石に刻まれた「教訓」

明日で東北大震災から10年。

沿岸部では巨大津波によって数多くの方が亡くなったが、熊本でも200年ほど前に約5000人の犠牲者がでるほどの大津波があったので、その被害地のひとつ、河内町に行くことにする。

朝7時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、ゆうかファミリーロードを走って、
DSC07087.jpg
太郎迫から県道101号線を上がるいつものコース。
DSC07088.jpg


JA芳野から右折して、野出峠から有明海を眺める。
DSC07091.jpg


残念ながら「立入禁止」になってしまった「ナルシストの丘」に立ち寄って、
DSC07094.jpg
その少し手前から激坂を下り、
DSC07095.jpg
聖ヶ塔病院のところにおりて左折して河内町船津へ。



寛政4年(1792年)4月1日、島原の眉山の斜面が崩れ、膨大な量の土砂が海に流れ込んで大津波が肥後藩の玉名郡から宇土郡までの海岸線を襲った。
DSC02275.jpg
(眉山の斜面はその時の崩落のために大きく窪んでいる)


被害の酷かった船津村の蓮光寺の
DSC07099.jpg
本堂も津波で流され銀杏の樹だけが残されていた。
DSC07101.jpg
(寛政の大津波を経験した大銀杏)
再建された山門の脇には供養塔が建てられ、
DSC07097.jpg
この周辺で765名の溺死者が出たことが刻字されている。
DSC07098.jpg


当時、鹿子木村(現在の熊本市北区鹿子木町)の庄屋、鹿子木量平は被害を受けた船津にかけつけて生存者に聞き取りを行い、死者やけが人の把握に奔走した。
量平.jpg
その後の調べでは死者は島原で1万人、肥後熊本でも5千人に及ぶ災害であったことが判った。

量平は「被害の大きかった船津村に、この出来事を忘れることがないように石碑に刻み、多くの人が行き交う道路沿いに建立しよう」と思い立ち、津波襲来から3年後の寛政7年(1795年)、ついに「津波教訓碑」が完成。
DSC07107.jpg
(左が津波教訓碑、中央が津波の犠牲になった個人墓、右が石灯籠の竿石)


石碑の四面に刻まれたその教訓を現代語に訳して要約すると、
DSC07109.jpg
「海岸に寄せ来る津波の音に驚いて、逃げ出そうとした者のうち、船を繋ぎに行ったり、家財を取り出そうとして命を亡くした者も多かった。何事にもこだわらず、速やかに逃げた者は助かった。もしも後の世に同じような津波が襲った時は、すべてのことに優先して、ただお年寄りを助け、幼い子どもを連れて直ちに避難しなければならない。かねてより逃げ道を確かめておき、いざという時になって迷うことがあってはならない」
DSC07104.jpg


5年前の熊本地震の際に、周辺の沿岸部に高さ1mの津波警報が出された時も、多くの住民が量平の残した「教訓」の通りに連れ立って蜜柑山の坂を駆け上がった。

さて、その後、量平は益城郡杉嶋手永の惣庄屋に任命されたのを初めとして、何カ所かの惣庄屋を歴任した。特に文化元年(1804年)、52歳の時に、現在の八代市鏡町が含まれる野津手永の惣庄屋となった際には、八代海を埋め立てて新しい広大な農地を拓き、「干拓の恩人」として,八代市鏡町の文政神社に祀られている。
文政神社.jpg



河内町からは県道101号線、
DSC07112.jpg
県道1号線を走って鳥越峠を越えて、長い下りの途中に立ち寄った本妙寺の本殿横には宝篋印塔型の「津波供養塔」がたっている。
DSC07115.jpg
DSC07116.jpg


大津波の後、多くの被災民の鳥越峠を越えて城下へと集まってきており、被災民の救済を行なった城下古町の友枝太郎左衛門とその弟が願主となって造立した。
DSC07117.jpg


色々な救済が藩をあげて行われていたことも石碑が物語っている。
DSC07119.jpg


なお、寛政大津波についてもう少し詳しく知りたい方は、こちらと、こちらの過去記事をどうぞ・・・。

本日の走行距離:48.7㎞

寛政津波走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2021年03月10日 22:19
<熊本でも200年ほど前に約5000人の犠牲者がでるほどの大津波があった>んですか!? しかも河内町で!?
どうりで・・・
私が子供の頃、学校で『大きな地震が来たら津波が来るからすぐに高い所へ逃げろ』ときつく教えられたものです。
今から50年近く前ですから、当時は大津波から”まだ150年しか”経っていなかったんですね!?
私たちは特別に津波教育を受けていたんですね!?
3.11大震災の時、逃げずに津波に飲み込まれた人がたくさんいて、「あんなに大きな地震だったのに、なぜ逃げなかったんだろう?」と不思議でした。
ん?でも・・・三陸は何度も津波でやられた歴史があるので、津波教育していた筈ですよね?
どうして逃げなかったのでしょうね???
1008
2021年03月10日 22:44
眉山が崩れて海まで到達したと聞いても、海岸までそれなりの距離は
あるし、到達しても大した事は無いような気がしますが、
これだけの被害が出たのですね。
自然に対する人間の力など、ホント微々たる物だと改めて知らされます。
昔の人は、災害による被害を繰り返さないように、言い伝えや記録を残していますが、それらを忘れたり、気にしなくなったのは残念です。
ヘイスティングス
2021年03月10日 23:04
熊本にも津波に襲われた過去があったのですね! 初めて知りました。それも、有明海を挟んだ島原の眉山の崩落が起因していたとは。 以前、大牟田から、高速船で有明海を横断して島原に渡ったことがあるのですが、あの海がグワワワーッと盛り上がって熊本に押し寄せたわけですよね…ちょっと怖いですね。
のぶ
2021年03月11日 08:02
宮星さん、こんにちは。
金峰山の中腹から島原半島を眺めて、あの対岸の山の一部が崩れて海になだれ込んだとしてもこちらの海岸に大津波が押し寄せるとは予想しにくいですよね。
それが自然災害の難しいところでしょうね。
でも、宮星さんの故郷の金峰山の山麓では、やっぱりその時の教訓が活かされていて、学童にも避難の習慣づけがされていたんだと思います。
のぶ
2021年03月11日 08:09
1008さん、こんにちは。
1008さんは危機回避能力が高そうだから、そう言う教訓を忘れても大丈夫そうな感じです(笑)。かく言うわたしも、熊本地震からしばらくは、次に大きな地震が来ても大丈夫なように倒れやすい物は置かないなどの注意を払っていたのですが、今では、震災前と同じような室内になってしまいました。お恥ずかしい話です、はい。
のぶ
2021年03月11日 08:14
ヘイスティングさん、こんにちは。
わたしも、10年ほど前でしょうか、自転車で宇土半島一周をしていて、たまたま見かけた案内板に導かれて訪れた網田の「寛政大津波供養碑」の説明文を見るまでは熊本にそんな災害が起こっていたとは知りませんでした。
それまで誰も教えてくれなかったと思います。災害で得た教訓を伝承することの難しさを感じますよね。