テーマ:熊本市

熊本市の切支丹

熊本県内の切支丹史跡は天草地方に集中しているが、その他の地域にも散見される。 これまでに菊池、山鹿、宇土、八代、に残る史跡を廻ったが、今日は熊本市内に残るものを観に花岡山周辺を廻る。 折角だから早起きして午前5時半頃クロモリロードバイクで出発し、午前6時頃には花岡山の頂上へ。 北からの強い風に流される阿蘇の噴煙の、彼方…

続きを読むread more

道路元標を探して野津と川尻

氷川町の野津と熊本市南区の川尻に道路元標を見つけに行くが、今日も猛暑日の予報なので、朝5時過ぎにクロモリロードバイクで出発。 東の空が赤く染まる中、出水ふれあい通りから画図の田舎道を走っていると、東の空の赤が褪せて行く一方、今度は西の空が赤く染まって、やがて褪せてゆく。 中ノ瀬橋とめど町橋を渡り、「故障中」の丸ポストが痛々し…

続きを読むread more

「暮の坂」と「御手水の森」

梅雨も後半に入ったと思った途端に中休み。わが家は七月盆なので、送り盆のための墓参りの準備を済ませた後、1時間程ポタリング。加藤清正関係の史跡なら、大概廻ったつもりであったけど、地元ケーブル局の番組「ひご散歩」で、下硯川に「暮の坂」という史跡があるのを紹介していたので、探しに行った。場所は西里小学校近くの、県道31号線(熊本田原坂線)と県…

続きを読むread more

清正公にまつわる女性たち

10日振りくらいに雨が止んで、朝からサイクリングに出かけようとしていたら、夫婦喧嘩が始まり、一旦休戦状態に入った頃には家の前の舗装道路も乾いてきたのでサイクリングに出かける。 時間もあんまりないので、本妙寺まで上がり、あとは横手、川尻を廻った。今月の23日は加藤清正の命日。清正公を祀ってある本妙寺では経を納めて供養をする頓写会(と…

続きを読むread more

明治天皇の足跡めぐり

元号が令和に代わって、ちょっとショックだったのは遂に天皇陛下が自分より年下になってしまった、と言うこと。 そんな令和天皇の4代前の明治天皇が熊本に残した足跡が市内のあちこちにあるので、ちょっくら廻って来た。 明治天皇が熊本へお越しになったのは明治5年(1872)と明治35年(1902)の2回。 最初の巡幸は明治5年の西…

続きを読むread more

熊本のムスリム

わが家の近くには学園大学や東海大学、その先には熊本大学の留学生寮などもあるので、自転車で走っていると異国の人をよく見かける。 10年ほど前からは、頭に布を被せたムスリムの女性の姿を目にするようになってきた。 わたしの自転車通勤路「Bコース」の途中の旧・竜神橋の近くには、そんな熊本に住むムスリムたちの施設がある。 前身と…

続きを読むread more

堀内豊秋大佐伝

連休なんだけど、時間がとれずに、昨日と今日で近場をポタリング。 四方寄(よもぎ)町にある「御馬下の角小屋(みまげのかどごや)」は、江戸時代に同地で質屋や酒屋を営み、庄屋をしていた堀内氏(養子縁組で一時「赤木氏」)の住宅であるとともに、豊前街道を往来する細川・島津などの大名が休憩所として使用したお茶屋の跡であり、歴代薩摩藩主の他、篤…

続きを読むread more

富合・宇土・川尻ポタ

熊日新聞に付いてくる情報誌「あれんじ」の最新号の特集が「宇土市」で、お寺の天井絵の事が描いてあったので見に行くことにする。 午前9時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、いつものように中の瀬橋を渡って加勢川の左岸を西へ進み、釈迦堂橋方面へ左折して県道182号線を南下。 宇土に入る前に寄り道して木原不動尊の奥にある六殿宮へ。 …

続きを読むread more

「草枕の道」ライド

高校の同級生で、教職の傍ら夏目漱石の研究を続けてきたM女史は、その功績が認められ、現在、天水町にある「草枕交流館」の館長をしている。さらにM女史は偶然にもわたしの家内と同じ大学の同窓生で、この度、その大学の同窓会の熊本支部会の主催で「草枕」の講演会をするというので聴きに行く。 講演会の場所はその「草枕交流館」で、家内を含む参加者の…

続きを読むread more

熊本市内 天井絵ポタ

震災で全壊した神社を再建した際に天井絵や絵馬を新調したことを先日、地元局のテレビのニュースで報じていたので見に行くことにする。 午前11時頃、クロモリロードバイクで出発し、途中で昼飯と用事を済ませ、北バイパスを走り、(北バイパスの髙い橋から)国道3号線を少し北上して左折し、坂を下りてゆうかファミリーロードに入り、熊本市北区硯川町の…

続きを読むread more

続・道路の起点めぐり

大正時代の国道は、全ての起点は東京(日本橋に置かれた道路元標)だったが、現在の国道は、路線名(番号)や重要な経過地とともに起点と終点が決められている。 熊本県内には23本の国道が走っており、その中で熊本県内に起点があるものが9本。 その中でも、わが家から一番近い起点なのが国道208号線なので行ってみる。 全線4車線化が…

続きを読むread more

道路の起点めぐり

グーグルマップで熊本市街地を調べていたら、白川公園に「熊本市道路元標」という史跡があることに気づいたので行ってみる。 朝6時頃にクロモリロードバイクで出発し、明午橋を渡って、白川公園へ。 国道3号線に面する入口のところにちゃんと立っていた。 側面には「大正十三年三月建設」と彫られている。 ここらは小さい頃から数え…

続きを読むread more

有給消化の夏季休暇

有給休暇を消化しないといけないとかで、何年ぶりかに今日1日だけの夏季休暇をとったのは良いけれど、女房は東京に遊びに行ってるし、こちらは雑用も色々あるし、何せ予報が酷暑日なので朝のうちだけ走る。 午前6時半頃、クロモリロードバイクで出発して金峰山にでも上ろうかと新屋敷の大井手沿いを走っていると、脚が何となく重い感じだし、このまま水辺…

続きを読むread more

「寂心さん」経由「あんたがたどこさ」ポタ

今日は色々と用事もあるけれど、週末雨予報なので、少しでもロードバイクで走ろうと練習がてらに金峰山へ。 藤崎八幡宮経由で県道1号線、県道31号線を走り、貢町から「ゆうかファミリーロード」を走るり、硯川で県道32号線を横断して「ゆうかファミリーロード」を外れ、「寂心さんのクスノキ」へ。 今年4月15日に放映された「所さんの目がテ…

続きを読むread more

カタルパ花めぐり

4~5年前になるだろうか、上熊本から田原坂方面へ県道31号線を走っていた時、県道113号線との交差点にある案内板で「カタルパ」という名前の樹があることを知った。 「日本一のカタルパの樹」があるという菱形小学校の運動場をたまたま訪れた時、大きなカタルパの樹に少しだけ花が咲いていており、近くに立っていた看板には、カタルパという樹が日本…

続きを読むread more

現代版の「活人形」ライド

折角の休みなのに色々と用事が入ったので、その前に早起きして3時間ほどぶらぶらとサイクリング。 前回、有形文化財の「生人形」を見たので、今朝は市内の街角の、活き活きとした「活人形」を写真に収めた。(北熊本SAの近くの高速道路沿い) 改寄町の中山商店(リサイクル)の前のいつも気になるお兄さん。 植木町の藤本商事(畳屋)…

続きを読むread more

喜三郎の「生人形」めぐり

高平にある浄国寺で毎年4月29日に開催される「松本喜三郎墓前祭」の案内状が京町の実家に来ていた。 松本喜三郎は江戸時代末期から明治時代に活躍した人形師で、その作品は生きた人間と見まがうほどだったので、「生人形(いきにんぎょう)」と称された。 喜三郎が生まれたのは、熊本の井手ノ口町(現熊本市迎町)。地蔵祭りの造り物に心を奪われ…

続きを読むread more

坪井川歴史散策

折角の好天なので、どこぞへロングライドに行きたいところだけど、家内の実家のある高橋町へ行かねばならない用事ができたので、ついでに坪井川を河口から街中まで辿る事にする。 河口までは金峰山を抜けて行こうと言う話を、昨日職場でしていたところ、同僚のピナ朋が便乗。 と言う訳で、午前7時半に鍛冶屋のセブンイレブンで待ち合わせ、(筋向か…

続きを読むread more

「困った時の神頼み」ポタ

週末は雨模様なので、今日のうちに自転車で「困った時の神頼み」に出かける。 というのも、50歳になる頃から顔にシミが出来始め、近年、そのいくつかが盛り上がって来た。 皮膚科の女医さんに診せると、「『脂漏性角化症』、いわゆる『年寄イボ』です。」とのこと。 と言う訳で、酷くならないように、お参りに行くのだ。(八景水谷近くの坪…

続きを読むread more

「やんぼしづか」めぐり

わたしが生まれ育った熊本市京町から北へ1.5㎞ほど行くと「山伏塚(やんぼしづか)」がある。 熊本城築城の際に、地鎮祈祷に呼んだ山伏を、城の秘密を知り過ぎたからという理由で殺してここに埋葬したと伝えられている。 自転車で熊本県内をあちこち走り回っているうちに、合志市須屋で「山伏塚児童公園」なるものがあるのに気がついた。 …

続きを読むread more

カレーとマンガと絵本とカレー

このところ、休日も仕事絡みの用事が多くて、まとまった時間がなかなかとれない。 今日も空いた時間をみつけて自転車でポタリング。 まずは朝から職場でひと仕事終わって、5㎞程離れたカントリーパークへ。ラジオでカレーのイベントをやると言っていたので、やってきた。熊本市内に100くらいあるカレー店の中から10店ほどが出店して、客の投票…

続きを読むread more

「阿部一族」めぐり

森鴎外の短編小説「阿部一族」は熊本藩主・細川忠利(ただとし)公の病没の際に君主の許しを得ずに殉死した家臣とその一族の悲劇を通して、形骸化した武士道の掟の理不尽さを描いている。 この小説は、寛永20年(1643年)に起こった史実を元にしたものなので、小説に登場する人物や出来事の所縁の地を数回に分けて廻ってみた。 過去に撮っ…

続きを読むread more

「軍都」の痕跡探し

態本は1871年に鎮西鎮台の拠点が設置されて以来 、熊本鎮台、第六師団の本営が置かれ、維新直後から第二次大戦の敗戦に至るまで約70年間にわたって軍事拠点(軍都)であり続けた歴史を持つ。 (西南戦争当時の熊本鎮台司令長官・谷 干城) その中枢は熊本城およびその周辺に置かれたが、連隊の兵営や演習場のいくつかは私が住む保田窪の周辺に置か…

続きを読むread more

清正公に感謝!

冬の間、ほとんど坂を上っていなかったので、久しぶりに金峰山の山頂まで上って来た。 その道すがら本妙寺にある清正公像にご挨拶。 というのも、先日放映されたNHK・BSの「新日本風土記」が「熊本」で、それを観て、「肥後もっこす」のひとりとしての「清正公さん」への畏敬の念を改めて自覚した次第。 ちなみに、清正公像と言えば、わたし…

続きを読むread more

ぶらり上乃裏通り

土曜の午前中の仕事が終わって、熊本市現代美術館へ行く途中、「上乃裏通り」で昼飯を食う事にする。 熊本市の中心アーケード街・上通(かみとおり)の東側に平行に走る上乃裏(かみのうら)通り。 かつて商店街の路地裏で人通りの少なかったこの地区には30年ほど前から、古い木造家屋の味わいを活かした個性的な店舗が並び、昼夜を問わず多くの人…

続きを読むread more

マラソンの応援は小径車で

長崎関係の自転車仲間、および熊本の仲間が第7回熊本城マラソンに出場するので、昨夜は下通りの居酒屋で長崎組を囲んで前夜祭をし、本日は自転車仲間で応援しに行く。 意外に冷たい朝の空気の中、久しぶりに折り畳み小径車のBikeFridayのWorld Tikitに乗って江津湖畔へ。 水前寺江津湖公園の広木地区に集まったのは、みきたか…

続きを読むread more

女子駅伝と益城食堂

今日もまた生憎の寒さで、ボタ雪の降る中、ブロックタイヤに交換したシクロクロスで国体道路を走って熊本県総合運動公園にある「えがお健康スタジアム」へ。 RKK女子駅伝に今年も職場から2チームが出場するので応援に来た(応援に来ないと部下からのパワハラが怖い)。 降雪のためにスケジュールが30分ほど遅延して、まずは中学・高校の部。 …

続きを読むread more

八雲を「聖地巡礼」

数年前、宇土半島一周した時に、たまたま立ち寄った三角西港の「浦島屋」が、小泉八雲の短編小説「夏の日の夢」の舞台となっていた事を知った。 その後、しばらくしてその短編小説を読んでから訪れた「浦島屋」は、前回の時とは違う印象で、二階のバルコニーから小説の一場面を思い出しながら景色を眺めた。 そうやって考えると、最近の若い人達が「…

続きを読むread more

中村汀女ポタリング

京町の実家の母と木曜午後7時からのRKK「プレバト」の俳句の話をしていて、中村汀女さんの話が出た。 母は祖母とともに同窓生でもある中村汀女さんが主宰していた「風花」の熊本支部に所属していて、当時の思い出話などを興味深く聞いた。(実家にあった直筆の句) そこで母から聞いた話と、ネットでググった情報を元に昼飯の後、熊本市内の中村…

続きを読むread more

メタセコイア&刀削麺ポタ

昼からは雨予報なので午前中に市内をシクロクロスでポタリング。 熊本刑務所の横の裏道を抜け、新しい竜神橋を渡って、立田山の麓にある「森林総合研究所・九州支所」へ。 ここのアプローチにはメタセコイアの並木があったけど、(森林総合研究所 九州支所のHPより)残念ながら数年前にかなり短く切られてしまった。 いまでは十本ほどが完…

続きを読むread more