チラっと御船町

明日の空模様が怪しいので、土曜日の午前中の仕事を終えて一旦帰宅し、午後1時半頃から御船へポタリング。
DSC00827.jpg


京塚、健軍を経由して浮嶋神社で定点撮影。
DSC00828.jpg
丘を越えて田舎道を走り、自宅から15㎞たらずで御船に到着。

街中の通りにはどこかしこに恐竜のフィギアがあり、
DSC00835.jpg
DSC00838.jpg
DSC00839.jpg
DSC00845.jpg
「恐竜の郷」の風情が満ち満ちている。
DSC00841.jpg


今を遡る40年前の1979年8月5日、御船町梅木の御船層群の露頭で夏休みの自由研究として貝の化石採集を行っていた親子が、サメの歯のような化石を発見。
ミフネリュウ.jpg
(御船町恐竜博物館に常設展示してある)
後にこれが肉食恐竜のメガロサウルスの歯と判明。日本で初めての肉食恐竜の化石発見であった。そしてその後も御船では多くの恐竜化石が発見され、全国的にも注目されるようになってきた。
天君ダム露頭部.jpg
(重要な化石の多くは天君ダム近くの露頭の地層から発掘された)

そこで御船町は平成6年3月に基本構想を策定し、以来、「恐竜の郷づくり」を進めてきた。
DSC00837.jpg
(その中心となるのが「御船町恐竜博物館」)


こうして今や「恐竜の郷」となった御船町であるが、
DSC00854.jpg
古くから上益城地方の政治・経済・文化の中心地。県下屈指の醸造の町で日向往還の宿場町でもあり、有数の商都として知られてきた。
DSC00834.jpg
江戸末期には宮部鼎蔵をはじめとして御船に生まれ育った5人の先哲が登場し、歴史を彩った。
DSC00863.jpg
(町役場に建つ「郷土先哲の碑」)


その中のひとり、増永三左衛門は、日本古来からの製鉄法で熊本初の大砲を製造している。
幕末、ペリー艦隊の浦賀来航を機に、幕府は各藩に海岸防備警備を命じた。熊本では藩の命により御船町の商家・増永三左衛門らが大砲の製造に着手した。当時、大砲を造るには西洋式の反射炉が必要とされていたが、三左衛門は家業の金鋳場を利用して日本式のたたら炉での大砲製造を試みた。従来の鋳造技術に独創的な工夫を凝らして、西洋製を凌駕するほど高性能な「層成砲(入筒法)」を発明。目標を遙かに超える飛距離を記録し、熊本藩に採用された。この時の大砲は、明治になると熊本城内に設置された熊本鎮台に受け継がれ、市民に正午を知らせる「午砲」のための大砲として昭和17年頃まで活躍した。
大砲.JPG
(「季刊 旅ムック」より)


わたしの高校時代の同級生の話によると、明治29年から4年以上を熊本で暮らした夏目漱石は、
漱石像.jpg
(熊大構内の漱石像)

次のような句を残している。

「午砲打つ 地城の上や 雲の峰」

増永三左衛門の造った大砲の音は漱石の耳にも届いて、その感性を刺激していた。

慶応三年(1867)、増永三左衛門は六十五歳で没。
DSC00861.jpg
(御船城址の城山公園には増永三左衛門を顕彰する碑が立っている)


左衛門が造り、午砲に使われてきた大砲も第二次大戦中の金属類回収令により徴用され溶かされてしまったが、三左衛門が別荘として丹精を込めた庭園の「眺世庵」は
DSC00846.jpg
御船の街にひっそりと残っている。
DSC00848.jpg


ところで、御船町はそう言った歴史があるからだろうか、丸ポストが沢山あった。
DSC00831.jpg
DSC00836.jpg
DSC00852.jpg
DSC00853.jpg


御船からは江津湖を経由して、彼岸過ぎとは思えない暑さの中を帰った。
DSC00858.jpg


本日の走行距離:33.6㎞

御船走行図.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ヘイホー
2019年09月29日 16:23
御船のあらゆる所に恐竜のフィギュアがあるんですね!
博物館前にあるフィギュアしか知りませんでした(^^;;
御船インターを下りたら目の前に出てくる、「恐竜の郷 御船町」の恐竜の看板を見たら熊本に来た〜!って気になります(笑)
みきたか
2019年09月29日 19:40
御船もこうしてみると、見所満載。
特に「眺世庵」は知らなかったので行ってみたくなりました。
さっそく、今日行ったのですが。
定休ではないようなんですが、閉まってました。
残念。
のぶ
2019年09月29日 21:08
ヘイホーさん、こんばんは。
おっ!「御船」はヘイホーさんにとっては「熊本の玄関口」なんですね。
なるほど!
御船は恐竜で有名になる前は音楽短大が有名でした。
街中にはフィギアだけでなく化石を再現したようなモニュメントなど、色んなディスプレイがありますね。機会があれば、お子さん達と廻るのも一興かもしれませんね。
のぶ
2019年09月29日 21:14
みきたかさん、こんばんは。
数年前に西南の役の戦跡巡りをした折に眺世庵を訪れた時は営業していたのですが、昨日訪れた時も入口に縄が一本張ってありました。
失礼して庭の写真など数枚撮らせてもらいました。庭も若干荒れていたので少し前から営業してないように感じました。残念ですね。
1008
2019年10月02日 21:33
御船って、通過するときに恐竜チラ見するくらいでしたが、
楽しそうな恐竜も居たのは知りませんでした。
どこの場所でもですが、いろんな歴史があるもんですね。

のぶ
2019年10月05日 07:53
1008さん、こんにちは。
そうですよね。熊本市内在住の多くのローディーにとって「御船」って通過地のことが多いですね。わたしの家からだと熊本港に行くより近いですもんね。
わたしの場合、西南戦争や南北朝関係の史跡めぐり以来時々行ってますが、歴史のある街ですね。時間のない時はまた御船の歴史を掘り起こしてみたいと思っています。