畜生の神様

熊本市内ではほとんど見かけないが、農村や山間部の集落を走っていると時々みかけるのが「馬頭観音」。
阿呆峠前の馬頭観音.jpg
(宇城市轟の馬頭観音)


「馬頭観音」とは、六種類ある観音の一つで、ヒンズー教の「ハヤグリーヴァ」という、首から上が馬の神様が起源らしい。
ハヤグリーヴァ.jpg


この神様は、ヒンズー教の最高神である「ヴィシュヌ神」
ヴィシュヌ神.jpg
が怒った時の化身と言われ、それ故、通常は温和な表情をしている観音様にあっては異例の「憤怒」の表情をしている。
福城寺の馬頭観音.jpg
(甲佐町城福寺の木像馬頭観音像)


仏教では「六道輪廻」の中の
六道輪廻の図.JPG
「畜生道」に落ち行く人たちを救済するのがこの馬頭観音とされている。
畜生道.jpg


わたしめなぞ、死んだらこの「畜生道」に行かされる恐れがあるので、
スラムダンク.jpg
この観音様を見かけたら念を入れて手をあわせていたが、一方、民間信仰では馬をはじめとする家畜の安全を守り、また、死んでいった家畜の供養をする目的で建立されている。
DSC04412.jpg
(地震で破損した西原村の馬頭観音)


その特徴としては、頭のところに馬の頭部を飾り、
DSC02316.jpg
(御船町陣地区の馬頭観音)
顔が3つあったり、
DSC09027.jpg
(宇城市轟の馬頭観音)
手が8本だったり、
DSC04779.jpg
(阿蘇市黒川の善応寺)
馬にまたがっていたり、
DSC02319.jpg
(嘉島町の浮嶋神社)
色々なバリエーションがある。
久木野馬頭観音の拡大.jpg
(南阿蘇村久石の「鳥の小塚公園」)

DSC02313.jpg
(熊本市南区銭塘の馬頭観音堂)


そんな中、菊池水源の玄関口、永山地区で見かけた「馬頭観音」と思しき石像。
菊池市永山口付近の石像.jpg


彫られているのは観音様というよりは神父さんに見えるし、その右上の方の手に持つものは十字架のようにも見え、「ひょっとすると隠れ切支丹のための石像?」と疑ってしまう。


わたしめが子どもの頃には道によく馬糞が落ちていたものだが、いまでは「藤崎宮秋の大祭」以外に道路で馬を見かけることは皆無になってしまった。
馬の看板.jpg


あらたに馬頭観音が祀られてることも少なくなってきているようだが、
DSC04416.jpg
(西原村の慰霊碑)
これからも馬頭観音様には、わたしめを含めた畜生の安全を守っていただきたい。
清水寺の馬頭観音.jpg
(南阿蘇村の清水寺)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ヘイホー
2020年04月19日 16:37
なるほど!「馬頭観音」の標識を我が町の何処かで見かけましたが、今のままだと僕は「畜生の道」行きですので、今度から通った際は念入りに頭を下げに行こうと思います(笑)
毎週ブログをチェックしていますが、なかなか忙しくて久々にコメント致しました(^^;;
元気そうで何よりです!
のぶ
2020年04月19日 21:38
ヘイホーさん、こんばんは。
おー、そちらの近くにも馬頭観音、おられるんですね。
あら?ヘイホーさんも畜生道の怖れ、ありますか。
馬頭観音様にお祈りして無事に畜生道を免れたら良いですが、ダメだった時はあちらでお待ちしております(笑)。
1008
2020年04月20日 20:43
馬頭観音、聞いたことはあるのですが・・・画像を見ると
なんだか微妙。
でも、カレーを食べに行くとよく飾ってあるガネーシャ神も似たようなものですね。
山間部にあるとの事ですが、多分気がついていないようで。
よ~く観音様を見てみることにします。
ヘイスティングス
2020年04月20日 21:34
のぶさん、こんばんは。

馬頭観音。あんなビジュアルなんですね。
う~ん、独特。そういえば、象の顔をした神様もいました……よね?
福岡の馬頭観音は、ペイペイドーム(旧ヤフオク!ドーム)に近い唐人町にあります。ビルとマンションの谷間にひっそりと。近くの交差点に看板は立ってるけど、その存在は“知る人ぞ知る”といった風情です。
時節柄、気軽に外出できませんが、いつか詣ってみようと思います。
のぶ
2020年04月21日 22:56
1008さん、こんばんは。
山間部に入ると1008さんはアドレナリンとドパミンが多量に分泌されるので多分、馬頭観音様が眼に入らないんだと思います(笑)。
「畜生道」には、どうやら1008さんが嫌いなニョロの化け物が沢山いるので、決して畜生道に落ちないように馬頭観音様にお参りしてください!
のぶ
2020年04月21日 23:00
ヘイスティングさん、こんばんは。
今では九州随一の大都市・博多でも昭和の前半は馬が街中で活躍していたものと思います。今では唐人町でも馬を見かけることはないでしょうが、馬頭観音様はちゃんと大事にされているんですね。他県の馬頭観音様も機会があれば見てみたいです。