宝永隧道ポタ

江戸時代に造られた用水路「築地(ついじ)井手」などからなる熊本県菊池市の「菊池のかんがい用水群」が先月、「国際かんがい排水委員会(本部・インド)」が認定する「世界かんがい施設遺産」に登録された。
ニュース.JPG


「世界かんがい施設遺産」は、灌漑(かんがい)施設の歴史の理解や保全を図る目的で、建設から100年以上経過し、農業などの発展に貢献した施設を登録・表彰している制度。

これまでに、国内では39件が登録されており、県内では平成26年登録の「通潤用水」、平成28年登録の「幸野溝・百太郎溝水路群」、平成30年登録の「白川流域かんがい用水群」に続き、4件目という。

「菊池のかんがい用水群」は、「築地(ついじ)井手」のほか、「原(はる)井手」、「今村井手・宝永隧道」、「古川兵戸井手」からなる用水群で、今回、まだ見たことがない「今村井手・宝永隧道」を見に行く。

午前7時頃、クロモリロードバイクで出発し、職場でひと仕事を済ませ、午前9時前に職場から菊池へ日田街道を北上。
DSC01042.jpg


泗水を抜けて、花房台地を下る。
DSC01043.jpg
右折して菊池川沿いを走る。赤星井手沿いを走り、今集落方面へ。
DSC01047.jpg


菊池十八外城のひとつ「戸崎城」があった丘の麓に、
DSC01050.jpg
案内板と
DSC01059.jpg
この井出に関係する石碑群が立っている。
DSC01051.jpg
別名の「今村マブ」の「マブ」とは地元の言葉で、水路トンネルのことを指すらしい。

「宝永隧道」は宝永2(1705)年につくられた全長302mの水路トンネルで河原手永の惣庄屋・河原杢左衛門が今・赤星・森北地区に引水するため開削した。
DSC01060.jpg
DSC01070.jpg


水路トンネルを掘った際の通気用のたて穴が残り、当時の工法を伝えている。
宝永隧道内部.JPG
(菊池市提供の画像)


戸崎城址の坂を越え、
DSC01071.jpg
丘の向こう側に行ってみると、河原側の隧道の入口を見ることができる。
DSC01078.jpg


さらに井手沿いに東へ進むと、取水口である河原川の岩下堰が水を湛えていた。
DSC01083.jpg


そこは河原手永の中心地で、高札場の跡もある。
DSC01084.jpg


河原地区の丸ポストをゲットして帰路へ。
DSC01086.jpg


時間がなくなって来たので井手があちこちに流れている菊池市街地を抜け、
DSC01087.jpg
菊池川沿いの道を走って、
DSC01089.jpg
帰路も日田街道、北バイパスを走った。
DSC01090.jpg


本日の走行距離:53.0km

宝永隧道走行図.JPG
(何とも味気ない走行図)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

みきたか
2019年10月22日 17:48
「世界かんがい施設遺産」ですか。
菊池方面では市街地を流れる井手、イデベンチャーの原井手が思い浮かびます。
菊池井手巡りも検討しなくては。

のぶ
2019年10月22日 20:26
みきたかさん、こんばんは。
わたしも菊池は築地井手と原井手(イデベンジャー)と、それから赤星井手は知っていたのですが、宝永隧道は初めてでした。
水が高いところから低い方へ流れる性質だけを利用してよくこれまで隅々に水を行き渡しているといつも感心します。
菊池井手めぐり・・・いいですねぇ!
読み逃げ屋
2019年10月24日 19:09
今回の台風被害にしてもかんがい用水路にしても、水と上手に付き合っていくのは永遠の課題でしょうね。
職業柄この様な水路を見ると、地目を用悪水路とするのか井溝(せいこう)とするのか考えてしまいます。
のぶ
2019年10月24日 20:48
読み逃げ屋さん、こんばんは。
おっ!地目の用語ですか?
「用悪水路」ってのがあるんですね。一瞬、漢字の間違いかと思いました。

水は益ももたらす一方で、時に害ももたらす二面性がありますが、ここ何年か、「害」の方が目立ってきているのが気になりますね。
1008
2019年10月25日 12:26
宝永随道は菊池をウロウロしている時に偶然見つけました。
ただ、看板はあるのに、そことは気がつかず坂を登って行った記憶が(^^;
ほぼ平地の菊池に水を配分するのには、測量の技術も必要と思いますが、今みたいな道具が無かった時代、大変だったでしょうね。
同じ道の往復、走っても、ログを見ても、味気ないですよね~。
のぶ
2019年10月25日 21:51
1008さん、こんばんは。
「宝永隧道(今村マブ)」の案内板は、やや不適切で、矢印のままに行くと、特に自転車だと通り過ぎて坂を上ってしまいますよね。

「~井手」というのを見る度に、水が高い所から低い所に流れる性質だけでよくあれだけのものを造ったなあ、と感心させられますね。