「木村の後に木村なし」

朝、クロモリロードバイクで職場にでかけ、ひと仕事済ませ、昼過ぎから用事があるので川尻までポタリング。

市街地を抜けて白川沿いの道を走る。
DSC01003.jpg
DSC01005.jpg
(十禅寺付近の白川堤防:大雨の際はよろしくお願いします)

そして新幹線沿いの道を南下する。
DSC01007.jpg


秋季大祭で賑わっている河尻神社を過ぎて町の目抜き通りへ。
DSC01012.jpg


川尻町は鎌倉時代から加勢川河口の港町として栄え、
DSC01030.jpg
加藤清正によって再整備された江戸時代以降は熊本藩の物流拠点として、
DSC01024.jpg
(藩の米蔵である「御蔵」)
さらに薩摩街道の宿場町として繁栄し、明治初期には西南戦争の舞台のひとつとなった。
DSC01029.jpg
(西郷隆盛が宿泊した旅館跡)
また、室町時代末期からの歴史を誇る刃物製造や
DSC01015.jpg
醸造といった伝統産業は現在も継承されており、市民に親しまれている。
DSC01028.jpg
近年は町おこしの一環として和菓子の製造にも力を入れている。
DSC01017.jpg


そんな川尻出身の著名人のひとりに木村政彦がいる。
Masahiko_Kimura_2.jpg


木村 政彦(きむら まさひこ、1917年(大正6年)9月10日 - 1993年(平成5年)4月18日)は、日本の柔道家・プロレスラー。段位は講道館柔道七段。荒々しい柔道スタイルから「鬼の木村」の異名を持つ。

全日本選手権13年連続保持、天覧試合優勝も含め、15年間不敗のまま引退。「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と讃えられ、現在においても史上最強の柔道家と称されることが多い。

木村は大正6年9月10日、飽託郡川尻町で4人兄弟の末っ子として生まれた。家業は砂利採取業で、加勢川での砂利採りや砂利上げを手伝ううちに、のちに柔道に必要な基礎体力をつけて行った。

柔道を始めたきっかけは、小学生の時の担任教師に怒られ投げられた事に対し復讐を果たすためであった。
DSC01019.jpg
(小学生の木村が通った道場跡)


町の柔道場に熱心に通った木村少年は昭和6年尋常高等小学校2年の時に県児童相撲大会で見事優勝し全九州相撲大会を準優勝。これを見た柔道教師にスカウトされ鎮西中学校(現・鎮西高校)に入学。

猛練習で頭角を現し、全国に名の通る柔道選手となった。拓殖大学に入学後は「人の三倍努力」を目標に、
三倍努力.JPG
1日10時間と言う豊富な練習量に加え、精神的にも強く、「負けたら切腹する覚悟」で試合に臨んだと言われる。

身長170㎝、体重85キロと柔道家としては決して恵まれてはいない体格ながら強靭な足腰から繰り出す大外刈りを得意技とし、
大外刈.JPG
「キムラロック」と呼ばれる関節技は強烈で多くの脱臼者を出したために遂には禁じ手となるほどであった。
キムラロック.JPG


史上最強と称された不世出の柔道家となった木村ではあったが、その後参入した国際柔道協会「プロ柔道」の経営不振や、プロレス入り後の物議をかもした力道山との試合など、一時不遇な時期も過ごした。
木村政彦はなぜ.JPG


昭和36年には拓殖大学柔道部監督として柔道界に復帰。その数年後に全日本学生柔道大会において見事優勝に導き、後進をを育てた。平成5年4月18日死去、享年75歳。

川尻の大慈禅寺の墓地には、
DSC01032.jpg
立派な墓石が建てられている。
DSC01038.jpg
DSC01035.jpg


ちなみに、その近くにも「木村家」のたいそう立派なお墓があるけど、こちらは「木村のあられ」の創業者のお墓であった。
DSC01037.jpg


川尻からはいつものように加勢川沿いに東へ進んで帰った。
DSC01041.jpg


本日の走行距離:43.3㎞

木村政彦走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

1008
2019年10月20日 20:51
川を見ると、堤防は大丈夫かな? 
と、つい心配するようになりました。
しかし、小学生で先生に怒られて、復習の為にここまで(^^;)
まあ、途中からはそんな事はどうでも良くなったのでしょうが。
そのような努力は見習いたいですが、無理ですね(笑
のぶ
2019年10月20日 21:44
1008さん、こんばんは。
川沿いの道はいつも自転車で快適に走っていますが、今回の台風被害の様子を観る度に水が牙を剥いた時の恐ろしさを痛感させられました。
災害の想定を引き上げないと、これからの防災は充分なものではなくなるかもしれませんね。
みきたか
2019年10月21日 04:18
”15年間不敗のまま引退”ですか、凄い!
オリンピックでも金であればもっと知られているのに。
と思ってググると柔道は東京オリンピック(1964年)からだったんですね。
のぶ
2019年10月21日 07:15
みきたかさん、おはようございます。
当時、柔道がオリンピックに採用されていたら、木村政彦が金メダルだった確率高そうですね。
東京オリンピックの時、無差別級で、神永がオランダのヘーシンクに寝技で敗れるのをテレビで見ていました。その後、確か、メキシコでは柔道競技は採用から除外され、その後、ミュンヘンで再採用されて今に続いていると思います。
にしひがし
2019年10月23日 13:03
力道山は、記憶にありますが、木村政彦さんは、すでに歴史上の人物ですね。東海大出身の山下さんと、ともに、熊本が生んだ、柔道家ですね。

さて、ブログをみると、午前中仕事して、午後、サイクリングに出かける場合が増えてきたように思います。仕事の負荷が年齢とともにさがってきたのでしょう。

僕も、最近、痛感しますが、この年になると、健康第一です。おたがい、元気で過ごしましょう
のぶ
2019年10月23日 20:47
にしひがしさん、こんばんは。
熊本出身の柔道家なら、もうひとり、モントリオール五輪で無差別級で金メダルを獲得した上村春樹選手もいますよ。わたしらの世代では山下泰裕が身近ですが、木村政彦さんの息子さんを存じているので、割に身近に感じてもいます。

休日にも職場に行ってるのは、仕事というより母親の介護がメインです。食事に付き合うと、よく食べるもんで・・・。

確かに同級生の訃報が時々舞い込むようになってきました。お互い、元気でありたいものですね