「百年続きますように・・・♪」

サクラの花が終わりを告げ、
DSC02191.jpg
(わが家の近くの「保田窪放水路」)
通学生徒の姿が消えた通勤路では、バトンタッチするように白や薄紅色のハナミズキが花を咲かせている。
DSC02321.jpg
DSC02326.jpg
(北バイパス沿い)


この、サクラとハナミズキの関係を知ったのは、一青窈の「ハナミズキ」の曲の背景の事を聞いた時だった。
一青窈のハナミズキ.jpg


時は明治の終わり。訪日の経験のあるアメリカ人の中から「日本のサクラをアメリカの首都・ワシントンにも植えよう」という話が興って、それを聞いた当時のアメリカ大統領夫人ヘレン・タフト氏から大使通じて日本政府に寄贈の打診があった。
Image+of+Helen+Taft.jpg
(当時のファーストレディーのヘレン)


政府は当時の東京市長・尾崎行雄氏にこれを依頼。
尾崎行雄.jpg
(東京市長時代の尾崎行雄)


サクラの寄贈を託された尾崎は早速、サクラの木約2000本をアメリカに贈ったが、ワシントンDCに到着した頃には、おびただしい数の害虫が発生し、すべての焼却を余儀なくされた。
burning2.jpg
(焼却されるサクラ)


その3年後の明治45年(1912年)、尾崎は病害虫対策を十分に施した苗木3020本を再びアメリカに贈った。

その樹は今でもワシントンDCのポトマック河畔で見事な並木となっており、多くの人がサクラの花を楽しみに訪れている。
ワシントンDCの桜.jpg
ポトマック河畔.jpg


尾崎行雄が桜を贈って3年後の大正四年(1915年)、今度はアメリカ側から感謝のしるしとして、アメリカ原産であるハナミズキ60本が日本に届けられた。

当時、街路樹と言えばイチョウやポプラが主であったが、ハナミズキはそれらに比べ大きくならず、葉が茂って日陰を作りやすく、病害虫に強く、しかも手入れが簡単などの理由で街路樹として全国に広がり、民家の玄関先に植えられることも多くなっていった。
DSC02337.jpg


2015年には当時のアメリカ大使のキャロライン・ケネディーを招いて、アメリカから贈られたハナミズキの原木の残る東京都世田谷区の都立園芸高校で「ハナミズキ100年祭」が行われた。
100年祭.jpg


ところでこのハナミズキ、原産のアメリカでは「dogwood」と呼ばれており、その理由は諸説ある模様。
Dogwood.JPG
元々ネイティブ・アメリカンたちは、この丈夫なハナミズキの木材を串や短剣(dag)等に加工して使っていたので、「dagwood」と呼ぶようになり、それが「dogwood」に変化したと言う説が一般的らしい。

また、西洋では、ハナミズキについてこんな伝説がある。

ハナミズキは昔、太く丈夫な幹だったので、イエス・キリストを貼り付けにする十字架の材料にされた。ハナミズキの木はそれを深く悲しんだ。すると、復活したイエスが現れ、「もう二度と十字架の材料にされないようしてあげよう」と言われ、幹が太くならない木となったという。
DSC02332.jpg


さらにハナミズキの花をよく見ると、一見花びらに見える4枚の大きなガクは広がると十字架の形になっていて、
DSC02322.jpg
ガクの先端の切れ込みは打ち込まれたクギの跡で、
DSC02325.jpg
白いガクでは、そこにはイエスの血がにじんだように見え、
DSC02331.jpg
中央の花の部はイエスの冠を表している、
DSC02324.jpg
と言われている。

さて、お仕舞いは、サクラの苗を贈った尾崎行雄について。
尾崎行雄夫妻.jpg
(尾崎行雄夫妻)


尾崎は日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれた。特に若い頃は「政界の麒麟児」とも呼ばれて国民の人気が高かく、大正時代には男の子に「行雄」と名付けるのが流行ったという。

ちなみにわたしめの父親(大正3年生まれ)の名前も「行雄」。そんでもってそんな父親を超えて伸びて行くようにと「伸行」と名付けられたわたしめ。父親を超えたのは身長だけだった。
行雄と伸行.jpg
(「行」つながりの親子)
ちゃんちゃん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

みきたか
2020年04月23日 19:22
ハナミズキにそんな伝説があるんですか。
ハナミズキには少し苦い思い出が。
数十年前に浜松の自宅を新築した時にハナミズキを庭に植えたものの3度も枯らして諦めた苦い思い出。
枝ぶりや花の姿が好きだったので懲りずに植えたのだが。。。
他に植えた木はすくすく成長したんだけど。
最後の写真、品が良くて理知的でかわいい。
今とは似ても似つかないなんてね(失礼^^)
のぶ
2020年04月24日 08:06
みきたかさん、こんにちは。
あらら、みきたかさんにはハナミズキのそんな思い出がありましたか。わが家は両隣をふくめ5件ほどが某住宅メーカーの条件付き分譲地で、同じ工務店が施工し、植栽も大体同じでハナミズキが植えられていましたので、うちだけヤマボウシなどにしました。でもわが家もいろんな苗木を枯らしてしまいました(泣)。
小さい頃のわたしめ、自分で言うのもなんですが、かわゆいでしょ?
1008
2020年04月24日 21:03
ハナミズキは桜のお礼にアメリカから送られたとは初めて知りました。
植木の剪定で苦労しているので、大きくならないのは嬉しいですね。
でも、育てるのが難しそうなので、毎回刈り込む自分だと、
すぐに枯れさせそうです。
その前に、これ以上植木を増やす気はありませんけどね。
のぶさんの小さい頃、見るからにお坊ちゃまですね(^^)
のぶ
2020年04月25日 05:46
1008さん、おはようございます。
確かに植木の剪定、苦労するでしょうね。
わたしの場合、剪定作業で怪我をした人を沢山みてきたので、用心して植木屋さんに任せています。でも、非常にお金がかかるんですよね。代わりに自分がしたくなり、「いかん、いかん」と堂々巡りをすることがあります(笑)。
ハナミズキを剪定しているのはあんまり見たことがないですね。
2020年05月05日 18:43
忘れられたころにコメント入れて・・・失礼します!
<父親を超えたのは身長だけだった>なんて、素敵なお父様をおもちで幸せですね~!!
「伸行」あんもまだまだ伸び代がおありでしょうから、是非、その素晴らしいお父様を凌駕なさってください!!👏👏👏
ツァラトゥストラ曰く『人は超えられるためにある』・・・なんてネ!?(^o^;;;
のぶ
2020年05月05日 22:53
宮星さん、こんばんは。
もちろん、身長以外にも「これでは超えてるでは?」と思われる箇所もあるにはあるのですが、トータル的には全く及びませんね。
「伸びしろ」ですか?来年には「高齢者」になる年齢なので、あんまり期待できません、はい。