アートポリスな宇土イチ

久しぶりに宇土イチ(宇土半島一周)をしたくなったんだけど、宇土半島の海岸を走る幹線沿いには「くまもとアートポリス」の建物がいくつかあるのでそちらも廻る事にする。

朝4時過ぎにカーボンロードバイクで自宅を出発。
DSC05013.jpg


出水ふれあい通りから画図の田舎道を走り、中ノ瀬橋から加勢川沿いの道を下流へ走り、県道182号線を南下しウキウキロードを走る頃には東の空が白みだす。
DSC05015.jpg


宇土に入り、田舎道を走っていると東の空は朱に染まり、
DSC05020.jpg
やがて不知火町の公共施設群の中にあるアートポリスの「不知火文化プラザ(1999年)」へ。
DSC05024.jpg
美術館と図書館を内包するこの建物は神秘的な不知火をモチーフにしているとのこと。
DSC05025.jpg


近くのセブンイレブンで燃料を補給して国道266号線を西へ走り「道の駅 不知火」の辺りで太陽が顔を出す
DSC05033.jpg


まだ涼しい朝の空気の中、
DSC05038.jpg
気分よくペダルを漕いで、ひたすら西へ走って三角港へ。
DSC05039.jpg
(戸馳大橋が新しくなっていた)


三角港の「アートポリス」と言えば、通称「海のピラミッド」の「三角港フェリーターミナル(1990年)」がとても印象的で、いつも三角港に来るたびに眺めている。
DSC05044.jpg
DSC01623.jpg


しかし、その100mほど東に「海の交番」とでも呼ぶべきアートポリスの「漁業取締事務所(1998年)」と言うのがあるのを今回初めて知った。
DSC05040.jpg


調べてみると、「水産資源の回復と漁業者の安全・安心な操業を図るため、漁業法、水産資源保護法、熊本県漁業調整規則等に基づき、漁業違反の未然防止と漁業違反者の取締を行っている」とのこと。
DSC05042.jpg


建物の前の桟橋に停泊しているのが取締船の、中央が「あまくさ」、右奥が「ひご」、そして左側の小さい「ひかり」って言うのが「白バイ」ってところか。
DSC05043.jpg


これらの船の取締りの様子を想像しながら三角港を後にして、坂を上って国道57号線に入り、三角西港へ。
DSC05060.jpg


一週間ほど前の地元紙で、ここのリュウゼツランが50年に一度の花を咲かせていると書いてあったので、「龍驤館(りゅうじょうかん)」の方へ進んでゆくと、
DSC05059.jpg
その脇に植えてあるリュウゼツランから花芯が屋根のところまでのびて
DSC05057.jpg
花らしいものが咲いている模様。
DSC05058.jpg
回り込んで近づくと、下の方の花は散っている模様で、
DSC05054.jpg
一番上の所が開花しており、多くの虫が匂いに集まってきている。
DSC05050.jpg


花を咲かせるとその株は枯れてしまうそうで、所謂「死に花」を咲かせたリュウゼツランを少し可哀想な気持ちで眺めて
DSC05047.jpg
再び国道57号線を宇土方面へ。
DSC05061.jpg


路側帯のイボイボを避けながらしばらく走って「宇土マリーナ」へ。
DSC05063.jpg
ここの「宇土マリーナハウス(1998年)」は「マリーナの管理運営機能にマリーナパークへ研修などに訪れる人々のための機能を加えたもので、海を近くに感じられるようにドックシステムを望む位置に配されている」とのこと。
DSC05066.jpg
内部に入ると面白い構造をしているが、
DSC05067.jpg
ここの2階のオーシャンビューの貸店舗部はなかなか長続きしないのが残念。
DSC05065.jpg


この辺りで午前8時を過ぎ、
DSC05069.jpg
早くも陽射しが強くなってきたので、57号線をビャンビャン走り、
DSC05068.jpg
住吉神社の所から左に折れていつものように農免道路、次郎兵衛橋、平木橋と進み、
DSC05072.jpg
緑川沿い、加勢川沿いと走る。
DSC05074.jpg
中の瀬橋を経由して画図の田舎道から出水ふれあい通りを走って帰った。
DSC05075.jpg



本日の走行距離:97.9㎞

宇土イチ走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

こくろ
2020年08月10日 21:04
朝、早いですね。
自分には、とても無理です。
でも暑さを考えるとこの時間なのでしょうか。
熱中症には、気を付けて下さい。
たまには、ウトイチしたいなぁ。
のぶ
2020年08月10日 21:38
こくろさん、こんばんは。
歳とると朝が早くなってしまって・・・。特にこの日は前日昼寝したもんですから早くに目が覚めて予定より1時間ほど早い出発となりました。
お蔭でそれほど暑くならないうちに帰る事ができました。
もう少し気候が良くなったらゆっくりとご一緒しましょう!
たるお
2020年08月10日 22:11
真っ暗な時間からのスタート、ご苦労さまでした。
宇土半島一周は、20年以上前にやって以来で最近は車でもあまり出掛けなくなりました。57号線は交通量が多いので、出来れば走りたくないですが、朝早くで宇土方面に向かって走る場合は、それほどでもないのでしょうか。
のぶ
2020年08月11日 20:56
たるおさん、こんばんは。
夏の朝の暗い内は暑くなくって良いですが、その日のロードバイクには貧弱なライトしか付けてなくて、市街地は良かったのですが、田舎道になると路面の状態がよく分からずに神経使いました。道具ってやっぱり大事ですね。
宇土半島をロードバイクで行く時は路側帯の巾の点で時計回りの方が好きです。しかも夏の朝であれば、時計回りの方が交通量も少ないです。
2020年08月18日 22:17
暗いうちから釣具を積んだ自転車に乗り、宇土や松橋の溜池に向かっていたのは35年も前のことです。ゴイサギの鳴き声や明け方の景色、汗ばみながら日陰で食べた弁当、水筒の水を取り合って弟と喧嘩したことなど、全ての体験が瑞々しく鮮明に記憶に残っています。
三角は天草に渡る一歩手前の、終着駅でありながらワクワク感のある土地です。
良い写真をありがとうございました。
のぶ
2020年08月19日 21:27
かくびんたさん、こんばんは。
おー!かくびんたさんの小さい頃の思い出ですね。豊野から宇土・松橋にかけてはため池が多いですね。そんなところまで釣りの遠征に出ておられたとはすごいですね。わたしは自宅からそれぞれ1㎞ほどの井芹川や坪井川での釣り止まりでした。わたしの場合、三角方面へは仕事で行くことがあったくらいでしたが、まさか自転車でくるようになるとは15年前ほどは想像もしてませんでした。