体験!「新阿蘇大橋」

熊本大地震からやがて5年になろうとする3月7日に、被害の大きかった南阿蘇村の復興のランドマークとなる「新阿蘇大橋」が開通したので体験しに行く。

午前中の仕事を終え、昼食を摂ってクロモリロードバイクで出発し、いつもの様に通称「供合線」の県道145号線をひたすら東へ走り、瀬田から立野に上がる。
DSC07122.jpg


国道57号線に突き当たる前に右折し、アップダウンを走り上がり、
DSC07123.jpg
震災の1年4カ月後の2017年8月27日から重要な役目を果たしてきた「阿蘇長陽大橋」を渡る。
DSC07125.jpg


長陽大橋を渡った所でこれから目指す新しい橋を見上げ、
DSC07127.jpg
さらに坂を上がって交差点を左折して国道325号線に入り、少し走って新阿蘇大橋へ。
DSC07130.jpg


橋を渡る前に、まずは橋の袂の南側に造られている展望所「ヨ・ミュール」へ。
DSC07142.jpg
DSC07132.jpg
「よく見える」の方言の「よう見ゆる」から名付けたと県の発表があったけど、フランスの「ラ・ミュール」をモジったとも推測される。
ラミュール地図3.JPG
この「ラ・ミュール」はフランスアルプスに続く高原にあり、多くのトンネルや渓谷を跨ぐ多くの高架橋を走るトロッコ列車風の「ラ・ミュール鉄道」が有名。
ラミュール鉄道2.jpg
ちなみにこちらも2010年10月に土砂災害により一部の高架橋が崩落し、その後、再建された。
鉄道橋崩壊.jpg


さて、こちら「ヨ・ミュール」の展望所の他には、仮設団地に建設されていた集会施設「みんなの家」を有効活用した休憩所、トイレ、自販機、それに売店があり、
DSC07131.jpg
現在はジェラートの販売をしていたので、メニューの中から当店オリジナルの「和紅茶のジェラート」を頂いた。
DSC07143.jpg


「ヨ・ミュール」からの南郷谷、
DSC07137.jpg
先ほど渡った長陽大橋
DSC07135.jpg
などの眺めを堪能した後、いよいよ新しい橋へ。

「新阿蘇大橋」は、熊本地震で崩落した旧大橋から約600メートル下流の立野渓谷に架かる。
DSC07141.jpg


全長は525mで、国道57号線からの長さ180mのアプローチ部と、それに続く長さ345mの本体部の二つのパートに分かれ、黒川からの高さは約100mとなる。
新阿蘇大橋構造図.JPG


アプローチの部の斜面の直下には活断層があると推定されており、このため180mのアプローチ部の橋桁を115mの部と65mの部に分け、断層の上の65mの橋桁は、橋脚部の接合強度をわざと弱めて揺れが強い場合は橋桁がずれて、
DSC07138.jpg
揺れの力を逃がす仕組みとなっており、仮に橋桁が落ちるような場合にもこの65mの部だけに被害がとどまるために早期の復旧が可能だと言う。
DSC07129.jpg


橋の車道は比較的狭いし大型トラックもよく通るので、
DSC07145.jpg
自転車は南側にひとつ造ってある歩道を押して行くのが得策かと感じた。

両脇には割に高いフェンスがあるので、高所恐怖症のわたしでも、あんまりお尻がゾワゾワせずに渡ることができる。
DSC07146.jpg
DSC07149.jpg
DSC07148.jpg
(100m下の黒川)


本体部とアプローチ部の継ぎ目には免震構造と思われる部があり、
DSC07150.jpg
そこから先の65m区間が、いざと言う時には犠牲になる区間らしいので足早に通り抜ける。
DSC07151.jpg


やがて57号線に突き当り、そこからは車道に出て熊本市方面へ下り、左折して瀬田へ下って、来た道を戻る。
DSC07156.jpg


帰りは逆風がキツかったけど、自宅近くの保田窪放水路沿いでは気の早いソメイヨシノが数輪開花。
DSC07157.jpg


本日の走行距離:58.0㎞

走行拡大図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

みきたか
2021年03月14日 04:13
祝新阿蘇大橋開通!
この橋を渡ってから離熊とも思ったのですが、その機会はいずれ有るだろうと。
自転車乗りにとっては長陽大橋が震災前の静けさに戻るのが嬉しい。
これで北側復旧ルートも開通しているので阿蘇へのアクセスは震災前より便利になりましたね。
のぶ
2021年03月14日 06:59
みきたかさん、こんにちは。
まったく、その通りです!ただ、現在は新阿蘇大橋の開通直後で、「ヨ・ミュール」の眺めを楽しむ人も多く、渋滞してましたので、そのせいか、長陽大橋の交通量も予想していたより多かったです。おそらく夏休みを過ぎると落ち着くでしょう。
ヘイスティングス
2021年03月14日 18:32
のぶさん、こんばんは。
あ!早速行かれたんですね。新しい橋は、やっぱり走り心地が違うんでしょうね。それにしても、新阿蘇大橋も長陽大橋も高い!当然だけど笑。それと「ヨ・ミュール」、自分も「よう見ゆる」を連想しましたが、フランスのラ・ミュール鉄道との相似性には気づきませんでした。 
ヘイスティングス
2021年03月14日 18:40
連続コメント失礼します。
そういえば今日の午前中、熊本で強めの地震があったけど、大丈夫でしたか?
1008
2021年03月14日 21:01
さすがに行動が早いですね。
こちらは、もう少し落ち着いてから行こうかと思っていますが、
ヨ・ミュールは是非行ってみたいです。
しかし、他の阿蘇とはまた違った景色になりましたね。
のぶ
2021年03月15日 07:58
ヘイスティングさん、こんにちは。
長陽大橋は手摺だけでフェンスがないので大変怖いですが、それよりかなり高い新阿蘇大橋は高いフェンスがあるのでほとんど怖くないです(笑)。
あ、日曜の地震の時は車を駐車場に停めた時で、「ん?地震?」と家内に聞いた程度でした。最近もあちこちで地震が起きてますし、気を緩められないですよね、日本は。
2021年03月15日 22:59
おぉ!「新阿蘇大橋」開通!おめでとうございます!
ニュースで出ていましたね!
うわぁ~・・・橋桁が高いですね~!!
フェンスが高いのは、自殺の名所で有名な日光霧降の六方沢橋のフェンスと同じですね!?(^o^;;;
ん?六方沢のはもっと高いかも??
のぶ
2021年03月17日 20:28
宮星さん、こんにちは。
熊本地震の際に崩落した旧・阿蘇大橋は自殺する人が多くて問題になり、橋の赤い色のせいでは?とのことで、一度、青色だったかな?塗りなおしたけど、変化なく、また赤色になったいきさつがあったと記憶しています。
自殺予防のフェンスでしょうが、高所恐怖症のわたしには大変心強いフェンスです(笑)。