電動ロードバイクに乗ってみた

ナベちゃんからの情報で、「スポーツサイクル・クシ」に電動ロードバイクの試乗に行く。

聞けば、YAMAHAが最近「YPJ-R」というのを売り出して、そのキャンペーンをやってるらしい。

YAMAHAは1993年以来、ママチャリ型の電動アシスト自転車を生産しているが、スポーツサイクル市場で新しいニーズを創造するため、2012年にプロジェクトを発足。そして2015年12月からようやく販売を開始しているらしい。

仕事をちょっと早退し、実家の母との昼飯もそこそこに正午過ぎに「スポーツサイクル・クシ」に到着すると、試乗用の「YPJ-R」にはSPD-SLのペダルが付いていたので、わたしのクロモリロードバイクのSPDペダルと付け替えていただいた。
画像


ハンドル中央には、速度、時刻、アシストモード、バッテリー残量などを表示する液晶ディスプレイと、その手前にスイッチユニットがついている。
画像


ユニットの横面に電源ボタンがついていて、
画像
ユニット上面左側の上下ふたつのボタンが走行モード切替ボタンで、アシストオフとエコ、スタンダート、ハイの3つのアシストモードを切り換える。
画像
そして右上のボタンは夜間走行時などのバックライト、右下のボタンは液晶ディスプレイ下部に表示される、平均速度、最高速度、走行距離などの表示を切り替えるセレクトボタン。

ダウンチューブに取り付けられているのがバッテリー。
画像


そしてBB部には電動アシストユニット。
画像
発進から時速24㎞までをスムーズにアシストしてくれるらしい。

ブレーキ系、ギヤ系などのコンポーネントは標準的なシマノの105。
画像


総重量は15㎏ほどで、通常、8~10㎏ほどのロードバイクに比べると、ズシリと重い。
画像


スタンダードのアシストモードで、いざ、試乗を始めると、確かに漕ぎ出しが軽い。
画像


裏道に入って、内坪井町の「日本で2番目に古い予備校」の前を過ぎ、観音坂の上りに差し掛かる頃、
画像
ハイモードに切り替えると、あら不思議。後ろから押されるような感覚でアシスト力が上がり、斜度10%を超える坂を時速20キロ以上で上ることができる。「こりゃあ楽チン!」

いつもヒイヒイ言って上がる坂をあっという間に上り切る。
画像


「満タンのバッテリーが空になるまで、どこまででん、行って来てください。」との事なので、さらにひとっぱしりすることにして、丁度、ご家族と来熊のヘイホーさんを白川べりに呼び出し、熊本港へ行くことに。

スタンダードモードでは、平地なら40㎞くらいでバッテリーが空になるとのことだったので、エコモードで走ると、普通のロードバイクの感覚。

スタンダードモードだと「追い風5m」って感じで、ハイモードだと「追い風10m」って感じかな?
画像


ちなみに、「スポーツサイクル・クシ」から峠の茶屋までハイモードで上がるとバッテリーが空になり、スタンダードモードで走ると30%くらい消費するとのこと。

やがて熊本港に到着。

休憩していると、ヘイホーさんが乗ってみたそうな素振りなので、
画像
バイクを交換すると、ヘイホーさんはわたしより少し身長が低いのに、こしゃくな事に、サドルの高さは同じくらい。

熊本港の橋の上り坂では
画像
みるみる差がついてくる。
画像


やっぱり若いもんにゃ乗せたらいかんな。

その後、防波堤沿いの道を南に走り、
画像
緑川河口から上流へ。
画像


この間、ヘイホーさんは「自分のバイクのサドル高が低い」という非常に大切な事を発見し、早速調整。
画像


その後、平木橋の先の川沿いの道は工事中で一部迂回し、川尻へ。
画像


薩摩人にはやっぱり、うなぎの若松屋の隣の薩軍本営跡をきちんと紹介しておかねばならぬ。
画像


小腹が空いたので和菓子の「天明堂」に寄って、できたての「チーマン(チーズ饅頭)」と抹茶をいただく。
画像


その後、裏道を北上して、東バイパスが国道3号線に突き当たる所でヘイホーさんと別れた。
画像


試乗車を戻す前にもう一度、坂を上りたくなって、熊本城の行幸坂を上る。
画像
楽チン楽チン!
画像


先ほど上った観音坂を下って戻った。

ペダルを交換してもらい、
画像
「スポーツサイクル・クシ」を辞去。

電動ロードバイクの直後に自分のクロモリロードバイクに乗ったらガッカリするかな?と思ったけれど、それほどの落胆もなく快調に帰った。

初めて乗った電動ロードバイク・・・あと5年くらいして、バッテリーの容量が増えて、軽量化して、総重量が10㎏くらいになって、そして自分の脚力が弱ったら、きっと欲しくなると思う。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヘイホー
2016年02月27日 19:49
ノブさん、今日は貴重な体験をさせて頂きありがとうございます!
電動ロードバイク、これから、より進化していくでしょうね。
僕も、電動ロードバイクのように上り坂を楽々走れるように、より精進します(笑)
今回は、鹿児島の歴史にも触れたし、サドル高の低さに気づくことが出来たし良かったです(^^)
みきたか
2016年02月27日 21:20
私がロードバイクへはまり出した第一歩が電チャリ。
50km位でバッテリーが切れてメチャ重。
モーターを繋いだり切ったり出来るクラッチがあればと思った次第。
でも何故かまだ発売されていない。
絶対良いと思うんだけど。
アンカー星人
2016年02月27日 22:24
これは面白そうですね。 電動ママチャリなら乗ったことはありますが、電動ロードバイクですか?! 一度これで走ってみたいですね。 ホントに楽チンで良さそうです。
全然話は違いますが、YAMAHAの“音楽系のエンブレム”と、“モータースポーツ系のエンブレム”は、全く一緒のようで、実は微妙に違うみたいです。 既にご存知でしたでしょうか? 
1008
2016年02月27日 23:48
電動、興味はあるのですが、未だ未体験。
一度乗ってみたいもんです。
これがあると、家内も同行できるルートが増えるんですけどね~
まあ、100Km以上走れるのが希望ですが、
まあ、画期的なバッテリーと高効率モーターが出来ないと難しいですね。
のぶ
2016年02月28日 06:38
ヘイホーさん、こんにちは!
昨日はお疲れ様でした。電動ロードバイクの試走にお付き合いいただき、ありがとうございました。「瓢箪から駒」で、サドル高の低さに気がつくことになり、良かったですね。
西南の役関係の史跡は県内に山ほどあるので、またご紹介する機会があると思います。
のぶ
2016年02月28日 06:42
みきたかさん、こんにちは!
ほう、そうだったんですか。わたしは昨日が電動アシスト初体験でした。「自転車は自分の脚で行くのがいいとこなのに、電気でアシストなんて・・・」と思っていましたが、使ってみるとクセになりそうですね。
自転車にクラッチ・・・さすがモーターバイク技術者の発想ですね。
のぶ
2016年02月28日 06:47
アンカー星人さん、こんにちは!
わずかな試乗でしたが、坂の手前になるとすぐアシストのモードをアップしたくなり、これに乗っているとダメライダーになるなと確信しました。でもその分、筋力が落ちた時の事を考えると魅力的です。もう少し進化したら、確実にわたしの選択肢に入ってくると思います。
のぶ
2016年02月28日 06:50
1008さん、こんにちは!
電動アシストロードバイクは1008さんの奥さんなんかには持って来いでしょうね。これなら1008さんがどんな酷道に誘い込んでも後々警察に捕まることはないでしょう(笑)。しかし本当に1008さんが買うようなことがあったら色々改造するだろうなあと思いました。
お好み焼きSD
2016年02月28日 08:10
おぉクシさん夫妻久しぶりです!すっかりご無沙汰していて(汗)お元気そうですね(^^)
バッテリー切れて自力でかえる時には重そうですね(笑)
斜度10%を20キロ以上で楽チンですか、確かに楽そうですね!
へん○いさんたちはキツくないと嫌みたいなんでそういった人達向けではないみたいですね(笑)
のぶ
2016年02月28日 08:28
お好み焼きSDさん、こんにちは!
アシストオフのモードでも走ってみましたが、かなり重いです。ちょっとしたのぼりでもヒイヒイ言うくらいです。へん○いさんたちにはアシストオフモード、あるいは発電しながらヒルクライム、くらいの人のためになることをやってもらいたいですね(笑)。
2016年02月28日 18:45
え!?のぶさんが電動アシスト!?って思ってしまいましたぁ!
まだまだそんな歳ではないでしょう!?
これも下り坂を走る時は充電するんですか?
前レスの<へん○いさんたちにはアシストオフモード、あるいは発電しながらヒルクライム>に笑いが止まりません!
のぶ
2016年02月28日 20:36
宮星さん、こんにちは!
いえいえ、もうすぐ還暦の「老人予備軍」です。
「ロードバイクに電動アシストは邪道だろう?」と先入観を持って試乗をしましたが、慣れてくると、ちょっとした坂でもアシスト力を強くしたくなりました。
本文に書いていた通り、あと少ししたら本当に欲しくなるようになるかもしれないと思いました。
にしひがし
2020年01月13日 15:19
にしひがし
2020年01月13日 15:22
昨年、ハワイのセンチュリーライドに出場したときに超重そうな電動アシストバイクが、Heert Break hillをグイグイ登っていて、うらやましく思いました。残念ながら、前半で電池を使い果たしたようで、最後は、押してました。記事をみると途中でバッテリー残量がなくなったようですが、途中で充電したのですか?

この記事へのトラックバック