くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS くまもと海苔養殖ライド

<<   作成日時 : 2018/06/17 15:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

海苔の養殖は有明海沿岸が有名だけど、特に熊本は、その発祥の地と言われるで、その所縁の地を廻った。

まず訪れたのが宇土市の住吉地区。紫陽花で有名な住吉公園の
画像
西側斜面に「海苔養殖の母」と呼ばれる「ドゥルー女史」の顕彰碑が建っている。
画像
画像


今では日本食に欠かせない食材となった海苔だが、
画像
その生態は長いこと謎とされていた。実際、昭和二十年頃までの海苔の養殖は河口付近に支柱を立て、自然に生える海苔を収穫するという方法で生産量も不安定で、それだけに縁起物・高級食材として扱われてきた。

そんな海苔の生態を解明したのが、イギリスの海藻学者ドリュー女史だった。
画像
(Wikipediaより)
昭和24年、ノリの糸状体をカキの貝殻の中で発見。親交のあった九州大学の瀬川宗吉教授に手紙で知らせ、熊本県水産試験場の研究員・太田扶桑男(ふさお)氏が人工採苗の研究を進めることになった。
画像
(熊本県教育委員会のHPより)



ところで、話は変わるけど、ここ住吉は、サッカーW杯ロシア大会の日本代表・植田直通選手の出身地。
画像

宇土武道館でのパブリックビューで盛り上がろうと計画しているらしい。
画像


そんな宇土市内を通って県道338号線に行って八代市鏡町へ。


海苔の胞子(種)が糸状体になり、夏に貝殻の中に潜り込んで成長する生態を利用して、熊本県水産試験場の研究員・太田扶桑男(ふさお)氏は海苔の胞子を植え付けたカキの貝殻をノリ網に取り付ける養殖方法を確立した。

実験の行われた熊本県水産試験場鏡分場は現在、鏡町漁業協同組合の敷地となっており、その一角に「海苔人工採苗発祥之地」と刻まれた石碑が建っている。
画像


これは技術革新として大きく評価され、周囲からは特許権を取得するように勧められたが、太田氏は「ドゥルー博士の発見があればこそ」と特許権は取らなかったとか。

その技術は全国の産地に広まり、
画像
(住吉海岸の長部田海床路)
画像
(その先には無数の海苔養殖竿)
現在もカキの貝殻を使った海苔養殖が各地で続けられている。
画像
(ドゥルー女史と太田氏に感謝しつつ、ガブリ!)


ちなみに、太田氏は海苔だけでなく、カキの養殖にも尽力した。
画像
画像


帰路は有佐駅、小川駅を経由する裏道を走り、
画像
松橋から国道3号線を走って、市内に入り、一度食べて見たかった「ヨダレカレー」を食べて帰った。
画像


本日の走行距離:98.7q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
海苔養殖にこのような歴史があったとは。
特許を取らなかった事により、全国に海苔の養殖技術が広まったのでしょうね。
もし、特許を取り、独占していたら今のように気楽に海苔を食べる事が出来なかったでしょうね。
1008
2018/06/17 22:10
1008さん、こんばんは。
わたしも何年前でしたか、住吉公園の記念碑とその説明文を見るまで、そんな歴史があったとは知りませんでした。ドゥルー女史もキーパーソンですが、太田氏も負けないくらいのキーパーソンですね。
太田氏の話は、長年かかって編み出した博多明太子の作り方を他の業者に惜しみなく伝授した「福屋」の社長の話を思い出します。
のぶ
2018/06/17 22:47
水前寺ノリは水検定で熊本(江津湖)の名産と名前だけは知っていましたが、熊本が海苔養殖の発祥の地とは知りませんでした。
海苔って名脇役って感じですよね。
みきたか
2018/06/18 19:33
牡蠣と海苔はセットだったんですね。
海苔は当然のように身近にあるものだと思ってました。
今は海の無い山奥にだって海苔があるのは当たり前ですが
昔は貴重な物だったんでしょうね。
読み逃げ屋
2018/06/18 19:38
みきたかさん、こんばんは。
確かに海苔って主役にはなりにくい食材ですね。強いて言えば、海苔の佃煮くらいでしょうか(笑)?有明海は海苔養殖の発祥の地というだけでなく、菊池川、緑川など良質な水が流れ込み、しかも温暖な内海の気候で、養殖に最適な環境らしいですね。
のぶ
2018/06/18 22:00
読み逃げ屋さん、こんばんは。
私が小さい頃の海苔は、A3くらいの広さがひと単位で、それを食べる前にガスの火や冬や火鉢であぶって、小さく折って切って食べていました。独特な匂いもしていたような覚えがありますが、今は味や歯切れも向上して、進歩の跡がみられますね。
のぶ
2018/06/18 22:11
熊本が海苔の発祥地なんですね!
たまに佐多海苔をたまに買って帰りますよ^ ^
おっ、ヨダレカレーに行かれたのですね。
いつも人が並んでいますよね!
ヘイホー
2018/06/19 19:15
ヘイホーさん、こんばんは。
佐田海苔!・・・田崎市場にありますね。
ヨダレカレーは、開店時間を間違えて11時半少し前に行ったらすでに数名並んでいました。それで11時半過ぎには10名近くなって、開店の正午には20人以上並んでいました。
ビックリしました!
のぶ
2018/06/19 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
くまもと海苔養殖ライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる