『残る桜も散る桜』

先日、大津北中学校の横とHSR九州の桜のトンネルをくぐって帰宅後、天気予報を確認すると週末はずっと雨。

「平地の桜は今日が最後かあ」と思うと名残惜しくなってクロスバイクにまたがり近場の桜を見に行った。

保田窪放水路。
画像
画像
画像


そして、立田山。
画像
画像
画像


その日、夏日となった熊本市ではソメイヨシノの満開宣言が出されたけれど、前日降った雨のためか、すでにあちこちで桜吹雪が舞い始めていた。
画像
画像
画像




「花よりもなほ」という映画がある。

時は元禄十五年。父親の仇討のために信州から江戸に出てきて3年になる「宗左」という侍が貧乏長屋で暮らしている。仇討の相手を見つけ出したものの、宗左の剣の腕はからっきし。仇討を果たす決心のできない宗左は長屋で暮らすうちに次第に心に変化が・・・という話。

タイトルの「花よりもなほ」は、殿中松の廊下で刃傷沙汰を起し切腹した浅野内匠頭の辞世の句、「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」から取ったもの。映画でも赤穂浪士が数名、宗佐の住む長屋に潜伏していて、討ち入りの機会を伺っているという設定になっていて、ストーリーに陰陽をつけている。

「桜は来年も咲けるから潔く散れるんだよ」というような台詞が幾度と出てきて印象深かった。



ところで、桜の花びらが落ちるスピードは「秒速5センチメートル」なんだそうだ。

転校を機に巡り合い、そして離れ離れになった若いふたり。ふたりの心の距離と、遠ざかる速さをテーマとしたアニメ作品。それにしても切ないねえ。



さて、桜をテーマにした歌は沢山あるけど、自分では、やっぱりこれが一番かな?

経る(ふる)時


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

みきたか
2015年04月05日 19:29
写真を見て ”えっ?” 
って、思いましたが4/2(木)の写真でしたか。
でも、今日までたった3日間ですもんね。
今日は平地では殆ど散っていたかと。
なるほど、「桜は来年も咲けるから潔く散れるんだよ」ですね。
桜吹雪の中を自転車で走ってみたいと思いましたけど、
まあ、「来年も散れるので」。
1008
2015年04月05日 21:17
平地で桜がこんなに残ってる?とびっくりしました。
しかし桜の花の寿命って短いですね。
甲佐の桜並木、昨年桜色の道路に花吹雪が綺麗だったので、今年もと思って
いましたが、とうとう行けないで終わりました。
来年の桜の季節も同じ事を言っていそうです(^^;)
のぶ
2015年04月05日 22:19
みきたかさん、こんばんは!
このところの雨で、自転車ネタも切れてしまいました。はは。
今年の花の命はやや短かったですね。今度の木曜日にでも阿蘇あたりの桜を楽しめれば・・・と思っていますが、天気予報も芳しくありません。
来年ですかね?
のぶ
2015年04月05日 22:27
1008さん、こんにちは!
雨の球磨川、お疲れ様でした。
今年は桜ポタに適した休日が少なかったですね。
わたしも今年は久しぶりに立岡自然公園の桜のトンネルを自転車で走りたかったですが、機会を失いました。桜の花も楽しむのが以外と難しいですね。
Benbow
2015年04月06日 08:35
ふふ、良寛和尚は大好きな人です! 無常を教えてくれますからな…
別な方ですが、明日ありと思う心のあだ桜 ・・・・・
来年の春もいいですが、五家荘方面はまだこれからですけんね~(^^)
KEN
2015年04月06日 09:40
おはようございます。最後まで桜三昧!立田山の湖面に写る桜はいい感じですね~
秒速5センチ、、は「桜の花びらが舞い落ちる速度」の短編3集をアニメ好きの長女が観はまっていた頃を思い出しました。桜がらみは切ないお話が多いですね。
のぶ
2015年04月06日 12:36
Benbowさん、こんにちは!
おっ!流石、タイトルが良寛の句(と言われている)とご存知でしたね。
ちょっと風刺めいたというか、目線が違う句が多いですね、良寛和尚は。
高度の高いところでは今週末くらいまでは桜が楽しめるでしょうかね?
できれば楽しみに行きたいですが、予報がいまいちだったり予定があったりです。
のぶ
2015年04月06日 12:43
KENさん、こんにちは!
おっ!「秒速5センチメートル」、KENさんもご存知でしたか。わたしも長男から教えてもらいました。背景の描写が凄いですね。
春は出会いと別れの時期。桜の花にまつわる話も切ない話が多いですね。あと、中島美嘉の「桜色舞う頃」も切なくて好きです。
アンカー星人
2015年04月06日 17:04
こんにちは!
桜は本当にあっという間でしたね。 
それにしても“ 桜づくし ” お見事です。
“経る時”・・・これは~名曲ですね。 
ワタクシのYumingの好きな曲 10本指に入ります。 
久しぶりにYumingをじっくり聴きたくなりました。
のぶ
2015年04月06日 18:58
アンカー星人さん、こんにちは!
20年ほど前の4月、『経る時』のモデルになった九段のフェアモントホテルのティールームで千鳥ヶ淵の桜を見るチャンスがあったのですが、東京で働いていた悪友の見事なナビゲーションにより、皇居の近くにたどり着いた時にはもう飛行機の時間がせまってきて、念願が果たせませんでした。その後、ホテルは無くなってしまい、大変残念な思いをしました。そんな思い出もある曲なんです。
2015年04月06日 22:02
4/2は桜吹雪状態でしたが、まだ十分に綺麗でしたね!
写真の桜、どちらも綺麗ですね!
私の方は、熊本城~本妙寺~水前寺公園を長男に案内して歩きました。
城は昔からあった大小天守閣と宇土櫓とお堀側の長塀の他に、塀や櫓がたくさん出来、大きな御本丸御殿までイメージが全然変わっていました。
のぶ
2015年04月06日 23:22
宮星さん、こんばんは!
久しぶりの熊本を存分に楽しまれたようですね。
熊本城はここ十数年で、本丸御殿を始め、多くの櫓が復元されました。
地元の者でも久しぶりに行くと新鮮な感じがします。
宮星さんのブログを拝見しましたが、素晴らしいしだれ桜をいくつもレポされていますね。熊本にもしだれ桜はありますが、あんなに大きくて立派なのは見たことがありません。素晴らしいです!羨ましいです!
びーろっく
2015年04月09日 23:42
のぶさんこんばんは!
そしてありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))というのも、引越し前に見ることが出来なかった元自宅前の桜が見たかったもんで笑
大分では雨続き、コースが見つからず乗れてません(^_^;)
のぶ
2015年04月10日 08:25
びーろっくくん、こんにちは!
最初の2枚の写真は豊肥線の向こう側の桜ですが、3枚目の写真はびーろっくくんのアパートの横の橋から撮ったものです。懐かしいでしょ?「見てくれるかな?」と思って撮った写真なので、コメントをいただいて、大変嬉しいです。
大分も熊本に勝るとも劣らないコースが色々ありそうですね。今は菜種梅雨の時期ですから、5月になると社会人生活も一段落して・・・ですね。

この記事へのトラックバック