動物の名の付く路傍の花

ロードバイクにまたがってのんびり走っていると、四季折々の草花が眼に入るが、その名前をほとんど知らなかった。
DSC02272.jpg
(本日、初めて見かけた白いオドリコソウの花)


そこで、ネットで調べているうちに、動物に由来する名前が付いた花がいくつかあることに気づき、それらの画像がある程度集まったのでこの場を借りてご紹介。

イヌタデ
イヌタデ.jpg
この場合の「イヌ」は「役立たず」の形容で、「役に立たないタデ」という意味。


オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ.jpg
「フグリ」は「陰嚢(いんのう)」の意味。 実の形が、犬の陰嚢(キンタマ袋)に似ているので、名づけられた。


エノコログサ
エノコログサ.jpg
花穂が、犬の尾に似ていることから、「犬っころ草(いぬっころくさ)」が転じて「エノコログサ」という呼称になったとされる。別名、「猫じゃらし」。


ブタナ
ブタナ.jpg
名前の由来は、フランスで「豚のサラダ」を意味する「Salade de pore」を、日本語に訳したところからきている。


キツネノカミソリ
キツネノカミソリ.jpg
細長い葉が剃刀にように見えたことから由来する。そして「狐」がついている由来は色合いに狐を感じるなど諸説があるらしい。


ウマノアシガタ
ウマノアシガタ.jpg
蝋を塗ったような光沢のある花弁が特徴的。葉の形が馬の足形に似ていることから付いた名といわれるが、名前になるほど似ているものではない。


ウマゴヤシ
ウマゴヤシ.jpg
正式名称は「シロツメグサ」であるが、一部地域では馬の飼料として植えられ「ウマゴヤシ」と呼ばれる。


コマツナギ
コマツナギ.jpg
馬をつなげるほど茎が丈夫という意から由来。


イタチハギ
イタチハギ.jpg
この花がイタチの尻尾に似ているから命名された。


カラスノエンドウ
カラスノエンドウ.jpg
果実が熟すと真っ黒になるところから「烏野豌豆」の名が付けられた。


カラスウリ
カラスウリ.jpg
カラスウリ2.jpg
カラスが好んで食べるからだとして「鳥瓜(からすうり)」と書くが、カラスの好物ではないとのこと。逆に、晩秋に朱色の果実が長く残る様から、「カラスが食べ残したのだろう」と、この名前がついたとも言われている。


スズメノカタビラ
スズメノカタビラ.jpg
穂先に着物の合わせ目に見える部分があり、これを 帷子(かたびら)に見立たてた。早い話が、「雀のチャンチャンコ」。


ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ.jpg
花の姿形が水鳥のサギ(鷺)の姿に似ているから。コケ(苔)と名が付いてはいるが、コケ(苔)の仲間ではなく、地面を這うように横に枝を出すのがコケ(苔)のようであるので名前がついている。


最後はマムシグサ
マムシグサ.jpg
茎の斑点が、まだら模様になっていて、蝮の模様を連想させるところから呼ばれるようになった。蛇が鎌首をもたげているようにも見える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年04月09日 16:50

こんにちわ。

エノコログサとカラスノエンドウを除いては
見かけてはいても その名前は
知らないものばかりでしたので、とても勉強になりました。

コロナウイルスによる自粛に在って
身近な自然が
いっそう愛しく感じられるようになりました。

お写真に癒されました。ありがとうございました。
アンカー星人
2020年04月09日 21:47
こんばんは!
「帷子(かたびら)」という単語、どこかで聞いたような? と思ったら、竹田の子守唄の歌詞に含まれていました。それで、改めて調べてみると、なんとも悲しい歌でした。(涙)
それはそうと、かなり勉強になりました。
「オオイヌノフグリ」は、ちょっと笑えました。(笑)
のぶ
2020年04月09日 22:34
小枝さん、こんばんは。
桜をはじめ、春の花たちが、新型コロナ騒動を「我、関せず」とでも言うように競って咲き誇っています。わたしもその姿に癒されています。今回の世界的大流行も、コロナウイルス自体の問題というよりは現代人の所業の結果とも言えますね。それに比べると自然は偉大です、はい。
のぶ
2020年04月09日 22:41
アンカー星人さん、こんばんは。
竹田の子守歌・・・懐かしいです!高校の文化祭で歌いました!「かたびらは無し、おびは無し」ですね。
植物の名前が人間が勝手につけたものですが、それなりの由来があって付いた名前なので、それを知ると、その植物とお友達になったような気がします。
イヌノフグリはわたしも笑いました。
ヘイスティングス
2020年04月10日 00:46
のぶさん、こんばんは。

こうやって見ると、よく見かけるけど名前を知らない花がたくさんありますね。イヌタデやブタナやコマツナギはその筆頭。一方で、シロツメクサの別名に笑ったり。ウマゴヤシって…。
個人的に好きな野花はツユクサです。昔から、あの青い花についつい目が行ってしまいます。
1008
2020年04月10日 07:06
自転車の速度(自分のユッタリ)だと傍らに咲いている花がよく目に入り、楽しませてくれますね。
花の名前、笑ってしまいました。
最初に名前を付けた人、本気だったのか、ウケ狙いだったのかは気になりますが(笑
のぶ
2020年04月10日 17:39
ヘイスティングスさん、こんにちは。
おっ!ツユクサがお好きなんですね。花の時期はまだですが、すでにあちこちで繁茂が始まっています。緑色の葉っぱに爽やかな青い花が清楚な雰囲気を醸し出しますね。わたしも思わず脚を止めてしまうことがよくありますよ。
のぶ
2020年04月10日 17:44
1008さん、こんにちは。
1008さんの場合は単独走の場合もよく花の写真を撮っておられますね。特に奥さんと走られる場合は巡航速度もやや遅くなるでしょうから、路傍の花を愉しめるかと存じます。でも失礼ながら、1008さんは「花より団子」、あるは「花より酷道」という印象です、はい。