くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 道路の起点めぐり

<<   作成日時 : 2018/09/06 12:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

グーグルマップで熊本市街地を調べていたら、白川公園に「熊本市道路元標」という史跡があることに気づいたので行ってみる。
画像


朝6時頃にクロモリロードバイクで出発し、
画像
明午橋を渡って、白川公園へ。
画像


国道3号線に面する入口のところに
画像
ちゃんと立っていた。
画像


側面には「大正十三年三月建設」と彫られている。

ここらは小さい頃から数えきれないほど通っているのに、こんなものがあるのにまったく気が付いていなかった。

ネットで調べてみると、道路元標(げんぴょう)とは、道路の路線の起点や終点や経過地を表示するための標識のことで、大正9年の道路法により各市町村に1個設置されたと言う。

「道路の起点」と言えば、新町のYMCA近くにある「里程元標」を思い起こすが、
画像
こちらは江戸時代の街道整備のために設けられ、一里ごとに榎などの木が植えられた。
画像
(薩摩街道の一里木跡)
画像
(豊後街道の一里木の跡)


話を戻して、大正時代に全国の市町村に建てられた「道路元標」は昭和27年の改正道路法によりその役目を終えたが、今でもかつての市町村に道路元標が残されている。

熊本市では西区の松尾と東区の長嶺東にも残っているらしいので、まずは松尾を目指して金峰山の峠の茶屋を越え、北登山道を経由して
画像
金峰山の北から西の斜面へ。
画像
(左が「二の岳」、右が「三の岳」)


途中で、落ちてる栗を「拾うか否か?」と聞かれれば、わたしの場合は若い頃から必ず拾うタイプ。
画像


ちなみにうちの女房も同じような感じで落ちてたのを拾った(女房から言わせると「こっちが拾ってあげた」のだと)。

そんな話はどうでも良いので、通称「パイロットロード」で坂を下り、松尾の百貫石へ入り、公園近くの空き地の一角に「松尾村道路元標」。
画像
画像


ここは加藤清正の頃の百貫港があったところで、近くには「加藤神社」も。
画像


国道501号線を少し走って、小島からは坪井川沿いの道に入り、
画像
白川沿いの道へ。
画像


県道337号線を東へ走り、龍田から右折して東区の託麻総合出張所へ。
画像


ここらは昔、飽託郡の広畑村だったそうで、この出張所の玄関の一角に道路元標が残されている。
画像


ところで、この「道路元標」、ハマってしまった人のHPによると、「これに手をだしたら、ただではすまない」そうなので要注意。

本日の走行距離:50.9q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
道路元標、市町村に一つ設置されたんですか。
見かけた記憶無いなー。
しかし、何事もマニアックな方がおられますね。
何かに興味を持ってググるとマニアックな先人の方々。
あっ、栗は先日初めて「拾ってあげました」(笑)
日中も少し和らいで秋ですね。
みきたか
2018/09/06 18:22
みきたかさん、こんばんは。
道路元標は地味で小さいので普通は気づかないと思います。白川公園のさえも気が付いていませんでした。
いやぁ、全国の道路元標ハントをしているなんて、ほんとびっくりしましたね。
全国の狛犬巡りをしていた夫婦もいらっしゃったし、何事にもマニアックなひとはいますね。
のぶ
2018/09/06 22:01
またまた面白そうな巡りをしていますね(笑)
鹿児島にもあるのかな?調べてみます^ ^
僕もチームに入ってから、土地勘のない蒲生方面へ朝練に行くので、早く道を覚えて「田の神さぁ」巡りのエリアを広げていきたいと思います。
ヘイホー
2018/09/06 22:11
ヘイホーさん、こんばんは。
道路元標にマニアックな人のHPによると、どうしたことか、鹿児島のは記載がありませんでした。実際に残ってないのか、調べてないのか・・・?
ヘイホーさんが調べてください・・・でも、田の神さあの方が愛嬌ががって探し甲斐がありますね。
のぶ
2018/09/06 22:54
道路元標なるものがあるのですね。
○里の石標などは良く目にするのですが、
見えていてもスルーしていただけかも(^^;
標識で、何処まで何Kmとあり、具体的にどこ?
と思っていましたが、成る程、納得です。
道路元標を探すのは、あまりに多そうなので、止めておいたが良さそうですね。
でも、のぶさんは探し回りそうな(笑
1008
2018/09/08 06:59
1008さん、こんにちは。
道路元標の石はほんと小さくて、「ある」と分かっていて見ないと目に入りませんね。ま、それで「元標」の目的を十分果たしていたのでしょう。
熊本県下にも10ほどの道路元標が残っているので、わざわざそれが目的では行かないかもしれませんが、ついでに見たいとは思っています(笑)。
のぶ
2018/09/08 16:23
やりだしたらタダでは済まない、丸ポスト採集にも通じる匂いを感じました。

昔、旅チャリで東京から九州まで帰っていたとき大阪でR1とR2の終点、始点がどこなのかと小一時間、その周辺を探したものの特に看板等はなくガッカリしたのを思い出します。もしかしら足元に道路原票があったのかもしれませんね。
N家
2018/09/08 16:36
N家さん、おはようございます。
わたしも丸ポストのことを連想しました。この日、県道337号線を走りましたので、N家さんがいつも挨拶する龍田の三の宮神社前の丸ポストにわたしも挨拶して通りました。丸ポストは数も多いし、見つけやすいのですね。
道路元標は今は使われていませんが、同じようなものが道路に刻印された金属板があるようなので、今度、探してみたいと思っています。
のぶ
2018/09/09 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
道路の起点めぐり くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる