南区の干拓地めぐり

昨日と一昨日の黄砂飛来の影響がまだ残る朝、クロモリロードバイクで出かける。
DSC07240.jpg


流通団地の平成大通りの中央を流れる天明新川を辿って
DSC07236.jpg
南高江、川尻、さらに天明の干拓地へと進むと行き着く海路口(うじぐち)町が本日の目的地。
DSC07243.jpg


熊本市の南西部、白川と緑川の河口部に挟まれる地域は鎌倉時代から干拓が行われてきた。
埋立地.JPG
その干拓地の中でも南部の海路口地区には
海路口.JPG
江戸時代に藩直轄の事業の財源を目的とした農地開拓が行われた地区がいくつかあり、例えば、本邦初の藩校である「時習館」の運営のために開発された地区は「学料」と名付けられ、現在でも地域の名前としても残っている。
DSC07255.jpg


海を切り開いて造成した干拓地には、水神の化身でもある龍を祀る神社が造られる事が多く、
DSC07253.jpg
海路口町にもこの地区を水難から守るべく、三つの龍神社が造られてきた。
DSC07263.jpg
DSC07273.jpg


寛政の大津波ではこの干拓地でも多くの犠牲者が出た。隣町である川口町にある「良覚寺」には周辺地区で犠牲となった186名を弔う供養碑が建てられている。
DSC07250.jpg


昭和2年9月13日、推定風速55メートルの台風が有明海を横断し、未曾有の大潮害が熊本県の旧飽託郡、玉名郡、宇土郡の海岸を襲った。満潮時と重なり、潮位は高いところで20尺(6m)以上となった。
堤防を破壊し海水は場所によっては堤防から4500mの内陸までに及んだという。

熊本県全体で死者413名で2600 戸流失した。海路口地区での犠牲者は111名。

堤防の修復が終了した昭和5年には「復興記念碑」が堤防脇に建てられ、高潮での溺死者の法要が現在でも毎年この碑の前で行われている。
DSC07258.jpg


さて、その海路口地区を廻ってたら、海路口公園の近くの龍神社の横のトマト農家の庭先に無人販売所があったので立ち寄った。
DSC07264.jpg
店内にはトマトの自動販売機があり、
DSC07265.jpg
200円から20000円ほどの色々な大きさや色んな味のトマトやドライトマトなど、
DSC07269.jpg
栄養価にもこだわったというトマトが販売されている。
DSC07268.jpg


残念ながらサコッシュを持参してなかったので200円の甘い豆トマトを購入し、その場で堪能。
DSC07267.jpg


その後は、堤防道路に入って、
DSC07279.jpg
ノリ養殖の漁港を巡りながら、
DSC07277.jpg
ぼんやりと見える金峰山を眺めながら帰路を急いだ。
DSC07282.jpg


本日の走行距離:52.5㎞

海路口走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月31日 19:02
色々なテーマで歴史を巡り歩いておられますね!
あ!違いました!”巡り走って”ですね!!
そうそう、いつの間にか?熊本県はトマトの生産量(額?)が全国1なんですってネ!? ビックリです! いつの間に? どうして??
そういえば、私たちは小学校で『イチゴの生産は石垣いちごを作っている静岡県が日本一』と教わりましたが、今や、栃木県が52年連続でイチゴ生産日本一だとか!
う~んっ!世の中、分からないものですネ~!!
のぶ
2021年04月01日 07:58
宮星さん、こんにちは。
わたしの記憶では、熊本は春トマトの生産高が日本一だと思います。数年前のテレビ番組では八代にある巨大な集荷場が紹介されその時は最盛期には一日に二十万個(くらい)のトマトの出荷をしているといってました。
宇都宮と浜松の”ギョーザ戦争”のように、日本一の座を狙って頑張るライバル達がどの分野にもいるでしょうから、その座を守るのも容易ではないと思われますね。