くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS オシロイバナとラウンドアバウト

<<   作成日時 : 2018/07/26 12:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

連日のうだるような暑さだけど、日の出の時刻は少しずつ遅くなってきた。
画像
(日曜日の午前5時半頃)


職場の同僚から、「たーだ自転車を漕いでくるだけでなくて、たまには職場にためになる事をしてこい」と言われ、サイクリングのついでにオシロイバナの種を取りに行くことになった。

というのも、職場の花壇にオシロイバナを植えることになり、赤や黄色の花のは種があるけど、白色のが少なくて、どうしても見つからないと言うのだ。

先日の日曜日に金峰山までカーボンロードバイクを走らせながら沿道に目をやると、確かに路傍に赤いオシロイバナはよく咲いており、
画像
黄色のもたまに見かけるけれど、
画像
白色のオシロイバナはなかなか見つからない。

やっとこさ「見つけた!」と思ったら、横に咲いている赤い花の株と交配したのか、赤い色が混じっている。
画像


そうやって見ていると、黄色と赤色の株が植えてあると、赤と黄の花が混在しているものや、
画像
ひとつの花でも微妙に色が混在しているようなのもあることが判明。
画像


いずれにせよ、その日は白色のオシロイバナが見つけられず終了。

今朝も6時前に家を出て2時間ほどのサイクリングの途中で沿道のオシロイバナを探し回り、やっとこさ白色のを発見し、
画像
種を6個ほどゲット。
画像



さて、現在行われているツール・ド・フランスも終盤となってきたが、レースの様子を見ていると、コースでは時折り、ラウンドアバウトを通過している。
画像
画像
(ラウンドアバウトでは障害物も多くなり、集団落車が良く起こる)



ラウンドアバウトとは交差点の一種で、そこでは道路がリング状になっており、信号機が無いことが特徴。日本では、「環状交差点」とも呼ばれている。

そんなラウンドアバウトが熊本にも初めてできたと聞いたので、今朝はそれを見に行ってきた。

場所は合志市竹迫(たかば)に開発中の「アンビー熊本」の敷地内。
画像
画像
画像
画像


現代的なラウンドアバウトのルールは、1960年代にイギリスで制定され、ヨーロッパやアメリカに広がっていった。

日本では、以前から環状の交差点はロータリー交差点として存在していたものの、
画像
(通称「水前寺の五差路」)
イギリスから始まった現代的ラウンドアバウトとしての法律は制定されていなかった。

しかし2013年に道路交通法で「環状交差点」の定義と交通方法が定められ、2014年9月1日から施行。以後、全国各地で環状交差点が増えてきている。
画像
(大阪府堺市)
画像
(沖縄県糸満市)


ちなみに、道路交通法第4条第3項による環状交差点の定義は「車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているものをいう」とのこと。
画像
(熊本県警も注意喚起のチラシを用意)


具体的な通行の仕方は、交差点の環道に流入する車両は徐行し、環道に通行車両がなければ合図なしで左折進入し、時計回りに通行。ウインカーを出して左折で退出する。
画像


本格開業を11月に控えた「アンビー熊本」では住宅展示場が開業しているだけなので、
画像
誰もいないラウンドアバウトの走行を思う存分堪能。
その後も沿線のオシロイバナの生育状況を確認しながら帰った。
画像
(少しだけ赤いのが混じったのもあった)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
オシロイバナ、そう言えば見かけているような。
同じ場所にあると色が混在するんですね、どうしてかな?
もう30年程前、最初の海外出張がフランス。
レンンタカーで無謀に出かけてあのロータリーにビビった事を思い出しました。
怖くてロータリーに入れなかった^^;
みきたか
2018/07/26 19:42
みきたかさん、こんばんは。
オシロイバナは昔から知ってはいましたが、赤色しか知りませんでした。ネットで調べると、違う色のオシロイバナを交配して色の変化を楽しむ人たちが沢山いるようです。
30数年前、新婚旅行でパリに行った時、環状交差点になっている凱旋門の周囲を廻って進むのがすごく大変だと現地添乗員が言っていたのを思い出しました。
のぶ
2018/07/26 21:20
オシロイバナの白色って、滅多にみないですね。
同僚から職場の役に立つ事を、ですか(笑
確かに、言われてみれば、ただ走っているだけで自己満足だけですね。
こちらは花の種は見分けがつかないので、鹿や猪を捕まえてBBQと言われそうです(^^;
ロータリー、自転車ならどう走るかなと、少し不安です。
まあ、すぐに慣れるでしょう。


1008
2018/07/27 12:48
1008さん、こんにちは。
サイクリングで仕事のストレスを発散させることで職場の役には立ってると思うんですけどね・・・(笑)。今回、お目当ての白いオシロイバナの種をゲットできて良かったです。鹿や猪は捕まえるのはまだしも、自転車で持って帰るのが大変です(笑)。
ロータリーはあんまり自転車向きではないですね。水前寺の五差路でもロータリーを回ってゆこうか自転車だと迷ってしまいます。
のぶ
2018/07/27 17:16
熊本に出来たんですね!菊陽からも近そうなのでこれは行かねばなりません!
ラウンドアバウト、最初ツールで見て解説聞いたまんまでランドバードと検索かけたてもノーヒットw楽しい思い出ですw

北九州にもあるようで昨年行こうとしたところ途中落車で、顎を縫う怪我して行けずじまいですこれもいい思い出ですw
N家
2018/07/29 22:12
N家さん、こんばんは。
JTの工場のすぐ東側ですから、菊陽からだったら目と鼻の先ですね。日本の他のラウンドアバウトの事は何もしらないのですが、写真で見る限りは、熊本に出来たものは
かなり小さいような気がします。今だったら、何周もグルグル廻る事ができるくらい、だーれも通行していませんので、是非、ご堪能ください!
のぶ
2018/07/29 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
オシロイバナとラウンドアバウト くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる