本妙寺。
DSC04469.jpg


加藤清正の菩提を弔うための本堂と、
DSC04493.jpg
そこから「胸突雁木(むなつきがんぎ)」と呼ばれる急峻な石段を登ったその先に、
DSC04492.jpg
神となった清正を祀る「浄池廟(びょうちろう)」からなる。
DSC02368.jpg


神仏分離令により、本妙寺は仏事のみを行い、神事に関しては加藤神社(当初は「錦山神社」という名称)を別に造り、そちらで行う事になった。
加藤神社.jpg


本家の本妙寺は、その後の廃仏毀釈運動により、一部に損壊を受け、続いて多くのハンセン病患者の参拝に集まり、その一部は参道とその周辺に住み着く時期が続いたが、大戦が始まると朝鮮半島で奮闘した清正公にあやかって武運長久を祈る兵隊達が大勢参拝しに来る時期もあった。

大戦後は頓写会に加えて桜燈籠などのイベントに多くの市民が集まるようになり、
DSC04463.jpg
現在では寺院でありながら、石段には清正公に縁のある虎の狛犬とか、
DSC04495.jpg
DSC04496.jpg
浄池廟の前には立派な狛犬が寄進されるなどして、
DSC04466.jpg
DSC04467.jpg
神社の雰囲気も醸し出している。
DSC04470.jpg



古来、我々の周辺には名前や姿などははっきりしない神様がいらっしゃって、自然災害や病気など人の力の及ばないことについてはそれらの神様に祈りながら生きて来た。

やがて、中央集権国家が作られる頃になると、支配者側の神様であると思われる天津神と支配される側の国津神と言う分類がされるようになり、その後、インド伝来の仏教とか中国伝来の道教とか陰陽五行説に基づき日本で独自に発達した陰陽道などの影響を受けてきた。

そして明治時代になると再び支配者による国家神道というものが生まれ、第二次世界大戦を経て国家神道は廃棄され、現在に至る。

「外出自粛」で自転車に乗る時間も減ったので、これまでサイクリングの合間に撮った画像を振り返りながら、「猿田彦と庚申信仰」、「『習合』したり『分離』したり」の2回のシリーズに分けて自分なりに(といっても、ほとんどコピペだけど)まとめてみた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2020年05月05日 19:10
いやぁ~!勉強家でいらっしゃるんですね!
お陰様で私は労せずして学ばせて頂きました!!
ず~っと以前にどこかのおじいさんが『世界は一家、人類は皆兄弟』なんて言っていましたが、世界の人類のDNAを調べたら、現存人類の祖先はすべて中央アフリカ東部から出た”人”だとか!?
あながち嘘を言っていたわけではなさそうですね?
ちなみに、この分野については私は細かいところはあまり気にしないタイプで、各種世界の神様も、仏様も、日本古来の八百万の神様も、すべてみな兄弟と思っていて、どこの寺社に行ってもお参りしてしまう習性があります。\(^o^)/
のぶ
2020年05月06日 09:37
宮星さん、こんにちは。
サイクリング中に疑問に思った事は、ハッキリとさせておきたいタチだもんでして・・・。でも、最近は何に疑問に思ったか忘れることも多くなってきて・・・。
私も宗教に関しては平均的な日本人です。色んな神様がいて、祖先の霊がまわりにいる感じはしています。
ヘイホー
2020年05月06日 11:31
世の中には色んな神様がいらっしゃるんですね〜!
前編・後編をなるほど!と思いながら拝読しておりました。
コロナが終息したら、ホギホギ神社に行って、更に色々な神様に礼拝しましょう(笑)
早く熊本に行きたいです(泣)
のぶ
2020年05月06日 17:05
ヘイホーさん、こんにちは。
外出自粛が続いて、お互い、辛いところですね。
自転車を漕ぎながら色々な神様を見てきましたが、ヘイホーさんの地元の「田の神さあ」は最も印象に残る神様ですね。バリエーションが豊富で感心します。
また、熊本にお越しの際は声をかけてください!