テイカの紅

今日も折角の休みなんだけど
DSC01740.jpg
色々とすることがあるので、空いてる時間に金峰山方面へ。

太郎迫から県道101号線を上り、
DSC01745.jpg
JA芳野から左折し、
DSC01765.jpg
鳥越峠から島崎方面へ下った。

12月も中旬となったけど、路傍の植物が眼を楽しませてくれる。
なかでもこれからの季節、目につくのが、県道101号線の路傍の地面や石垣で繁茂している常緑蔓性植物の「テイカカズラ」。
DSC01763.jpg
DSC01758.jpg
20191207_143457-1024x768.jpg


緑色の葉っぱの中には、ハッとするくらい紅く色付いた葉があるのが印象的。
DSC01769.jpg


そんな「テイカカズラ」なんだけど、花は可愛くて、5弁のプロペラ状のものが5月~6月頃に咲く。
DSC03614.jpg
(7月の北バイパス沿い)


それから実がユニークで、まず、実がなる株が非常に少ない。今日も何十というテイカカズラの群生を見たが、実がなっていたのは、わずかであった。
DSC01752.jpg


その実は細長くて二股に分かれていて、鼻ヒゲのような格好。
DSC01753.jpg

ダリ.jpg
(サルバドール・ダリ)


そして実を割ってみると、タンポポの種をでっかくしたような綿毛のついた種がびっしり格納してある。
DSC01755.jpg


この「テイカカズラ」の「テイカ」は、藤原定家の「テイカ」であるそうで、「何と雅な!」と思い、よくよく調べてみると、藤原定家とその恋人とされる式子内親王とのエピソードをモチーフとした謡曲の「定家」の方に由来するとのこと。
謡曲定家の式子内親王.jpg
(謡曲「定家」のワンシーン:Wikipediaより)


その謡曲によれば、定家は成就しなかった恋の執心で蔦葛となり、恋人である式子内親王(しょくしないしんのう)の墓に絡みついたと言い伝えられている。
DSC01762.jpg
(ガードレールにもあちこちで絡みついている)


現代で例えればストーカー的な執着心ですな。

そう言えば、百人一種の藤原定家の歌は
藤原定家.JPG


来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩(もしほ)の身もこがれつつ


一方、式子内親王の歌は
式子内親王.jpg


玉の緒よ たえなばたえね ながらへば忍ぶることの 弱りもぞする


「うーん、なるほどねぇ・・・」と、「テイカカズラ」の紅色の葉を思い出しながら坂を下って白川沿いに走って帰った。
DSC01772.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

1008
2019年12月14日 17:35
テイカカズラの実、よ~く見ないと気が付かないですね。
怪我した時に髭を伸ばしていましたが、けっこう面倒でした。
あの形になるまでは、大変でしょうね。
自分には無理です。
それより、てっぺんに生えて欲しいのですが(笑
のぶ
2019年12月14日 21:08
1008さん、こんばんは。
テイカカズラの実を実際に見たのは今回が初めてでして、東門寺のところの一箇所だけでした。かなり長いのでビックリしました。
わたしも頭のてっぺんにあんなヒゲが生えて欲しくなってきました(笑)。