「暮の坂」と「御手水の森」

梅雨も後半に入ったと思った途端に中休み。わが家は七月盆なので、送り盆のための墓参りの準備を済ませた後、1時間程ポタリング。1墓参り.jpg
加藤清正関係の史跡なら、大概廻ったつもりであったけど、地元ケーブル局の番組「ひご散歩」で、下硯川に「暮の坂」という史跡があるのを紹介していたので、探しに行った。
場所は西里小学校近くの、県道31号線(熊本田原坂線)と県道332号線(小天下硯川線)の交差点近く。2西里小近く.jpg
南東に数十メートル脇道に入ったところに石碑を見つけた。3石碑.jpg
石碑によれば、加藤清正公が玉名郡横島干拓の折、早朝に熊本城を出発し、吉次峠を経て七里の行末塘の工事を監督し、帰りにこの坂を上るのは丁度夕暮れになる頃であった。故にこの坂が「暮の坂」と呼ばれるようになった。その後、明治10年の西南戦争の時には吉次・木留付近の負傷兵を熊本へ送ったり、薩軍を破った官軍がこの坂を熊本に向かったという。4坂.jpg
坂を上ってみようかとも思ったけれど、昨日までの雨の影響で道がぬかるんでいるのと、藪蚊が多いので諦めた。
まだ少し時間があるので、「ゆうかファミリーロード」に行って、熊本西環状道路の花園IC方面へ少し進んだところにある、「柿原養鱒場」へ。5ゆうかへ.jpg
行ってみると、アクセスが良くなったのを機に「御手水(おちょうず)の森」という名前に変わっていた。6御手水の森.jpg
ただ、園内は以前とあまり変わりない様子で、12釣り堀.jpg芭蕉や、7シュロ.jpg
メタセコイアの並木など緑が溢れかえっており、8メタセコイヤ.jpg崖からは清らかな水が幾筋も湧き出している。9湧水.jpg
健磐竜命(たていわたつのみこと)が手を洗ったと言われる10御手水の湧水.jpg由緒ある清水を求めて清正公も足繁く通ったという水源を散策して帰路へ。11清正公.jpg
再び、雑草が侵入して狭くなった「ゆうかファミリーロード」で上熊本へ。13ゆうか.jpg
本妙寺の参道から左折して、藤崎宮経由で帰った。14白川.jpg
本日の走行距離:24.3km
暮の坂走行図.JPG

この記事へのコメント

1008
2019年07月15日 23:08
シュロは小学生の頃、上江津湖の廃屋の辺りに多数あったのを覚えていますが、現在は開発が進んで無くなりましたね。
少し残念です。
ファミリーロード、雑草が伸びてきましたね。
今日は家内にファミリーロードを通って山鹿まで行ったら?
と言ったのですが、車載で行っちゃいましたが正解だったようで。
のぶ
2019年07月15日 23:29
1008さん、こんばんは。
大変失礼しました!「シュロ」ではなくて「芭蕉」でした!
ただいま、その旨、書き直しました。
ファミリーロードの、自動車学校のところから柿原への橋のところあたりまで、クズの蔓が押し寄せて、自転車の離合がやっと、という箇所が数カ所ありました。しばらく走りにくそうです。
1008
2019年07月16日 12:46
なるほど、芭蕉と言う名前なんですね。
シュロは昔ですが、家にあって庭で遊ぶ時に先端が痛かった記憶があります。
木は見分けがつきにくい(自分にはほとんどですが)ものがあるので、難しいですね。
みきたか
2019年07月16日 18:11
柿原養鱒場に行ったのはかなり前、いつだったか記憶が曖昧。
『水の迎賓館』ですか!
また、行ってみたくなりました。
のぶ
2019年07月16日 20:22
1008さんへ。芭蕉は、1008さんのお宅の近く、県立図書館の南側に広い「芭蕉園」があります。そこは大変南国情緒豊かな一角ですよ。シュロはわたしの実家にも昔あって、網状の樹皮をメダカの産卵場に利用したことがあります。懐かしいです。
のぶ
2019年07月16日 20:25
みきたかさん、こんばんは。
「柿原養鱒場」は、私が子どもの頃、そして、大人になって子どもができてから、長年、夏の憩いの場所として年に数回通ったところです。あんまり客が多くないのも好きだったんですが、アクセスが良くなったせいか、昨日はお客さん、多かったです。
2019年07月21日 00:00
熊本でも7月お盆という地域があるんですか!?
うちはずっとつく遅れの8月お盆でした。
”吉次峠”という地名を見て懐かしくなってしまいました。
まだ幼稚園に入る前、父に連れられて吉次峠を越えて植木町の母の実家へ行ったことがあります。
が、峠越えがめちゃきつかったという記憶と、母の実家の庭で鶏と遊んだこと以外は、全く記憶から飛んでしまっています。(^o^;;;
のぶ
2019年07月21日 14:25
宮星さん、こんにちは。
熊本は他の県に比べると七月盆の家が多いようですが、市街地が七月盆の家が多く、田舎が八月盆の家が多いようです。七月盆ですが、結局八月も周囲に影響されて墓参りしますので、いっそのこと、八月盆にして欲しいのが本音です。
吉次峠は木留から小天へ行く間道の要所ですね。それで西南戦争でも激戦になったようです。