野焼きの後の俵山

先日の日曜日、家内と連れ立ってアスペクタの中にある「南阿蘇桜公園」に行った時、
IMG_0542.jpg
俵山周辺で「野焼き」が行われていて、昼過ぎになるとアスペクタの敷地内でも作業が始まった。
DSC07161.jpg
DSC07159.jpg
DSC07165.jpg


5mほど離れていても焼けるような熱さを感じる炎に、あらためて人と自然の営みを肌で感じてきた。
IMG_0533.jpg


そんなこともあり、今朝は野焼きの後の荒涼とした景色をあらためて堪能しに俵山峠まで行ってきた。
DSC07177.jpg
DSC07179.jpg
DSC07185.jpg
DSC07194.jpg
DSC07207.jpg


さて、阿蘇の草原を維持するまてに欠かせないこの「野焼き」は、平安時代の法律「延喜式」に阿蘇の牧野に関する記述が見られることから千年続いている「千年の草原」というような表現がよく使われてきた。
千年の草原.JPG


ところが、先週の金曜日にNHK熊本の番組「くまもとの風」で放映された「サイエンスZOERO」によると、
サイエンスZERO.JPG
野焼きが行われてきた土壌は、通称「黒ボク土(黒くて、ホクホクするような土の意味)」と呼ばれており、日本に固有の、火山灰と腐植からなる土壌とされてきた。
DSC07201.jpg
DSC07192.jpg
(下の方の茶色の地層は「赤ボク土」と呼ばれる)


阿蘇の草原の地表を調べてみると、火山性の地層の上に約1万3000年分の黒ボク土の地層があり、その黒ボク土の成分を詳しく調べてた結果、縄文時代の初めとされる約1万3000年前から野焼きが行われていた可能性が高いとのことだった。
均等年表.JPG


さらに調べてみると、黒ボク土とススキの組み合わせにより多量の炭素を土中に取り込んで大気中の二酸化炭素の軽減にも寄与しているとのこと。
DSC07200.jpg


そこで、本日わざわざサコッシュにて持参した移植コテで野焼きの地面を掘り、ススキの根をかき分けて黒ボク土を掘り出す。
DSC07197.jpg


このところ連日何十回もアルコール消毒ばかりしている手で黒ボク土の「ホクホク感」を感じて、遥か縄文時代から続く人と自然との関わり合いに想いを馳せた。
DSC07191.jpg


帰路、阿蘇くまもと空港に近づいた頃に、やっと青空が広がってきた。
DSC07209.jpg


本日の走行距離:60.6㎞

俵山走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月17日 18:39
阿蘇の野焼きはそんなに昔からやっているんですか!?
そんなに長い間やり続けて初めて、表層だけは作物が育つ土が出来るんですね!
人の営みって・・・凄いですね~!
野焼きというと、こちらでは全国ニュースでお騒がせした足利の山火事がやっと鎮火報告が出たばかりで・・・ドキッとします!
計画的な野焼きと、失火による山火事・・・大きな違いですね!!
のぶ
2021年03月17日 20:38
宮星さん、こんにちは。
足利の山火事、なかなか鎮火しませんでしたね。
野焼きの場合は、延焼を防ぐために、あらかじめ帯状にススキを切り倒したりしています。また、携帯型の消火器を背中に抱えてる人たちも何人かいました。それでもたまに事故がおこって亡くなる方もおられるようです。火は怖いですね。