テーマ:熊本市

人の名前のつく橋めぐり

先日、矢部の浜町まで行った帰り道、県道221号線の軍見(ぐみ)坂を下ったところにある橋の親柱に恐竜のレリーフが刻まれているのをデジカメに収めていたら、その橋の名が「木倉太郎兵衛橋」であることに気づいた。 木倉太郎兵衛は、江戸初期の寛永・天和の頃、およそ四十四年間にわたり木倉郷の惣庄屋として木倉、御船、滝尾の各村に合計九ヶ所の用…

続きを読むread more

白川沿いの慰霊碑めぐり

台風対策の合間に、気分転換に1時間弱のポタリング。 白川右岸の世継橋から少し川下に入った所にある緑地公園。 その一角に大洋デパート火災の遺族が建てた慰霊碑がある。 1973年11月29日午後1時15分に発生した大洋デパートの大火災では103名もの尊い命が失われた。 遺族らは犠牲者の七回忌を機に1979年、この…

続きを読むread more

「大井手」から「二の井手」を散策

阿蘇山を水源として有明海に注ぐ白川。その白川で最大の「渡鹿堰」。「土木の神様」と呼ばれる加藤清正が着手したこの堰に隣接する菅原神社の境内には清正が工事を指揮した際の腰掛石が残されている。 渡鹿堰から取水された「大井手」は、大江、新屋敷、九品寺を流れて、「井手口」で白川に戻るまでの2.7㎞の間に一の井手(6.2㎞)、二の井手(6.5…

続きを読むread more

下流域の堰めぐり

東の空が明るくなり出した5時30分頃クロモリロードバイクで出発し、先週に引き続き、熊本市の渡鹿から小島までの白川下流域を走って4つの堰を廻った。 自宅からペダルを漕いで5分ほどの「渡鹿堰」。 慶長年間に加藤清正が築造したと伝えられる白川水系最大規模の水利施設であり、大江方面に「大井手」と呼ばれる用水が伸びる。そこからさら…

続きを読むread more

ライドの新たな愉しみ

朝の内なら天気がもちそうな予報なので、早起きして準備をして午前6時頃にクロモリロードバイクで自宅を出発。 太甲橋から白川沿いの道に入り、下流方面へ。小島を過ぎると川沿いから離れて、熊本港方面へと進み、海路口の海岸道路へ。 少し走って沖新4番港近くの海岸へ。 本日サコッシュに入れて持ってきたのは、バッテリーを含む本体総重…

続きを読むread more

万日山えれじい

土曜の午後、僅かな時間を利用してJR熊本駅に西にある万日山の中腹まで上った。 通潤橋を造った布田保之助の墓がある南の麓から、激坂に息を弾ませながらペダルを漕ぎ、活人形のある来迎院の向かい側の空き地の奥にある「万日塔」を見学。(探し出すのに大変苦労した) 「万日山」の名前の由来ともなったこの塔は、江戸時代にここに建てられていた…

続きを読むread more

地元でモアイ像

先日、俵山峠に上った帰り道、西原村の民家の玄関先に小さなモアイ像が置いてあるのを見かけた。(持っている球はLED電球で、暗くなると光るとのこと) モアイ像と言えばペルー沖の南太平洋上に浮かぶイースター島(正式には「パスクア島」)に立つ石人として有名だが、誰が、何の目的で、どうやって建てたのかは未だに謎らしい。 そんなモアイ像…

続きを読むread more

三ノ岳方面ぶらぶら

休日の木曜日。職場での朝の用事を済ませた後、クロモリロードバイクで金峰山へ。 今日は久しぶりに木留(きどめ)から三ノ岳方面へ上がることにする。 見頃の木蓮や西南戦争の史跡を観ながら、所々激坂の待っている道を適当に走っていると、気になっていた「友ちゃん記念館」を発見。 いつか、みきたかさんがレポートしていたように、個人の…

続きを読むread more

「腰掛石」ライド

先月のポタリングで紺屋阿弥陀寺町の地蔵堂を訪れた時、すぐ近くには、豊臣秀吉が九州平定の折に腰を掛けたと言う「殿下石」(でんかいし)と言うのがあった。 秀吉が天下統一を成し遂げる数年前、九州では薩摩の島津氏が北へ侵攻し、九州全土を掌握しようとしていた。 これを良しとしない秀吉は30万の兵を引き連れて九州に進軍し、天正15年(1…

続きを読むread more

黒髪キャンパス散策

自転車通勤の帰り道に、学生時代のうちの2年間を過ごした熊本大学黒髪キャンパスに立ち寄り、久しぶりに構内を散策してきた。 通称「赤門」と呼ばれている五高の表門からサインカーブの通路をぬけると、マントに下駄姿の「剛毅木訥」な五高生像を右手に見て中門へ。 蘇鉄が植えられたロータリーを望む本館の五高記念館は現在、地震による損壊の修復…

続きを読むread more

女性の地位向上を目指して・・・

今年で49回目を迎える「RKK女子駅伝大会」は、高校・中学生の71チーム、一般の部の286チームが出場し、熊本県総合運動公園の「えがおスタジアム」とその周辺で行われた。 わたしの職場からも3チームが出場するので、職場で朝の用事を済ませた後、応援に出かけた。 男性の様なスピードや迫力には欠けるが、女性特有のしなやかさと華やかさ…

続きを読むread more

「コロナ」めぐり

新型コロナウイルスによる感染症の全世界的な広がりが大きな問題になってきている。(国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真) 元々、コロナウイルスではヒトが日常的にかかっている風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類(SARS、MERS)が知られていた。 電子顕微鏡で観察すると、コ…

続きを読むread more

木下韡村ポタ

先日の「熊本と刑法」で紹介した「木下韡村(いそん)塾」。その跡地を示す石碑は、現在、京町の小さな公園(京町台公園)に隣接する空き地に置かれているが、その前は私の実家の真ん前に置かれていた。 それ故、「木下韡村」の名は昔から知ってはいたが、どんな人だったかは全く知らなかったので、図書館で本を借り、ちょっとばかり勉強して、空いた時間に…

続きを読むread more

刑法と熊本

カルロス・ゴーン被告が故郷のレバノンに無断出国し、先日の記者会見では日本の刑事司法制度を激しく非難していた。 そんな日本の司法制度の歴史を紐解いてみると、熊本の関わりが少なからずあったので、今日はその所縁の場所をクロモリロードバイクで廻った。(改装工事中で赤レンガの見えない熊本地裁) 時は江戸時代。細川重賢(しげかた…

続きを読むread more

「子」のつく場所めぐり

今年の干支は、ねずみ(子)。 干支に因んだところでも廻ろうかと思ったけど、「ねずみ」に関係するような場所はあまりなさそうなので、もう一方の「子」のつく地名の場所を先週末と今日、脚ならしのついでに廻って来た。 まず、本日は職場で朝の用事を済ませたのち、日田街道を北へ走り、たまたま目に入った泗水の「孔子公園」に立ち寄り、孔子様に…

続きを読むread more

謹賀新年

先月下旬から色々と忙しく、今年の「初日の出ライド」も、通勤路である北バイパスの龍田大橋で。 氷点下の寒さの中、低くたなびく阿蘇の噴煙を見ながら待っていると、東の山際がどんどん明るくなってきてやがて御来光。 この一年の安寧と家族の健康を祈った。 さて、最近の通勤路は真冬の佇まいになってきて、果実系は目立つものの、(クロガ…

続きを読むread more

日輪寺と花園小

鹿児島在住で、奥さんの帰省に同行して熊本に来ておられるヘイホーさんとサイクリング。 職場で朝の用事を済ませ、セブンイレブン飛田3丁目店で待ち合わせ、坪井川沿いの道を北へ。 小野泉水を経由して植木温泉からはゆうかファミリーロードを走り、宮原からは国道3号線をひたすら北へ走り、山鹿の市街地を抜けて、日輪寺へ。 昨日、12月…

続きを読むread more

テイカの紅

今日も折角の休みなんだけど色々とすることがあるので、空いてる時間に金峰山方面へ。 太郎迫から県道101号線を上り、JA芳野から左折し、鳥越峠から島崎方面へ下った。 12月も中旬となったけど、路傍の植物が眼を楽しませてくれる。 なかでもこれからの季節、目につくのが、県道101号線の路傍の地面や石垣で繁茂している常緑蔓性植物の…

続きを読むread more

針葉樹ポタ

今日の熊本市は冬の到来を思わせるような朝で、午前7時頃の北バイパスの温度表示板は「0℃」だった。 冬となると、常緑の針葉樹の緑や、落葉性の針葉樹の紅葉が目立つ季節。 そんな訳で空いてる時間に針葉樹を捜してペダルを回した。(弓削神社の杉木立) まずはカイヅカイブキ。炎の様な枝ぶりが印象的で、そのままの格好で街路樹、刈り込…

続きを読むread more

忘れ物を探しに雁回山

熊本市内の丸ポストは大方ゲット完了したと思っていたら、南区にあるものをゲットし忘れていたのが判明。 土曜日の午前中の仕事が終わって、遠回りしてゲットしにゆく。 まずは昼飯。 坪井川沿いの道に半年ほど前からレストランの看板が立っているのが気になっていたので、寄ってみる。 マンションの1階店舗でシックな雰囲気。 …

続きを読むread more

イチョウとチキン南蛮と丸ポスト

市内の数カ所に車で行かねばならない用事があるので、クロモリロードバイクを積んで、細切れにポタリング。 先ずは職場で用事を済ませ、ロードバイクで八景水谷で用事を済ませた後、ポタリング開始。高平に最近できた高級食パン屋さんだけど、自転車のオッちゃんは入りにくい感じかな? 池田3丁目の丸ポストをゲットして、植木方面へ行くついでに「…

続きを読むread more

金峰山みかんライド

明日の天気予報があまり良くないので土曜の午前中の仕事を終えて金峰山に行くことにする。 植木を経由して県道113号線に入り久しぶりに菱形から坂を上る。玉東町に入ると辺りに色付いた蜜柑が目立つようになり、その後もずっと峠の茶屋まで蜜柑畑を縫うように走ってきた。 熊本の蜜柑栽培の歴史を紐解いてみると、日本武尊(やまとたけるのみこと…

続きを読むread more

両立を支援する

昼過ぎに「熊本県民交流館パレア」で開催されるシンポジウムに参加するので、そのついでに市街地の史跡へ。 先日、熊本市博物館の特別展覧会で熊本の古い町並みの絵を見たので、その後ネットで色々と調べていたら、昭和の街並みが大きく変わった理由のひとつに「熊本大空襲」というものがあった。 大甲橋際の白川河畔に熊本大空襲の慰霊碑が建ってい…

続きを読むread more

合間に紅葉めぐり

勤労感謝の日。色々と用事があるので、その合間に市内の紅葉スポットを巡った。 職場で朝の用事を済ませ、高速沿いを走って小野泉水公園へ。 平安時代の絶世の美女、小野小町が産湯を使ったと言い伝えられている小野泉水は、小町伝説の他にホタルの生息地としても知られている。 再び高速沿いを走って、味取観音堂(曹洞宗瑞泉禅寺)へ。 …

続きを読むread more

アースバッグハウス見学ライド

先日、みきたかさんのブログで、宇土半島の「サイハテ村」の写真の中に気になる建物があった。(「SAIHATE」のHPより) というのも、去年の春頃から金峰山の西側、「ナルシストの丘」の下の方にも同じような建物がいつのまにか建っているのに気付いていたからだ。 調べてみると、その家は「アースバッグハウス」と呼ばれるもので、専用の土…

続きを読むread more

熊本の街並みを追憶しに博物館へ

晩秋の朝の冷え込みが次第に強くなるなか、色付いてきた街路樹を愛でながら職場への道を走り、朝の用事を済ませて、坪井川沿いの道に入り、坪井の遊水公園から京町台を目指す。 坪井から京町台へのアクセスは、瀬戸坂、新坂、中坂、観音坂があるが、今回は中坂を少し上って、予備校時代の通学路だった春木坂を上り、牛くびり坂を経由して裏京町を抜ける。 …

続きを読むread more

熊本市中心街の駐輪場(令和元年版)

先日、市街地で会議があったのでいつものように愛車のクロモリロードバイクを下通りのCOCOSA裏の駐輪場に置いて、1時間半ほどの後、出口の改札機に駐輪チケットを入れると、無料だと思っていた料金が「100円」と表示されてビックリ。看板をよく見ると、いつの間にやら料金体系が変わっていた。 そう言えば、熊本市中心街の駐輪場については随分前…

続きを読むread more

ちらっと立田山散策

午前中、少し時間があったので、清水万国町の方から立田山へ。 「立田山憩の森」に入り、「お祭り広場」や「サクラ池」を過ぎて、さらに坂を上がり、「龍田霊園」と「立田山墓地」を抜けて「春の森」を過ぎると、「五高の森」に入る。(探鳥を愉しむ一団) そこの道端に建つ「堀内伝右衛門屋敷跡」が目に入る。 堀内伝右衛門は細川綱利の家臣…

続きを読むread more

自転車通勤しない日は・・・

折角の休日なんだけど、いつものごとく職場で一仕事して、2時間ほどサイクリングできそうなので、金峰山の三の岳方面へ。 このところ県道101号線を上がるのが多いので、今日は太郎迫を直進して、集落を抜けると勾配が急になってくる。 里山の秋を感じながら出羽集落の梨畑やミカン畑を抜けて三の岳の中腹にある大多尾集落に上がる。 県道…

続きを読むread more

さよなら「平成」、さよなら「昭和」

「令和」が始まってもう半年くらい経つけれど、先日、「即位礼正殿の儀」が厳かに行われる様を眺めていて、家内と「『令和』が、わたしらには最後の元号になるかもしれんねえ・・・」というような話をしていたら、「平成」や「昭和」が、今更ながら急に名残惜しくなってきた。 そこで今日は用事を挟んで熊本市、およびその周辺の「平成」や「昭和」を廻るこ…

続きを読むread more