「終戦の日」の夜ポタリング

「終戦の日」の今日も暑い一日だった。

陽が落ちてからクロモリロードバイクで出かけて夜の街をポタリング。
20200815_195208.jpg


新町から坂を上って藤崎台球場の横にある熊本県護国神社へ。
20200815_195838.jpg


先の大戦での県関係の戦没者を始め、自衛官、消防員など公務で殉職した英霊を祀るこの神社では毎年終戦の日に「英霊追悼祭」が行われ、夜は境内の提灯に火が燈る。
20200815_200004.jpg


今年は戦後75年。戦争経験者が人口の2割を切ったとテレビのニュースで言っていた。わが家の戦争経験者も14年前に父が、そして今年母が亡くなり戦争経験者はいなくなった。
20200815_200148.jpg


広島県安芸郡熊野町出身の父は昭和15年に熊本医大を卒業。直ちに第六師団に入隊し、軍医として南方諸島および中国大陸を転戦。
Yukio001.jpg
幾度かの死線をくぐり抜けて満州で終戦を迎えた。
Yukio003.jpg
その後、シベリアへ4年間抑留されて帰国。
シベリア抑留.JPG
しばらく広島の実家で暮らした後、大学時代の恩師から呼ばれて熊本に戻り、結婚をした際に妻側の姓に改姓した。父は旧姓を「猫屋田」と言い、小さい頃から「ネコ、ネコ!」と呼ばれてからかわれたので、わが子にはそういう思いをさせたくなかったのが改姓の理由らしい。
いじめ.JPG


話は戻って、シベリア抑留中、収容所では強制労働に加えて共産主義化教育も行われており、抑留者の間では密告や吊し上げが横行した。共産主義者に組しなかった父は帰国が遅れ、
凍りの手.jpg
先に帰国することになった埼玉出身のFさんに、自分の使って来た飯盒を渡し、「広島の家族に自分が無事でいることをこの飯盒と共に知らせて欲しい」と連絡先も詳しく伝える時間もないままに慌ただしく依頼。ところが、Fさんは帰国後の社会の混乱や生活の多忙さから、飯盒を送り届ける機会を失ってしまっていた。それから70年余り経った昨年の秋、Fさんの家の整理をしていた息子さんが、物置の中から古ぼけた飯盒を発見。事情を聞いて、その飯盒に刻んである名前の「猫屋田」をネット検索したところ、広島県安芸郡熊野町にしかない希少な姓と判明。そこで熊野町役場宛てに手紙を書き、その手紙が熊野町在住の従兄のところを経由して、熊本のわたしのところへ送られてきた。
20200815_202938.jpg


こうして、「猫屋田軍医」の息子のわたしと、飯盒を託されたFさんの息子さんとが連絡を取り合い、今年の2月の半ばに無事、「家族の元」にその飯盒が戻された。
飯盒授受.jpg

ちなみに、シベリアから帰還後、紳士服の店を開いたFさんは96歳の現在もお元気で、その後「猫屋田軍医殿」も無事シベリアからの帰還を果たし、姓は変わったけど91年の人生を全うした事を知り、「長年胸につかえていたものがスッキリした」との事。

亡き父とともに波乱の運命を歩んだ「帝国陸軍の飯盒」を手にしながら、「今後は我々の世代が戦争を語り継がねばならない」と感じた。
飯盒.jpg


なお、本文中のシベリア抑留のイラストは「凍りの掌(て)」より。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ナワ
2020年08月16日 07:18
映画になりそうな素敵なお話ですね。
私も先日都内ポタリングで靖国神社へ参拝してきました。また昨年90歳で亡くなった父の初盆で、故郷の岐阜へ墓参りに行ってきました。
のぶ
2020年08月16日 08:12
ナワさん、お久しぶりです。
おつ!ナワさんところも初盆でしたか。終戦記念日がお盆と同じ日っていうのも、何と言うか、絶妙ですね(うちの母方は七月盆ですが)。
戦時中を過ごした方々は皆さん、何かしらの「ドラマ」をお持ちですが、戦後70年以上も経って、こんな感じの「ドラマ」が待っているとは戦争経験者ではないわたしも思ってもみませんでした。
みきたか
2020年08月16日 18:24
名前が刻まれた「帝国陸軍の飯盒」、ドラマですね。
私の父は大正11年生まれで13年前に他界しました。
戦時中の事は殆ど話さなかったです。
思い出したくないんだろうと思い私から尋ねる事も無かった。
兄から聞いた話では確か衛生班で満州から引き揚げたとの事。
のぶさんのお父さんともしかしたら接点があったかもです。
のぶ
2020年08月16日 20:21
みきたかさん、こんばんは。
私の父は大正3年生まれなのでやや歳は離れていますが、ひょっとすると接点があったかもしれませんね。わたしの父は戦時中や、抑留時代のことは特に酒が入ると時々話していました。ややホラ拭きなところがありましたので、どこまでが本当か、疑わしいと思う事もありましたが・・・。しかし亡くなってしまうと、もう少しこちらから聞いて置けばよかったなあと思う事もしばしばです。
1008
2020年08月16日 22:48
戦争の時の話しは祖母から聞いた事はありますが、戦地には行っていないので、
空襲やらの話しが主でしたね。
今では体験した方も高齢になって、当時の話しを伝えるのも難しくなって来たのが残念ですが、このまま戦争を知らない世代が続いて欲しいと願います。
のぶさんの名前、もしかすると猫屋田だったかもしれないと考えると、
何だか不思議な感じです。
のぶ
2020年08月17日 21:17
1008さん、こんばんは。
親の戦争体験を「語り継ぐ」と言っても、やっぱり経験者でないので、まったく違いますね。
わたしの姓がもし「猫屋田」だったら・・・やっぱり結婚の際に嫁の姓を名乗りたくなるでしょうが、もし嫁の姓が「犬屋田」だったら・・・!
2020年08月18日 22:34
凛々しいお父様ですね。私も祖父の軍歴を調べたいと思いつつ、止まっています。
備えは必要だと思いますが、戦争が再び起きないことを常に祈っています。
のぶ
2020年08月19日 08:25
かくびんたさん、こんにちは(ハンドルネームの無かった方のコメントは消去させていただきました)。
父はとても体格が良かったので収容所のソ連人監視兵からも「お前は日本人か?」とよく言われていたそうです。それからソ連人はドイツ語が解る人が多かったので、ドイツ語の読み書きができた父は割と重宝されたようでした。それでも何かあるとよく独房に入れられて特に冬場は非常に寒い思いをしたようです。
にしひがし
2020年08月20日 10:52
こんにちは。飯盒の話、感動的でした。惜しむらくは、お父さんがご存命の時に、とどけば、よかったですね。

南方諸島、中国を転戦し、さらに、シベリア抑留も乗り越えたお父様の強運を感じます

でも、最大の強運は、娘と息子に恵まれたことですね

ちなみに、軍隊の食事で、米というのは、最低だったようです。必ず、水が必要。炊くためには、火が必要。水が、あるところで、火を燃やすというのは、敵に、見つけてくれと、言ってるのだと同じです。アメリカ軍は、缶詰で対応したとのことです。
のぶ
2020年08月22日 10:39
にしひがしさん、こんにちは。
確かに父が存命中に飯盒が届いたら最高だったでしょうね。30年前くらいまでは抑留中の仲間の方々が度々父を訪ねて来てらっしゃいました。その方々も大方は亡くなってしまったようです。
なるほど、米食は戦地では不利なんですね。最近の各国の戦地食を紹介した本を見たことがありますが、各国それぞれに特徴があって面白かったです。