林桜園の足跡辿って・・・

ネットの検索で色々なことが判る時代になったけど、実際に脚を運んでみて初めて分かることも多い。

先日のサイクリングで玉名市の八嘉(はっか)小学校の前を通りかかった時に、地区の史跡の案内板が眼に入った。
DSC00572.jpg


その中に「林桜園」の名前を見つけた。
案内板の拡大.JPG


林桜園(おうえん)は鷹のような鋭い眼をした大男で、その下唇は顎を覆うほど垂れた特徴的な風貌であったが、知らないことは無いというほどの博学で、幕末の、熊本の志士たちが父のように慕った国学者である。
DSC00724.jpg


横井小楠や宮部鼎蔵に比べると現在の一般的な知名度は劣るが、その影響力は、「肥後随一」と言っても過言ではない。

今日は吉次峠、玉名市青野、熊本市南区内田町、中央区桜町、千葉城町、黒髪町などに残る林桜園の足跡を辿った。
DSC00693.jpg
(吉次峠への坂の途中より)



林桜園は寛政10年(1798年)12月28日、熊本城下、いよいよ今週末に開業する「サクラマチ クマモト」のすぐ近く、
DSC00716.jpg
山崎町の下級武士の三男として生まれた。名は「有通」、通称は「藤次」で、「桜園」は号である。父の勧めで、幼くして藩校・時習館に入学。
時習館跡.jpg
ところが14歳の時、先生から「お前は学問ができるから立派な役人になれるぞ」と褒められたところ、「俺は役人みたいなものになるために学問してるんじゃない。そんな事を言うような先生に教えてもらうより、遊んでおったほうがましだ」と時習館を退学してしまう。

その後、桜園は手の付けられない乱暴者となっていた。
すごむ三井.jpg
息子の行く末を案じた父親が意見しても聞く耳をもたないので、堪り兼ねた父親が「これが最後の説得・・・」と涙ながらに諭すと、その姿が桜園の心を動かした。
学問がしたいです.JPG


桜園は、それまでの不孝を陳謝し、固く誓って素行を改めた。
落とす気がしねえ.JPG


日々、藤崎八幡宮と山崎天満宮とに参詣し、
DSC00718.jpg
本居宣長の教えを直接受けた国学者・長瀬真幸に入門し、国学と神道を修めた。さらにその興味は国学と神道にとどまらず、儒学、老子・荘子をはじめ仏典、天文、地理、医学などにも通じた。

文政10年、30歳のときに桜園は招かれて玉名郡伊倉に移り「青野塾」を開いた。
DSC00709.jpg
(ここから先は草ボウボウで、おびただしい数の虫の攻撃に合い、あえなく撤退)


その地の赴任する道中に詠んだ歌の碑が吉次峠に建っている。
DSC00700.jpg

「見るままに 山の雨雲立ちこめて 木葉(このは)の里は 打時雨(うちしぐれ?)つつ」

そして天保8年、40歳になって熊本城下千葉城町に家塾「原道館」を開き、敬神・尊王を説いて武士の子弟の教育にあたった。
DSC00720.jpg


その門人の数は1200人と言われ、勤王党の宮部鼎蔵、
宮部鼎三.jpg
学校党の佐々友房(済々黌創立者)、
佐々友房.jpg
実学党の横井小楠など、
横井小楠.jpg
幕末の肥後の3党派を代表する人物のほか、敬神党(周囲からは「神風連」と呼ばれた)の首領・太田黒伴雄、佐賀の島義勇、久留米の真木和泉、長州の大村益次郎などなど、その門下生は、まさに「多士済々」であった。

明治2年9月から翌年4月にかけて桜園は朝廷に召されて上京し、有栖川宮、岩倉公の下問に答えている。
DSC00736.jpg


明治3年6月に熊本に帰り着くとその後、病気となり、同年10月12日、内田町にある新開大神宮
DSC00711.jpg
に隣接する愛弟子・太田黒伴雄の家にて没。
DSC00713.jpg
72年の生涯を独身で過ごした。

墓所は、黒髪町の桜山神社で、
DSC00725.jpg
肥後勤王党や「神風連の変」を起した敬神党など桜園の教えに導かれた百数十名の志士たちの墓を見守るように
DSC00726.jpg
墓石が建っている。
DSC00733.jpg


本日の走行距離:73.6km

林桜園走行図.JPG


ちなみに本日ゲットした丸ポストは、南区平田町のと、
DSC00714.jpg
中央区城東町の有名なやつのふたつ。
DSC00719.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

1008
2019年09月13日 13:01
現地に設置してある案内板、のぶさんとは見る内容が違いますが、ネット等では判らない道が載っていたりと、貴重な情報源ですよね。
たまにダマサレたりしますが(笑
ZEN. SEO.
2019年09月13日 14:26
横井小楠先生のルーツが、詳しく解りやすく大変勉強になりました♪

林櫻園先生が存在しなければ、坂本龍馬の活躍もなかっただろうなぁ!?と幕末歴史の妄想が、より心地よく堪能できます(笑)

のぶ
2019年09月13日 20:19
1008さん、こんばんは。
あのような案内板は大変有用ですが、最新の情報ではないことが玉に傷です。
1008さんの興味はどちらかと言えば道路の方でしょうが、こちらも工事中とか、勾配がわからなかったりとか、ダマされることもありますね(笑)。
のぶ
2019年09月13日 20:25
ZEN. SEO. さん、こんばんは。
幕末の事に関してお詳しいようですね。わたしの場合、熊本のこと以外はあまり詳しくないのですが、幕末の勤王派に関しては、肥後は水戸と並んで人材が豊富だったようですね。
幕末の肥後に関してはまた勉強してサイクリングのネタにしたいと思っています。
zen.seo.
2019年09月14日 12:16
のぶサン、こんにちは♪

私は、ガキの頃は、日曜20時、家族でNHK大河ドラマ・・・古き良き昭和のチャブダイ・・・(笑)

それから数十年後、また大河にハマったのは「龍馬伝」・・・

帰熊してからも、年に一度は京都・近江をチャリ車載にて一週間程、御独り様戦国~幕末限定歴史旅、続けております・・・

地元、肥後の歴史・・・大変勉強になります♪

老後の楽しみは、肥後~京都、自走の旅!です(爆)
のぶ
2019年09月14日 17:26
zen.seo. さん、こんにちは。

昔は時代劇の番組が多かったですが、最近は少なくて寂しいですね。
えっ?年に一度は京都、近江を史跡ポタですか?戦国・幕末縛りでも見どころ満載でしょうね。わたしも一度、輪行して京都の史跡巡りしたいと思っていたところですが、やがて輪行袋の大きさだと指定席予約しないといけなくなるそうなので敷居が高くなりそうです。その点、車載だと問題なしですね。
肥後から京都まで自走・・・途中で史跡めぐりすると、なかなか行き着かないことになりそうですね。
zen.seo.
2019年09月17日 15:22
コルナゴ部長がアップされてた高杉晋作先生の菩提寺も寄りたいし、岡山県は刀剣・焼き物の宝庫ですよねぇ

休みがいくらあっても、歴旅、尽きないす(笑)

2019年09月20日 12:38
zen.seo. さんへ
山口の萩を始め、中国地方も見どころ満載なので、的を絞らないと京都まで一年がかりくらいになるかもですよ(笑)。