ちょっぴり御船町

昨日のことだけど、昼食後の僅かな時間に御船町までサイクリング。(嘉島町の浮嶋神社で定点撮影) 御船町は「恐竜の町」として知られているけど、その他にも史跡が多く、また数々の石橋も見どころのひとつ。(門前川眼鏡橋) そんな中、戦国時代の生涯無敗の武将、甲斐宗運に関する史跡でまだ見てなかったものを中心にポタリング。 まずは木…

続きを読むread more

ポンプヘッドの交換(airbone zt-a15)

わが家にある二つのフロアポンプのうち、「GIYO Air Supply」という空気入れのポンプヘッドのパッキンが劣化したらく、タイヤに空気を入れる時に空気が漏れるようになってきた。 もうひとつのフロアポンプに付けているポンプヘッドが「ヒラメの縦」なので、次は「ヒラメの横」にでも交換しようかと思ったけれど、どうせなら違う物をと思って…

続きを読むread more

ぶらり甲佐町

今日も気温が低いのでちょっとだけサイクリング。甲佐町の利水・水害関係の史跡を見に行くことにする。 いつものように出水ふれあい通りを経由して中ノ瀬橋、めど町橋を渡って緑川沿いの道をひたすら走って甲佐へ。 まずは東寒野地区に進んで鵜ノ瀬堰へ。 慶長13年(1608)に完成した、清正公の緑川治水工事の一つで、堰の位置や形を夢…

続きを読むread more

寒さで手先が痺れるもんで・・・

この冬最初の冬将軍がやってくる前の12月14日の晩、通勤用のロードバイクのハンドルカバーを自作した。 ロードバイクのハンドルカバーの既製品は2種類あって、どちらも高性能なんだけど結構なお値打ちで、実際見てみると大きい。 そこで自作することにしたのだ。 参考にしたのが、「ニーハイやけ」という自転車ブログで、あとで気が付い…

続きを読むread more

メタセコイアめぐり

紅葉シーズンも終盤を迎え、メタセコイアが目立つようになってきた。 このブログにいつも元気玉やコメントをいただく宮星さんのブログ「ミャーの星」で栃木中央公園の見事な紅葉の様子がレポートされていて、中でも大池の畔のメタセコイヤの見事さに眼を奪われてしまう。 熊本には残念ながらインスタ映えするような大規模なメタセコイヤの並木はない…

続きを読むread more

わさんたらんかライド

陽が射すのを待って午前8時30分過ぎ、カーボンロードバイクで出発し和水(なごみ)町を目指す。 坪井川沿いの道を北上し、左に折れて国道3号線に出て、県道3号線に入り北上していると早く着き過ぎるので、県道55号線を左折して霜野の集落のふたつの六地蔵の安否確認。(霜野六地蔵) 霜野日吉宮の前にあったものは地震で倒壊したため少し離れ…

続きを読むread more

馬見原から高森へ

5~6年前だったか、地元銀行のカレンダーに「竿渡(さおわたり)滝」というのが載っていた。 江戸中期の寛政5年(1793年)ごろに、第八代藩主の細川斉茲(なりしげ)が隠居後、細川藩の絵師数名によって主に肥後藩の名勝地を描かせた「領内名勝図巻」の中に描かれていて、山都町の馬見原にあるらしい。 ただし現地に案内板なども全くないらし…

続きを読むread more

美里町の石橋めぐり

先週末に見た「耶馬渓橋」に触発されて美里町の石橋を見に行った。 いつもと同じく、まだ暗い時間帯にクロモリロードバイクで自宅を出発し、中ノ瀬橋、めど町橋を渡って左折し、緑川沿いを走って、甲佐を抜けて美里町に入り、水路橋を中心に大小5つの石橋を廻った。 大きい順から紹介すると、まずはお馴染、「霊台橋(れいだいきょう)」。 …

続きを読むread more