くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 益城〜西原散策

<<   作成日時 : 2018/11/18 15:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

先日、NHKのBSの「チャリダー」で狂言師のおにいさんが秋津川沿いと思しき新しい舗装道を走っている映像がでていたので、久しぶりに益城、西原方面へ行ってみる。

午前8時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、京塚、健軍の自衛隊駐屯地を経由して秋津川沿いの道に入ると、期待に反し、今もあちこちで道路工事中。
画像


結局、秋津川沿いの道はまだまだ完成にはほど遠い感じ。
画像


そして木山中学校の先から木山川沿いに行くと、右岸の一部と、左岸の道は綺麗になっているようで、
画像
放映されたのはその道なのかな?

津森神社に立ち寄る。
画像


境内に三本の大きなイチョウのあるこの神社では、
画像
ずれてねじれた山門をはじめ、
画像
多くの損壊があったがその多くは手つかず。
画像


そこから1qほど東へ進んだところにある「浄信寺」。
画像

ここは天井絵で有名だったが、その本堂が被災し、現在建て替え中で天井絵は補修中。
画像
住職さんによると再来年頃にはご披露できます、とのこと。

そこから県道28号線に入って、被害の酷かった杉堂地区へ。ここは熊本地震での震源となった「布田川断層帯」の
画像
「布田川」が流れている。
画像


地区内には「徳富蘇峰生誕の地」がある。
画像


さらにその先には近代日本における女子教育や婦人解放運動に尽力し、今日の男女共同参画社会の礎を築いた矢嶋家の四賢婦人(蘇峰と蘆花の母・徳富久子もそのひとり)を顕彰する『矢島四賢婦人記念館』を建設中。
画像


その先には「潮井水源」。
画像

豊富な湧水量には変わりなく見えるが、
画像
周囲の損壊は多くが手つかずの状態。
画像
画像


水源への新たな道を戻って、九十九折の坂を上って田舎道を走り、坂をくだって再び布田川を渡り、
画像
坂を上って廃墟のホテルの取り壊し工事現場を過ぎて
画像
坂を下り、西原村の河原地区へ。

ここにある「白山姫神社」は、被災した本殿は場所を少し移動して補強できたが、
画像
拝殿は全壊。

 宮司さんや地区の人は途方にくれていたが、大阪市の不動産会社が、全国の被災神社を無償で再建するプロジェクトの第1弾としてその拝殿を再建。同社グループ、木の城たいせつ(北海道)が金具を使わない独自の「木組み工法」で施工した。
画像
(熊本ではあまり見ない感じの拝殿)


社殿は「神明造り」とう言う建築様式で、カラマツやトドマツなど北海道産材を使用したとのことで、今月上旬に竣工式が行われたばかり。

そこから木山川を渡ったところの門出地区にある「慈雲寺」。
画像
江戸中期の延享元(1744)年に開祖されたお寺。幸いにも震災の直前に補強工事を済ませていたので、損害は少なかったとのこと。
画像


ここも天井絵で有名で明治20(1887)年ごろに描かれたものらしく、
画像
季節の草花が色鮮やかに描かれている。
画像
画像


戦時中、沖縄から疎開してきた10余名がこのお堂で寝泊まりしていて、就寝時、この天井絵を眺めて心癒されたエピソードを坊守さんが教えてくれた。
画像


一方、伽藍の天井絵は近年貼った木彫りで、
画像
こちらは豪華な感じ。
画像

その他にも色々な装飾があり、眼を楽しませてくれる。
画像
画像


天井絵を堪能した後は、トイレ休憩に西原のセブンイレブンに行くと、店長をしている旧友が丁度働いていて、ホットコーヒーを御馳走になる。
画像


その後は県道を西に走って、インド料理のAsopakav(アソパラウ)でランチ。
画像
(Asopalavの意味は、『ある樹の葉っぱ」とのこと)
画像


県道206号線および36号線の南側を走る道を通って
画像
益城からは木山往還に入り、
画像
朝来た道を帰った。

本日の走行距離:48.5q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
秋津川沿いの道は通行止めでしたか。
1ヵ月程前は未舗装ながら通行止めにはなっていなく自動車も走れました。
潮井水源が殆ど手づかずは残念ですが、地区の様子から止むを得ないかなと感じます。
結構近くに天井絵が立派なお寺があるんですね。
みきたか
2018/11/18 17:58
各所で道路工事が行われており、この前は通れたのに今回は・・・
でも、少しずづでも復旧してくれるのはうれしい限りですね。
ただ、潮井水源が未着工なのは少し寂しい。
白山姫神社は年始のお参りに行きますが、拝殿が出来たようで(^O^)
1008
2018/11/18 20:57
まだまだ復興が進んでいない所もあるのですね。
しかし、少しずつ復興しているから嬉しいです。
潮井水源が以前のように復旧して欲しいですね(;ω;)
嗚呼、のぶさんと走りたいです(笑)
ヘイホー
2018/11/18 21:23
みきたかさん、こんばんは。
今日の様子からすると秋津川沿いの道の工事は、まだしばらくは掛かりそうです。杉堂の先の県道28号線も、交通止めにはなっていますが、工事があってない時は通ることは可能らしいです。でも、通らない方がよい、と浄信寺の住職さんに言われて止めました(笑)。
仮設住宅もまだまだあちこちに目にしますし、復興までの道が長いことを改めて感じました。
のぶ
2018/11/18 21:32
1008さん、こんばんは。
応急処置から本格的な復旧へと移行している途中なんでしょうね。
潮井水源はまだまだ目を覆いたくなるような状況です。ただ、その手前には四賢婦人の記念館も完成間近ですし、来年あたりは水源にも手がつけられることを期待しています。
白山姫神社は早い時期に支援を受ける事ができて、大変ラッキーだったですね。
のぶ
2018/11/18 21:39
ヘイホーさん、こんばんは。
熊本地震の直前にヘイホーさんと行った益城の潮井水源から九十九折の坂道を2年半振りに走ってきました。
水源が復旧したらまたご一緒したいですね。
のぶ
2018/11/18 21:45
益城は地盤が下がった所もあるらしいので秋津川沿いの工事はしっかりやってもらわないといけませんので仕方がないですよね。潮井水源は相変わらず時間が止まったままですが震災の凄まじさをそのまま残しておくのも良いかもしれません。
okd
2018/11/19 11:53
okdさん、こんにちは。
秋津川沿いの道は大規模な工事になっているようですね。できれば自転車でも走りやすいように路側帯が広いようになればと淡い期待をしています。
潮井水源はかつての雰囲気が好きだっただけに、元のように戻ってほしい気持ちと、震災の凄まじさを残しておいてほしい気持ちと、両方がせめぎあいます。
のぶ
2018/11/19 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
益城〜西原散策 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる