くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 金峰山から「おてもやん」ポタ

<<   作成日時 : 2018/05/27 12:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

昼から用事があるので金峰山へ。

峠の茶屋から右折して芳野のJAから直進し
画像
金峰山の三の岳、二の岳の中腹をグルっとまわって、
画像
画像
面木(おものぎ)を経由して松尾東小の所に降りた。

そこからの帰り道、熊本を代表する民謡の、「おてもやん」の所縁の地を廻って来た。

まずはJR熊本駅の新幹線口の「おてもやん像」。
画像
この像は熊本民踊会が会の創立25周年を記念して市に寄贈したもので、以前は熊本交通センター前にあったが、桜町地区の再開発に伴い平成27年8月に移設。作者は熊本大学教授の石原昌一氏。
画像
(以前はよく折られていたかんざしも、ここなら大丈夫そう)


JR熊本駅の南側には駅周辺の再開発に伴ってできた春日三丁目の空き地を使用して、「おてもやん公園」や、
画像
画像
画像
「ぼうぶら公園」などが整備されている。
画像
画像
画像
(ベンチが「かすがぼうぶら」の形)


祇園橋際には、「おてもやん」の生みの親といわれる永田イネさんとおてもやんの像。
画像


「おてもやん」の発祥には諸説あるが、その中で有力とされているのが江戸末期に花柳界で唄や踊りを教えていた永田イネさんという女性が作ったという説。

そして「おてもやん」のモデルとされるのが、永田イネさんのお弟子さんの富永登茂(とも)(通称チモ)。

当時は敬称を、目上の人には「さん」、同等の人には「ちゃん」、目下には「やん」としており、娘ほどの年齢差のあった「チモ」の呼び名の「おチモやん」が「おてもやん」と変化したとも言われている。

古い町並みを抜けて走り、
画像
(「かわばたまっつぁん、きゃあめぐろ〜い♪」)
五福まちづくり交流センターへ行くと、その一角には永田イネさんの写真をはじめ、
画像
使ってたクシやかんざし、
画像
勧進帳、
画像
演目帳
画像
などが展示されている。

永田イネさんは昭和13年12月16日、84歳でその生涯を閉じ、代継橋近くの泰巌寺の墓所で静かに眠っている。
画像
お墓の上部には扇があしらわれ、墓碑には彼女の芸名「亀甲屋嵐亀之助」の名前と亀甲の紋が刻まれ、花立には鼓があしらわれている。
画像
永田イネさん自身も「おてもやん」に唄われているような頑固かつ屈託のない熊本女性の代表だったことがそのお墓からも想像できる。

「おてもやん」を口ずさみながら「おてもやん」が大勢歩いている繁華街を抜けて帰った。
画像
(熊日ビプレス会館前の「おてもやん像」)


本日の走行距離:57.6q

画像


追記)そんな訳で午後からは市民会館で、ハワイアンな「おてもやん」たちの、
画像
エキゾチックな踊りを、
画像
心行くまで堪能した。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「おてもやん」と「五木の子守唄」。
いずれも唄は聞いた事はあったけど熊本の民謡とはこちらに来るまで知りませんでした。
全国区な民謡が二つもあるなんてなんか感慨深い「くまもと」
みきたか
2018/05/27 19:44
おっと、もう一つ超メジャーがありましたね。
「あんたがたどこさ」
みきたか
2018/05/27 19:48
みきたかさん、こんばんは。
そう言えば、三つもメジャーな民謡がありましたね。では、いつか、「あんたがたどこさ」ポタをしないと行けませんね。あっと言う間に終わりそうですけど・・・(笑)。
のぶ
2018/05/27 20:25
おてもやんって、実在の人物だったのですね。
そして、公園まであったとは。
公園のかんざしは折られる心配は無さそうで(笑
熊本の民謡って、全国区だったとは。
地元に住んでいると、逆に判りにくいですね。
1008
2018/05/27 20:31
1008さん、こんばんは。
わたしも祇園橋の公演の銅像を自転車で廻るまでは「永田イネ」さんのことも、「チモ」さんのこともまったく知りませんでした。確かに熊本に住んでいると、それが全国区なのか地方区のことなのか分かりませんね。
のぶ
2018/05/27 22:27
長崎出身なものでおてもやんの事はお菓子の名前くらいしか知りませんでした、民謡なのですね、あんたがたどこさは僕でも知ってました。
話は変わりますが今日ブッチャーkさんのヒルクライム大会後にノブさんよりのスイカを頂きました!とても甘くて美味しいかったです、流石は熊本のスイカ!ありがとうございました。
N家
2018/05/27 23:38
遅ればせながら差し入れありがとうございました。みんな喜んでくれました!甘さがしみました(泣)











ブッチャーK
2018/05/28 16:07
おっ!N家さんは、長崎のご出身ですか。「島原の子守唄」が有名ですね。それから民謡ではありませんが、「精霊流し」は名曲だと思います。
さて、N家さんたちが阿蘇の坂を上っておられる頃、こちらはフラを観ておりました。ヒルクライムの後の喉の渇きを植木のスイカで満たしていただけたら大変うれしいです!
のぶ
2018/05/28 16:53
ブッチャーKさん、先日はどうも!
「道の駅スイカの里」で厳選したスイカ、喜んでいただけたら幸いでした。
皆さんがヒルクライムを愉しんでおられる頃、わたしは家内のチームやその他の発表会の撮影班的な仕事をしておりました。流石に「貝殻みっつ」の際どい衣装の踊り子さんはおられませんでしたが、結構楽しめました!
のぶ
2018/05/28 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
金峰山から「おてもやん」ポタ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる