熊本市の切支丹

熊本県内の切支丹史跡は天草地方に集中しているが、その他の地域にも散見される。

これまでに菊池山鹿宇土八代、に残る史跡を廻ったが、今日は熊本市内に残るものを観に花岡山周辺を廻る。

折角だから早起きして午前5時半頃クロモリロードバイクで出発し、午前6時頃には花岡山の頂上へ。
DSC04206.jpg


北からの強い風に流される阿蘇の噴煙の、
DSC04209.jpg
彼方に上がる太陽を眺める。
DSC04214.jpg


初秋らしい空気の中、坂を少し下って、中腹にある官軍墓地へ。
DSC04225.jpg
明治9年の神風連の変で命を落とした官軍兵士たちの墓石群の南側には江戸時代初期の、1636(寛永13)年、キリシタン信仰のために斬首された小笠原玄也一家の墓がある。
DSC04227.jpg


玄也の父は、細川忠興の夫人ガラシャを介錯して自害したキリシタンの小笠原少斎(しょうさい)秀清で、玄也の妻・みやの父は、小倉で殉教したディエゴ加賀山隼人であり、共に細川忠興の家臣であった。
細川忠興.jpg
(細川忠興:Wikipediaより)


忠興が隠居して、忠利が跡を継ぎ、1632(寛永9)年には肥後の領主となり小倉から熊本に移った折、
細川忠利.jpg
(水前寺成趣園の細川忠利像)
玄也も忠利の命により、熊本に移り、塩屋町に住んでいた。塩屋町は現在の新町二丁目周辺で、
DSC04239.jpg
町人の街を武家屋敷が囲むように配置されていた。
DSC04242.jpg


1635(寛永12)年にキリシタンの検挙が全国一斉に行われることになり、玄也一家が訴人されることを恐れた忠利は、玄也に棄教を勧めたが、玄也は信仰を捨てることはなかった。

その後、報奨金目当てに玄也を長崎奉行に訴える者が現れ、忠利は玄也一家を守ることはできなくなった。

花岡山の東の麓にある禅定寺。
DSC04235.jpg
細川氏の家臣の多くが眠るこの寺で1636(寛永13)年1月30日、小笠原玄也一家は斬首され殉教した。
DSC04237.jpg


花岡山の中腹、自然石に「加賀山隼人正息女墓」と彫られた墓が発見されたのは、江戸時代末期の文政年間のことだった。
DSC04221.jpg


キリシタンとして葬られた、キリシタンの墓が公に残っている唯一のものである。

1915(大正4)年に、加賀山家の末裔の方々がその側らに石碑を建て、
DSC04228.jpg
1936(昭和11)年には、熊本市のカトリック手取教会の人たちによって、顕彰碑が建立された。碑の題字は徳富蘇峰、撰文は米原鶴太、書は菊池直人が担当した。
DSC04223.jpg


墓石からデッキの階段を下りた芝生の広場に1978(昭和53)年に熊本カトリック教会によって「花岡山殉教者記念碑」が建立され、毎年4月の第日曜日には、この殉教碑の前で、「花岡山殉教祭」が行われているという。
DSC04234.jpg


ちなみに、キリスト教と言えば、この花岡山の頂上には「熊本バンド」の記念の地もあるけど、それはまた別の機会にレポートを・・・。
DSC04219.jpg


本日の走行距離:15㎞くらい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

読み逃げ屋
2019年09月20日 08:40
>本日の走行距離:15㎞くらい 
この位の距離で色々と見て回れる所が結構ありますね。
阿蘇だと、田んぼと山しかない。探せば有るのかな。
最近知ったのですが、南小国の満願寺にもキリシタン墓地があります。
臼内切と言う所で隠れキリシタンの里と言うより、心霊スポットとして知られている様です。
のぶ
2019年09月20日 20:14
読み逃げ屋さん、こんばんは。
阿蘇谷だって15㎞も走れば、古墳群はあるし、湧水群はあるし、神話の石もあるではありませんか。
おっ!南小国に隠れ切支丹の村があったんですね。菊池から阿蘇を通って豊後の大友宗麟へのルート上ですね。貴重な情報、ありがとうございます。
是非とも行ってみたいです!
ヘイホー
2019年09月20日 21:28
花岡山って色々な史跡がありますね!(西南の役しか知りませんでした)
花岡山からの景色もキレイですね。
では、僕は花岡山のラブホ調査でもしますかね(笑)
のぶ
2019年09月21日 05:44
ヘイホーさん、おはようございます。
花岡山は加藤清正、阿蘇家、水場(乳水)、神風連の変、西南戦争、その他色んな歴史が詰まってますね。丁度、鹿児島の城山をひとまわり小さくしたような雰囲気ですね。金峰山まで行く時間が少し足りない時などは丁度良い上りの足慣らしになります。
花岡山のラブホは南側だけでなく、北側にも数件・・・いや、わたしは全然知らないんですけどね(汗)。
1008
2019年09月22日 08:51
今は宗教の信仰が自由で、良い時代になりましたね。
自分だったら、殺されるくらいなら宗教なぞどんだけでも変えますね。
のぶ
2019年09月22日 10:55
1008さん、おはようございます。
わたしも命あってのモノダネなので、すぐにでも信仰を捨てるタイプです(笑)。信仰の自由がありすぎるのも困ったもんで、お寺さんも檀家の減少に歯止めが利かなずに廃業を余儀なくされるところが増えている、とニュースで言ってました。