六地蔵でひと休み(その1)

サイクリングをしていると、あちらこちらで見かけるお地蔵さん。

画像
(益城町の県道57号線沿い)


この「お地蔵さん」とは正式には「地蔵菩薩」と言い、仏教の教えによれば、釈迦如来が入滅して、弥勒菩薩がこの世に現れるまでの56億7千万年の無仏の間、われわれ民衆をこの世界の苦しみから救ってくれるらしい。


「お地蔵さん」は、日本では平安時代から広く信仰され、特に子どもの守り仏とされている。そのため多くのお地蔵さんは前掛けをしており、子どもの好むような食べ物や飲み物を供えてあることが多い。
画像
(新町の三面地蔵、「三面」とは、子ども、水、火)


また、村境や峠などの道端にまつられる、禍・悪霊を防ぎ、旅の安全をもつかさどる「道祖神」と習合したものも多い。
画像
(地蔵峠のお地蔵さん)
画像
(狩尾峠(ラピュタ)のお地蔵さん)
画像
(娑婆神峠のお地蔵さん)


中には、ある特定の病気の治癒祈願などの特化したものも見受けられる。
画像
(宇土半島の阿呆峠の「くすめき地蔵」は百日咳にご利益がある)
画像
(和水町の山道にて)


全国的には「地蔵盆」と言うらしいが、熊本では「地蔵まつり」と称して、お盆の後に地域の地蔵を飾り付けてお参りをする風習があり、宇土や大津では特に盛大に行われている。
画像
(大津のお地蔵さんはほとんどが座っている)


さて、仏教の教えによれば、人の魂は、六道、すなわち、天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の6つの世界を転生しているらしい(六道輪廻の思想)。
画像


地蔵菩薩は本来一体であるが、六道に迷う衆生を救済するために、六道へ分身になって現れるという。
画像
(玉名の「シンドバット」に近い大覚寺)

この考え方が広まった室町時代以降、日本では、「死んだ肉親・知人たちが、六道のどこに生まれ変わっていようとも、ぜひその人を救って頂けますように」と願って地蔵菩薩の像を6体並べて祀った「 六地蔵 」像が各地に建てられた。

中でも馴染みがあるのは昔話の「かさじぞう」。
(物語の舞台は秋田県だとか)

そう言えば、「となりのトトロ」でも・・・。
画像


もちろん、熊本でも、あちらこちらに・・・。

画像
(交通センターの近く)

画像
(阿蘇坊中の行者通り)

画像
(二本木の白川沿い)

画像
(馬見原の日向往還)

画像
(南阿蘇、中松の旧道沿い)

画像
(宇土市円応寺のは「地蔵まつり」の中心的存在)

画像
(七城町の前川水源近くの碧巌寺)

画像
(高森町の含蔵寺)

画像
(出町の往生院、中央の座像は「放牛地蔵」)



九州では、このような六地蔵以外にも様々な形態の六地蔵が建てられており、今後は熊本の各地に点在する六地蔵を、数回に分けて紹介して行く予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

みきたか
2016年04月07日 19:09
日本昔ばなし、昭和50年(1975年)放送開始との事なので17歳か。
なので高校生だけど結構見ていたなー。
もっと子供の頃の番組と思っていたけど。
お地蔵さんにはそんな由来があるんですね。
子供の頃(では無くて高校生)の「日本昔ばなし」を思い出して
何かしんみりと感じたblogでした。
1008
2016年04月07日 20:07
お地蔵さんが多数並んでいるのは何だろうと思っていたのですが、
六道由来だったのですね。
そう言えば、お地蔵さんは日本昔ばなしに良く出てきていましたね。
懐かしいです。
のぶ
2016年04月07日 21:08
みきたかさん、こんにちは!
「まんが日本昔話」と言えば、声優の市原悦子と常田富士男を思い出しますね。
その常田富士男さんは、南小国育ちでセイセイコー高校のOBです、はい。
わたしの育った地区では残念ながら「地蔵まつり」の習慣はなかったのですが、結婚後暮らした上熊本地区では毎年「地蔵まつり」があって子ども達の活動で汗をかいた思い出があります。
のぶ
2016年04月07日 21:12
1008さん、こんにちは!
そう言えば、時々、お地蔵さんが、かなり多数並んでいるのを見かけますね。蓮台寺など、かなり並んでいます。南阿蘇の清水峠の途中の清水寺もかなり沢山ありますね。あれは廃品回収っぽいですね。今は大切にされているお地蔵さんたちも我々世代が年寄りになってしまう頃にはあんまり大切にされないかもしれませんね。
ヘイホー
2016年04月07日 21:27
お地蔵様にも色々な種類があるんですね。
六道輪廻の由来とは初めて知りました。
勉強になりました!
いつか、お地蔵様ライドしましょう(^-^)
のぶ
2016年04月07日 23:02
ヘイホーさん、こんにちは!
昨年夏に鹿児島をサイクリングした時も、道すがら、いくつかの六地蔵を見つけました。鹿児島には、その他にも「たのかんさあ(田の神様)」もいらっしゃるし、ほんと、よかトコですね。
お好み焼きSD
2016年04月08日 18:57
そう言えば子供の頃はお地蔵様見るたびに手を合わせていたものですが今では見かけてもスルー(^_^;)
サイクリング中意識してお見かけしたら手を合わせていただきます(^^)
向こうにいったら救って欲しいです(笑)
のぶ
2016年04月08日 21:31
お好み焼きSDさん、こんにちは!
街中では目立ちませんが、郊外に出るとお地蔵さんは比較的目立つ存在になるように思います。わたしもたまにしか手を合わせませんが、我々サイクリストをも見守ってくれているような気がします。わたしも向こうに行ったら是非とも救って欲しいです!!
2016年04月08日 21:51
おぉ!お地蔵さまにも興味がおありでしたか!
これだけ詳しいなら、ぜひ一度、我がシルバー大学で講義をお願いしたい所ですっ!!
1枚目は背景の麦の穂を雪に帰ると、蔵王スキー場山頂の雪中のお地蔵様に雰囲気が似てますね!
六地蔵はたいがいのお寺さんにあるような気がします。
あ・・・墓地の近くに!
のぶ
2016年04月08日 22:11
宮星さん、こんにちは!
お地蔵さんの事には多少興味がありますが、恥ずかしながら仏教の事はほとんど知らないんですよ。
宮星さんのブログの、お寺の写真に時々六地蔵さんが写っているのは気づいていましたが、栃木の大概のお寺には六地蔵が並んでいるんですか?熊本のお寺では色んなお地蔵さんが沢山並んでいることはあるんですが、「綺麗に六体揃って・・・」と言うのは、大変少ないです。別なタイプの六地蔵さんがいくつかありましたので、またの機会にご紹介しようと思います。
アンカー星人
2016年04月08日 23:17
いろんな引き出しをお持ちですね!
夢枕獏の本が好きなのですが、それによく仏教のルーツや奥深~い事が出てきたり、あと、子どもがハマっている鬼灯の冷徹という漫画に、六道の地獄道を掘り下げた事が書いてあったりして、非常に興味深い内容でした。
しかし、実際に六地蔵様ってあるんですね。 驚きました。
また、続きを楽しみにしています。
のぶ
2016年04月09日 07:49
アンカー星人さん、こんにちは!
ほう!夢枕獏さんってそんな本を書いておられるのですかぁ。それに六道の「地獄道」を掘り下げた漫画があるんですね。怖そうですね。
お地蔵さんが6体並ぶタイプの六地蔵は熊本ではあまり見かけないですが、宮星さんによると栃木のお寺では普通にあることみたいです。
違うタイプのなら、アンカー星人さんのお住まいからもそんなに遠くないところにありますので、おってご紹介しますね。
ブッチャーK
2016年04月09日 15:33
そろそろ・・・ですか?(笑)
のぶ
2016年04月09日 22:07
ブッチャーKさん、こんにちは!
還暦過ぎたので、いつお迎えが来ても不思議ではありません。地蔵さんに合わせる手にも心なしか力が入ってしまいます。まだまだ娑婆に未練があるので、あと10年くらいは元気でいたいのですが・・・。そろそろ・・・かもしれまぬ。

この記事へのトラックバック