テーマ:健康

山田の藤ライド

早朝からカーボンロードバイクに乗って主に国道3号線と国道208号線を走って玉名へ。(小岱山麓の木々も開花) 平日の朝で、まだ人出の少ない山田日吉神社では今が盛りの藤の花を堪能。 そして近くにある石橋(「旧・十六橋」)も訪れたが、これは後日ご紹介。 その後、ハゼ並木の菊池川堤防を南下して、大浜を抜け、尾田の丸池を経由して…

続きを読むread more

2回目のチュウ!

体調を見ながら昨日は白川沿いを瀬田まで史跡ハントをしながら、そして今日は緑川沿いを甲佐まで周辺の植物を楽しみながら、無理のない程度にのんびりと走った。 というのも、4月9日に新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けたのだ。 これまでの報道等によると、2回目の接種後の副反応が強いとのことなので、不安だったけど、実際に接種…

続きを読むread more

初めてのチュウ!

花冷えの朝、クロモリロードバイクで白川沿いの道を走り、いつものように太郎迫から金峰山に上って、(梨の花)一の岳の西側の山麓にある平山の集落へ。 今日の目的は、ブッチャーKさん情報の史跡探し。集落の南側の入口に「神風連腹切場」の石碑を発見! 神風連関係の史跡でまだ訪問してなかったものだった。 目的を果たして、満たされた気…

続きを読むread more

チラっと田口橋まで

朝から予定外の事態になってしまい、昼飯食ってから金峰山にでも上ろうかと出かけたが、気が変わって「出水ふれあい通り」へ。 そのまま南に進んで中の瀬橋で加勢川、めど町橋で緑川を渡り、左折して甲佐まで行こうかと思ったけれど、いまいち気が乗らず、田口橋を渡って帰った。 朝、サイクリングにでかけようとしたけど寒かったので、気温が上がる…

続きを読むread more

ぐるり二の岳、三の岳

今日も金峰山へ。 吉次峠を越えて、三の岳の北側を廻り、赤に田集落、小天の集落を抜けてナルシストの丘に立ち寄るが、残念ながら霞んでいて普賢岳は肉眼で頂上付近がやっと見える程度。 そこから県道1号線を上っていると、ブッチャーKさんに遭遇! 阿蘇は寒くて走れないので、「金峰緑の駅みちくさ館」まで車載で金峰山を走っているとのこ…

続きを読むread more

あ、脚の静脈が・・・

先日、南阿蘇経由で山都町へ行って帰った後、脚の表面の静脈がいつになくデコボコしているのに気づいた。 実は数年前からその傾向があり、特に脛の内側の静脈が太くなっているように感じていて、かつてランス・アームストロングを7年間に渡ってアシストしたジョージ・ヒンカピーの脚や、一昨年のブエルタ・ア・エスパーニャで総合2位になったエンリク・マ…

続きを読むread more

お礼参りライド

数年前から顔に「年寄イボ」が出来てきて困ったので、今年の4月に、「困った時の神頼みポタ」をしたんだけど、その後、すっかり忘れてしまっていた。 そしたら先日、その困っていた右頬の年寄イボが、なんと、ポロっと取れてしまった! 単なる偶然かもしれないけれど、正直言うと、「神頼み」については全く期待していなかったので、ただただ驚くば…

続きを読むread more

「困った時の神頼み」ポタ

週末は雨模様なので、今日のうちに自転車で「困った時の神頼み」に出かける。 というのも、50歳になる頃から顔にシミが出来始め、近年、そのいくつかが盛り上がって来た。 皮膚科の女医さんに診せると、「『脂漏性角化症』、いわゆる『年寄イボ』です。」とのこと。 と言う訳で、酷くならないように、お参りに行くのだ。(八景水谷近くの坪…

続きを読むread more

今更ながらスロージョギング

午前中の仕事を終え、最近、通勤用に使っているシクロクロスバイクで北バイパスの歩道を龍田町方面に走り、県道337号線沿いにあるインド料理の「スリャ」へ。 看板メニューの「ナンランチ」をチキンのカレーでいただく。ここへは初めて来たけど、ま、標準的ですかな。プラス150円のチャイは、かなりスパイスシーだった。 その後、裏道を通って…

続きを読むread more

たまにゃ自転車以外の運動も・・・

阿蘇ネイチャーランドが主催する「阿蘇アドベンチャーフェスタ2015」に参戦した。 今回のコースデザインをしたシクロクロスの宮内佐季子選手に誘われ、1008さんご夫妻、ピナ朋およびそのラン仲間の、ちっぺ、しずちゃん+2名の美女軍団と参加することになったのだ。 2日間で行われる「エキスパート&チャレンジコース」と、半日で終了する…

続きを読むread more

アロンガメント・ジナミコ

『パラダイム・シフト(英: paradigm shift)』という言葉がある。 ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的に変化すること・・・すなわち社会の規範や価値観が変わることである。 人類史上、最大のパラダイム・シフトは天動説から地動説への変換と言われている。 それほど劇的なものではなくても、先週の水曜日(…

続きを読むread more

わしらのドーピング

競技スポーツ界に暗い影を落とすドーピング問題。同じ『癌からの生還者』として尊敬していたランス・アームストロングも、『ツール・ド・フランス総合7連覇』を始め多くの栄光を失った。 国際オリンピック委員会 (IOC) が開催した「スポーツにおけるドーピングに関する世界会議」において採択されたローザンヌ宣言に基づき、1999年11月に設立…

続きを読むread more

鼻水のもんだい

自転車に乗っていると、夏は汗と闘うが、冬は鼻水と闘っている。 (写真はイメージです) わたしの場合、寒い空気の中で自転車に乗ると、約1分で涙が流れ出てくる。 涙はそれほど気にならないけど、それから数分後に出てくる鼻水がなかなか厄介。 そもそも鼻水というのは(涙管を通って流れて来る涙を除くと)、鼻腔内の鼻腺、杯細胞など…

続きを読むread more

『去る者は日々に疎し』とは言うけれど

いつかこのブログでも紹介した、人類で最初に月に降り立ったアポロ11号のニール・アームストロング船長が8月25日に亡くなった。 8月上旬に冠動脈のバイパス術を受けた後、経過が思わしくなかったという。 その数日前、同じく紹介した、ツール・ド・フランス7連覇のランス・アームストロングがアメリカの反ドーピング機関から告発を受け、その結果…

続きを読むread more

アーチが崩れてモートン病

50歳を超えて始めたロードバイク。身体の老化も相まって、ロングライドには色々な問題がつきまとう。足の異常に気がついたのはロードバイクに乗り出して間もない頃。長い距離を走ると、足裏の先から指にかけて焼けるような痛みを感じることがあり、家に帰り着いて、ビンディングシューズを脱ぐと嘘のように痛みは消えてなくなるのだ。 このような事が、年…

続きを読むread more

強く生きたい

来月に迫ったツール・ド・フランス。そのツール・ド・フランスで、総合七連覇の偉業を果たしたランス・アームストロングの事は、当時、ロードレースなどにはほとんど興味のなかったわたしでも、NHKのスポーツニュースなどで、ある程度知っていた。 そもそも、『アームストロング』なんて、名前だけでも強そうである。 そうそう、最初に出会った『…

続きを読むread more

青く染まった熊本城を撮りに行く

「世界の2億3千万人が糖尿病で、糖尿病で亡くなる人は10秒に1人」なんだそうだ。そこで「国際糖尿病連合」という組織が啓発運動をしており、11月14日を「世界糖尿病デー」と決めている。どうして11月14日なのか、というと、1921年に世界で初めてインスリンを発見に成功したカナダの医師、フレデリック・バンディングの誕生日が11月14日なんだ…

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ クマモトに自転車で行く

今日は土曜日。午前中の仕事の後、いつものようにATC(Aries Tennis Club)のメンバーと坪井遊水公園でテニスをする。真夏日の気温、しかも湿度の高い中、Ao先生、セッキー2号さん、カイザーくんと過酷なゲームを戦い、続いて、白川公園に向う。 今日の昼過ぎから明日の昼過ぎまでの24時間、「リレー・フォー・ライフ・クマモト」…

続きを読むread more

きっかけ

平成18年、50才になったわたしは、初めて受けた人間ドックで腎臓癌と診断され、オロオロしながら精密検査を受けた。幸い、ぎりぎりの早期癌で、左の腎臓を摘出し、通常生活に戻った。 それを機に、死について・人生について考えるようになり、「残りの人生、なるべく地球環境を汚さずに生きていこう」と思うようになった。 マイバッグやアイドリ…

続きを読むread more