テーマ:宇土市

「解脱墓」・・・三角西港余話

朝6時頃にクロモリロードバイクで出発し、久しぶりに宇土イチに出かける。 いつもと反対廻りすることにして白川沿いの遊歩道を走り、九州新幹線の高架橋沿いの道を南下。 川尻、走潟を経由して住吉から国道57号線に入る。 路側帯の白線の突起に難渋しながら網田、太田尾、赤瀬を過ぎて三角西港へ。 山の手側には旧宇土郡役所庁舎や…

続きを読むread more

紫陽花なら宇土

熊本では、今年は梅雨入りが遅くなっているけれど、「梅雨」と言えば「アジサイ」なので、宇土市へアジサイを観に行く。 いつものように出水ふれあい通りから画図の田舎道を走って中ノ瀬橋を渡り右折して加勢川の左岸を川下方面へ走り、県道182号線に突き当たって左折。 富合を抜けて宇土市に入る。宇土市の市花はアジサイ(紫陽花)で、聞くとこ…

続きを読むread more

宇土の切支丹

朝の用事を済ませて、10時半過ぎから宇土を目指してクロモリロードバイクを走らせた。 これまでに菊池と山鹿の隠れ切支丹の史跡をレポートしたけど、宇土にも切支丹関係の史跡があるので探してみる。 宇土市街地に入る頃には昼飯時になったので、先ずはNicoで腹ごしらえ。(「灼熱のタギール・カレー」はスパイスたっぷりのチキンカレー) …

続きを読むread more

リベンジ!「大見石畳」

先週末から風邪気味だったけど回復したので宇土半島へサイクリングに出かける。 目指すは「大見(おおみ)石畳公園」。1年半ほど前に一度行こうとしたのだけど、案内板が見つからずに引き返したので、今回はそのリベンジ。 出水ふれあい通り経由で中ノ瀬橋を渡って加勢川沿いを下流へ走り、川尻を経由して平木橋を渡り、次郎兵衛橋を渡り、農免道路…

続きを読むread more

富合・宇土・川尻ポタ

熊日新聞に付いてくる情報誌「あれんじ」の最新号の特集が「宇土市」で、お寺の天井絵の事が描いてあったので見に行くことにする。 午前9時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、いつものように中の瀬橋を渡って加勢川の左岸を西へ進み、釈迦堂橋方面へ左折して県道182号線を南下。 宇土に入る前に寄り道して木原不動尊の奥にある六殿宮へ。 …

続きを読むread more

くまもと海苔養殖ライド

海苔の養殖は有明海沿岸が有名だけど、特に熊本は、その発祥の地と言われるで、その所縁の地を廻った。 まず訪れたのが宇土市の住吉地区。紫陽花で有名な住吉公園の西側斜面に「海苔養殖の母」と呼ばれる「ドゥルー女史」の顕彰碑が建っている。 今では日本食に欠かせない食材となった海苔だが、その生態は長いこと謎とされていた。実際、昭和二十年…

続きを読むread more

阿蘇人とウトハン

数日前にブッチャーKさんから連絡があって、沼山津のご友人宅に泊まる用事があり自転車を乗せてくるので、どこか走りましょうとのことで、午前7時半頃、クロモリロードバイクで自宅を出発し、沼山津神社の前で待ち合わせ。(ブッチャーK号) 阿蘇在住のブッチャーKさんがまだ走ったことがないと仰る宇土半島方面へ行くことになったが、ウトイチ(宇土半…

続きを読むread more

梅雨の晴れ間だ!ウトイチだ!

予報が曇りだったので八代方面へでも行ってみるかと午前6時過ぎにカーボンロードバイクで出発すると、南の方は晴れ間が広がっているので、予定を変更して宇土半島を一周することにする。 いつものように出水ふれあい通りを南下して画図の田舎道を走り、中の瀬橋を渡って右折し加勢川の左岸を走る。 県道182号線に突き当たって左折し、釈迦堂橋を…

続きを読むread more

消化不良な「ウトハン」

正午頃から用事があるので、それまでにどこに行こうか迷って、宇土半島を途中でショートカットする「ウトハン」に出かける。 ついでに「大見石畳公園」に行って見るつもり。 何でも、松合の少し西側にある大見の集落の山手に、長さ約150m・幅約10mの地質時代に溶岩流が流れ落ち冷え固まった「石畳」と呼ばれる景勝地があるらしいのだ。 …

続きを読むread more

宇土半島 峠攻め

鹿児島在住のヘイホーさんが来熊されたので、例によって、同じ鹿児島県人の、こくろさんを誘って宇土半島へ。 流通団地の南側に集合し、県道182号線を南下し、ウキウキロードで宇土に入り、田舎道を走って国道266号線に入る、いつものルート。 途中、道の駅 不知火で休憩をいれ、三角港まで走って、「イカめし」は売ってなかったけど、小腹を…

続きを読むread more

いかめしでウトイチ

鹿児島在住のヘイホーさんが奥さんの熊本のご実家に来られるのに合わせてサイクリング。 「一度、ウトイチ(宇土半島一周)をしてみたい」とのことだったので、同じく薩摩人の「こくろさん」を誘って3人で行くことになる。 クロモリロードバイクで午前8時半に出発。水前寺公園経由で出水ふれあい通りを走り、画図の田舎道を走る。 加勢川の…

続きを読むread more

ぶらぶら宇土・富合

未明までの雨で濡れた路面が乾くのを待っていたら午前10時を回ってしまった。 昼過ぎから予定もあるので、近場の富合・宇土方面へB級文化財ハンティングに出かける。 ちなみに、ここで言う「B級文化財」とは「市町村レベルの文化財」くらいの意味。 水前寺公園から出水ふれあい通りを走り、画津の田舎道を抜け、中ノ瀬橋を渡って加勢川左…

続きを読むread more

「いかめし」は逃したけれど・・・

行きつけの「インド食堂」は定休日が水曜日。そして今年は「昭和の日」が水曜日。 そこで「昭和の日」に、インド食堂のマスターと総勢9人でサイクリングに行くことになった。 計画当初は、三角港でBenbowさんお薦めの「いかめし」を堪能し、丁度その日に開催される「オールドカーフェスタin三角」を楽しむはずであった。 ところが、…

続きを読むread more

LSDで宇土半島

GPSロガーをユピテルのAtlas ASG-10からGarmin Edge 810jに替えてから数か月経った。 でもまだ「心拍数センサー」っていうものを使った事がないので、使ってみることにする。 考えてみると、ひと様の心拍数はしょっちゅうモニタリングしているのに、自分の心拍数には全く無関心。 どうせなので、LSDト…

続きを読むread more

ふたたびピンクの石を目指して・・・

昨年の4月に続いて、2度目の「馬門石(まかどいし)探索」へ。 馬門石とは、約9万年前の阿蘇山の大爆発で流れ出た火砕流が冷えて固まって出来た阿蘇溶結凝灰岩である。通常は灰色をしているが、宇土市網津町馬門付近に産するものだけは淡いピング色をしており、しかも比較的柔らかいため加工もしやすく、馬門石(阿蘇ピンク石)という名で呼ばれ県内の石…

続きを読むread more

宇土半島巨木巡り

風光明媚な海岸線から内陸部に一歩入ると色んな顔を持つ宇土半島。 その宇土半島には樟(クスノキ)の巨木が多い。今日は、よく走る道から少し入ったところにあるそれらの巨木を見て廻ることにする。 午後からの家庭内平和維持活動のために、午前6時半過ぎにクロモリロードバイクで出発。 水前寺公園から出水ふれあい通りを走って中の瀬橋を…

続きを読むread more

宇土半島お墓めぐり

黄金週間最終日、宇土半島のお墓めぐりに行く。 午前8時過ぎ、クロモリロードバイクで出発。いつものように出水ふれあい通りから画津の田舎道を走る。今朝はウィンドブレーカを羽織っていても少し肌寒い。 中の瀬橋で加勢川を渡り、右折して加勢川の左岸を川下へ。県道182号に突き当たり左折し、釈迦堂橋で緑川を渡る。 JAから右折して…

続きを読むread more

暗躍!ルーベ兄弟のウトイチ

一週間後の天草サイクルマラソンに出場予定の、O3メンバーのOさんとウトイチ(宇土半島一周)に行く。Oさんは、今月初旬の「石橋叩き割りツアー」の試走以来、右ひざを痛めていて、この2週間ほど長い距離を乗っていないらしい。今日はその膝の「様子見ライド」が主な目的。 ただそれだけではやる気が出ないので、第二の目的が、天草五橋の一号橋の手前…

続きを読むread more

阿保峠の『くすめき地蔵』

近代医学が発展する以前、人々がどうやって病気や怪我と対峙してきたか、職業柄、大変興味がある。 自転車に乗るようになって訪れた神社仏閣などでも、その一端をうかがい知ることができる。 熊本で有名なのは、嘉島にある甲斐神社、通称、足手荒神。 手足を負傷して死んだという武将・甲斐親英(宗立)を祀ったもので、今も手足の怪我や病の回復…

続きを読むread more

神風連の史跡を巡る

きっかけは一年余り前、熊本水遺産のひとつ、『鳴岩の湧水』を訪れた時、そのすぐ近くに白い標柱が立っており、『神風連五士自刃の跡』とあった。 『神風連』・・・「西南の役に前後して熊本の旧・士族が起こした反乱」というくらいの知識しか持ち合わせていなかったが、そこで自刃したという五人の事が心に残っていた。 今年の夏、テニス仲間(最近…

続きを読むread more

ハイサイO3@宇土半島

『ハイサイO3』というのは、『ハイキングを、サイクリングの間にやっちゃおう!』という、熊本の自転車乗りのおっさん(O3)たちのムーブメントで、発案者はみきたかさん。ネーミングはBenbowさんで、確認はしてないけど、多分、「喜納昌吉&チャンプルーズ」の『ハイサイおじさん』をもじったもの。 わたしもその波に乗り遅れまいと、宇…

続きを読むread more

宇土の水場めぐり

午後1時過ぎ、職場から出ると、いつの間にか青空が広がっている。明日は地区の清掃活動だの、親戚の法事だので、自転車に乗る時間がなさそうなので、今日のうちに近場をポタリングすることにする。 急いで家に帰って、準備をして、午後2時過ぎにクロモリロードバイクで出発すると、あらら?いつの間にやら、空一面雲が広がってきている。 JR豊肥線沿…

続きを読むread more

ひさしぶりに宇土半島一周

午後からの家庭内平和維持活動のために、午前中に帰ってこれるコースをあれこれ考え、宇土半島へ。5時間くらいで帰って来れるかな?と午前6時半頃カーボンロードバイクで出発。 出水ふれあい通り経由で画津の田舎道で定点撮影。浜線バイパスに出て、加勢川を渡る。加勢川沿いの道を西へ走り、釈迦堂橋へ左折し南下。榎津のJAのところから右折し、ウキウ…

続きを読むread more

宇土半島ワンダーランド

ロードバイクに乗り始めた当初、『宇土半島』と言えば、海岸道路をぐるっと回ることしか知らなかったが、内陸部に足を踏み入れると、なかなか面白い事が解った。Benbowさんが『ワンダーランド』と称する宇土半島の内陸部に今回も足を踏み入れる。 午前6時過ぎ、クロモリロードバイクで出発。いつものように出水ふれあい通りを南へ。画図の田舎道を走…

続きを読むread more

馬門石を目指してポタリング

『馬門石』と書いて『まかどいし』と読む。 なんでも、日本では宇土市網津町の馬門(まかど)でしか採れない石なんだそうな。 富合町の井樋橋(いびばし)を見に行った時、使われている馬門石の淡いピンク色がとても印象に残った。 宇土市 観光情報サイトによれば・・・ 『今から約9万年前,阿蘇山の大爆発で流れ出た火砕流が冷…

続きを読むread more

初めてのブルベ200km

職場の同僚で、しかも、家族ぐるみの付き合いをしてきた友人の奥さんが数日前に亡くなり、通夜、葬儀、仕事のサポートなどなどで、ブルベ直前の準備が充分できず、最低限の装備で準備を完了。朝、5時前に起床し、6時半過ぎに自宅を出発。7時には発着地点の弓削小学校に到着。北門から入るとすでに受付が始まっている。受付でブルベカードをもらい、必要事項を記…

続きを読むread more

ブルベの後半を端折って走り初め

謹賀新年。このブログも3年目を迎える。今年もどうぞご贔屓に・・・。 さて、3日までの正月休みだが明日は寒い予報なので今日走ることにする。ブルベのコース(特に後半)が大幅に変更されたので試走がてら走り初めに行く。 箱根駅伝を少し見て午前9時前にカーボンロードバイクで出発。まずは峠の茶屋を目指す。いつものように新屋敷経由で明午橋…

続きを読むread more

宇土半島ドMコースを変則試走

ロードバイクに慣れてくると、どうもM(マゾ)っ気が出てくる人が多いらしい。訳もなく急な坂を登ったり、必要以上に長い距離を走ったり・・・。そう、あなたのまわりにもいるでしょ? どうも自分もそのMっ気が出てきたみたいで、ルートラボにHoffmannといういう人がアップしている、『宇土半島ドMコース』というものが気になっていた訳ね。 …

続きを読むread more

リベンジ宇土半島!

今月4日の宇土半島の峠攻めの途中、気まぐれに、ではあったが、目指した『石打ダム』にたどり着くことができなかった。そこでリベンジに行く。 うったちがやや悪く、午前8時過ぎに出発。ついでに色々と周るつもりなので、クロモリロードバイクにする。いつものように出水ふれあい通り経由で浜線バイパスに出て加勢川左岸に入り川下へ。県道182号線を左…

続きを読むread more

宇土半島の峠を攻める

”うまくゆく恋なんて恋じゃない~♪♪”・・・そんな歌詞の、Charの歌がその昔、流行った。「サイクリングもそうだ!」と思いながら宇土半島の山の中でロードバイクを漕いでいた。 いつかBenbowさんのブログで紹介されたコースを参考に、宇土半島の峠を2つ上りに行く。宇土市の住吉と宇城市の松合を結ぶ県道58号線は何度か走ったので、今回は…

続きを読むread more