新春「うしうし」ライド

今年は丑(うし)年。
DSC06703.jpg


そこで、走り初めは「丑」や「牛」に因んだ場所に行くことにする。
DSC06704.jpg


まずは玉名市の横島干拓地。
DSC06706.jpg


加藤清正公の統治以来、昭和期まで行われた横島干拓の、明治期に行われた干拓事業の遺構のひとつに明丑堤防(めいちゅうていぼう)がある。
DSC06708.jpg
案内板.JPG
(以前はあったこの案内板は紛失していた)

高さ約5mの石積みの堤防が延々と続く様は万里の長城(写真でしか見たことないけど)のミニチュアの様で、
DSC06714.jpg
この堤防に続いて明治期に築かれた「明豊」、「末広」、「大豊」の三つの潮受堤防や「六枚戸」などの樋門とともに熊本県の重要文化財に指定されている。
DSC06711.jpg


明治22年の丑年に着工されたため「明丑」と名付けられたこの堤防は昭和42年(1967年)の「国営横島干拓事業」の完工により、約80年間の長きに渡った第一線堤防としての役割を終えたが、この堤防に囲まれた地は「明丑区」と呼ばれて現在に至っている。
DSC06715.jpg


ちなみに明治22年のひと回り前の明治10年は、西南戦争が勃発した年であり、その年の干支の「丁丑(ひのと・うし)」に因んで「丁丑戦」などとも呼ばれ、県内の史跡にも「丁丑」の文字が彫られていた。
DSC06695.jpg
(薩軍側に加わった「熊本隊」出陣の碑)

DSC06689.jpg
(熊本隊の野戦病院となった御船の法光寺の慰霊碑)



さて、もう一方の漢字の「牛」の字は身近な動物だけに、人の名前の他にも
DSC06699.jpg
僧侶の法名にも使われており、
放牛地蔵.jpg
また、わたしの実家の近くの坂の名前にも使われている。
DSC06702.jpg


また、「牛」の字のつく熊本の地名なら「牛深」がまず頭に浮かぶけど遠すぎるので、横島干拓地からさらに西へ。県内初のクラスターが発生した事業所
DSC06719.jpg
のある長洲町を抜けたところにある荒尾市の牛水(うしのみず)へ。
DSC06720.jpg


「熊本県地名大辞典」によれば、この辺りは地下水が豊富なことがこの名前に繋がったとのこと。
DSC06725.jpg
DSC06722.jpg



ちなみに「丑」という字には「からむ」という意味があり、芽が種子の中で伸びることができない状態を表しているという。そのため丑年には「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」を表す年になると言われているとか。

今年がそんな一年になるといいけどね。
DSC06726.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年01月03日 22:07
昨年12月7日に兄が急逝して喪中なものですから、年賀の挨拶は控えさせて頂いていますが・・・今年もよろしくお願いします!m(^o^)m
3枚目は下有所地区の実山でしょうか?
子供の頃は唐人川の傍で鮒釣りしていました。かつては菊池川の河口が唐人川だったとか?聞いたような??
横島に”丑”のつく地名があるなんて、知りませんでした!
今年は良い”丑年”になって欲しいですね!!
みきたか
2021年01月04日 05:57
新年おめでとうございます。
昨年に続いて干支にちなんだ初ライドでしたか。
丑年は「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」になると言われているんですね。
”コロナに耐えてその後の発展へ繋げて行こう!”って感じかな。
本年もよろしくお願いします。
のぶ
2021年01月04日 22:07
宮星さん、今年もよろしくお願いします。
2枚目の写真は小天の丘です。実山は写真を撮った場所の背後の右後方1㎞くらいにあります。実山周辺は宮星さんにとってはご近所でしょうから色々と懐かしい思い出がありそうですね。
横島干拓地は広大で、色々な歴史があり、冬場は真鶴の渡りもあり、見どころ満載ですよ。
のぶ
2021年01月04日 22:12
みきたかさん、今年もよろしくお願いします。
今年は初日の出ライドができませんでしたので、せめて干支に因んだところへの初ライドと思いたち、行って見ました。しかし寒かったです(笑)。
今年が「丑」のもつ意味合いになればよいですが、不安が一杯です!
にしひがし
2021年01月07日 14:42
ジャパンマリンユナイテッドって、旧日立造船ですね。中学の時に遠足(工場見学)に行きました。その当時は、日本の造船業界は、世界を席巻していましたが、今では、韓国/中国におおきく、負けております。自動車業界もそうなるのではと、ヒヤヒヤしております
のぶ
2021年01月07日 21:11
にしひがしさん、こんにちは。
旧・日立造船へはわたしも何度か見学に行きました。当時、世界最大級の造船クレーンを有することで有名にもなりましたが、あれから約半世紀・・・。世界の趨勢は常に変化して行きますね。自動車産業の日本の基幹産業。これが凋落するときは日本が真に凋落するときなのでしょう。そんな日が来ないように是非おねがいしますよ、にしひがしさん!
2021年01月10日 23:28
今年もよろしくお願いいたします。
は~、勉強になりました。長洲の日立造船は昔父とよくハゼ釣りに行ってました。
今度横島干拓を見に行って色々調べてみます!
のぶ
2021年01月11日 10:06
かくびんたさん、今年もよろしくお願いします。
横島干拓地は「いちごの産地」のイメージしかなかったのですが、歴史的にも面白いものが色々ありますし、今の季節、鶴も観ることができるかもしれませんね。
以前は、島原へ行く時は長洲のフェリーを必ず利用したものですが、熊本港ができてからは脚が遠のいてしまいました。
にしにがし
2021年01月11日 17:39
私事ながら、にしにがしの心は、すでに、自動車業界を離れております。めざせ、世界最小の航空機メーカー!従業員、1名!爆笑
のぶ
2021年01月14日 07:19
にしひがしさんへ。
あー、そうでしたか。長年のお勤め、お疲れ様でした。以前から「自動車の次は飛行機」とも言っておられたので、今後はさらに2機目、3機目の飛行機製造を期待しています!