初めてのチュウ!

花冷えの朝、
DSC07221.jpg
クロモリロードバイクで白川沿いの道を走り、
DSC07222.jpg
いつものように太郎迫から金峰山に上って、
DSC07225.jpg
(梨の花)
一の岳の西側の山麓にある平山の集落へ。
DSC07228.jpg


今日の目的は、ブッチャーKさん情報の史跡探し。集落の南側の入口に
DSC07231.jpg
「神風連腹切場」の石碑を発見!
DSC07229.jpg


神風連関係の史跡でまだ訪問してなかったものだった。

目的を果たして、満たされた気持ちでパイロットロードを松尾方面へ下る。
DSC07234.jpg


1週間ほど前になるが、新型コロナウイルスのワクチン(ファイザー社製)を接種してもらった。
筋注.jpg


注射液の中に入っているのは新型コロナウイルスの遺伝子の暗号を解読して得られた、ウイルスのイボイボ(スパイク)
cov2.jpg
の部分の設計図となる「メッセンジャーRNA」を脂質のナノ粒子で覆ったもの。

「ワクチン」と言えば、これまで毒性の弱い生ワクチンか、不活化ワクチンと相場が決まっていたが、遺伝子解析および遺伝子操作技術の進化で、全く新しいタイプのワクチンが初めて人類に使われるようになったのだ。

さて、わたしの左の三角筋の中に注入された「メッセンジャーRNA」の多くはあっと言う間に筋肉細胞の中に取り込まれて、その設計図通りに新型コロナウイルスの表面のスパイクを造って細胞の外に放出する。
ワクチン筋注.JPG


放出されたスパイクは自然免疫系の細胞に取り込まれ、その情報が獲得免疫系のリンパ球に伝えられて、新型コロナウイルスのスパイクに対する抗体が造られる。また、ウイルスが感染した細胞を丸ごと処理する殺し屋T細胞も形成される。
免疫系の反応.JPG


ただし、1回のワクチン接種では十分でなく、2回の接種で迎撃態勢が整うことになる。
抗体の攻撃.jpg


さてさて、初めての新型コロナワクチンの、しかも初めての筋肉注射の、気になる副反応だが、わたしの場合、筋肉注射の後、5分頃から身体が少しボワーンとした感じになってその後から注射部位の痛みがジワリジワリとでてきた。

注射部位の痛みは打撲した時のようで、腕を上げたり、注射部位を抑えたりすると痛い程度。これがその日の夜から翌日の夜まで続いたがその他には数日倦怠感が軽くあった程度。

この時期にワクチン接種した人は副反応を報告しないといけないらしので、ネットで報告。
副反応報告.jpg


次は4月8日の接種になるが、2回目は高熱などの副作用の頻度が増えそうなのでどうなることやら・・・。

そんなことを思いながら白川沿いの道を走って帰った。
DSC07235.jpg


本日の走行距離:48.6㎞

金峰山走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月24日 19:10
もうやられたんですか?
いや神風連ではなく、綺麗なお姉さんでもなく・・・新型コロナのチューを!!
早いですね~!!
うちなど、まだ招待状も届きませんが!
のぶ
2021年03月25日 20:21
宮星さん、こんにちは。
少しだけ早目にワクチン接種済ませました。熊本では旧・化血研のKMバイオロジクスが作製した新型コロナの不活化ワクチンの治験が始まりまして、そちらの方を接種した方もいらっしゃいます。
初めての筋肉注射は思ったよりも後で痛かったです(笑)。