くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦国肥後国衆祭り」ライド

<<   作成日時 : 2018/02/11 21:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

よくコメントをいただく「通りすがり」さんからのお薦めで「肥後国衆一揆」の事を調べていたら、和水町で丁度「戦国肥後国衆まつり」が開催されるというので、周辺の関連史跡巡りも兼ねて見に行くことにする。

午前7時半にクロモリロードバイクで出発し、北バイパスから須屋を経由して高速道路沿いの道を走って
画像
小野川沿い、合志川沿いから「ゆうかファミリーロード」に入り、国道3号線で山鹿へ。

市街地を抜けて田舎道に入り、城の集落で「城村城跡」の探索をして
画像
県道195号線に入り、平山温泉を経由して和水町の旧・三加和に入り、「辺春親英の墓」、「田中城跡」、「坂本城跡」などの関連史跡巡り。思ったより寒くって手足が凍えるので、暖をとりに「大塚カレー」で少々早いランチをいただき、
画像
ホットチャイで体温を上げてお祭り会場の三加和総合支所へ。
画像


お祭りの紹介の前に、肥後の、いや、日本の中世に終わりを告げた「国衆一揆」の背景を説明するのに、これまで撮り貯めた画像等を使って・・・

肥後を平定して九州全土を掌握しようとした島津氏に対して天正14年(1986年)、秀吉の九州征伐が行われ、島津義弘は薩摩に戻り、肥後は秀吉の家臣、佐々成政が領主となり
画像
隈本城(熊本古城)を居城とした。
画像
(第一高校の北門横の案内板)


当時の肥後には、その土地土地を所有し、民政・軍政を担当していた「国衆」と呼ばれる地侍が五十数名いた。
天正15年(1587年)佐々成政の検地に対して菊池城を居城とする国衆の隈部親永が反発して
画像
(あんずの丘の隈部親永像)
「国衆一揆」が発生した。圧倒的な兵力の佐々成政側にたちまち菊池城は落とされたが、
画像
隈部親永は息子の親泰の居城である山鹿の城村城に立て籠もった。
画像


この動きに呼応して田中城を居城とする和仁親実・親範・親宗の三兄弟は
画像
姉婿である坂本城主・辺春親行らと
画像
田中城に籠城して成政に抵抗した。

佐々成政は一揆を押さえ込もうとしたが、逆に御船城の甲斐親英(宗運の嫡男)らから隈本城に攻め込まれたため撤退し、
画像
(その後、甲斐親英は反撃を受けて足や手に深手を負い嘉島町で死亡)
豊臣秀吉に援軍を求めた。秀吉は小早川・立花・鍋島などの諸将に命じて田中城を攻撃させ、交渉僧の安国寺恵瓊の謀略によって辺春氏が寝返り、田中城は落城した。

そして最後まで抵抗した城村城の隈部親子もその10日後、降伏した。
画像


佐々成政は、秀吉から責任をとらされて切腹。

秀吉は、加藤清正や福島正則らの武将を派遣し、反抗した国衆を処分し、検地、課税額の決定を強行。かくして肥後の中世を支配してきた国衆のほとんどは滅んだ。田中城攻防戦の最中、「見返りに一族を守るから・・・」との甘言で寝返った辺春親行も他の国衆と同様に討たれて果てた。
画像


国衆一揆の翌年の天正16年(1588)、肥後の領主として北に加藤清正、南に小西行長が任命され、ここに肥後の中世は終焉を迎えた。

秀吉の「刀狩り令」発布のきっかけとなった歴史的にも貴重なこの「国衆一揆」を後世に伝えようと和水町では毎年2月の第2日曜日に「戦国肥後国衆まつり」と銘打って、当時の壮絶な戦いの模様を再現しており、今年が41回目を迎える。
画像


12時過ぎに会場に入ると、「熊本城おもてなし隊」の演武がやっており、会場を沸かせていた。
画像


あら?観衆の中に見覚えあるおっちゃんがいると思ったら、大藪さん!
画像


しばらくご無沙汰していて知らなかったけど、今日は20名ほどでショップライドしているとのこと。

そう言われてあたりを見ると、ヒツジさんご夫婦や、タナカさんご夫婦、それに、通りすがりさんやN家さんも!
画像


午後1時からは「南蛮毛物語」と言って、和仁三兄弟の父親の側室が大友宗麟から送られた南蛮(オランダ)女性で、三兄弟の末の「親宗」はその側室の子で身長が2mくらいあり、顔が赤くて鬼のような顔だったという伝説の寸劇。
画像
(大和撫子に見えるが、南蛮人の「マリア姫」と切支丹大名の「大友宗麟」)


その後が、お待ちかねの合戦劇であった。
画像
画像
(女性兵士も多かった)
画像
(赤い兜が和仁軍)
画像
(こちらが豊臣軍)
画像
画像
画像


それなりに面白かったけど、何様、風が冷たくて凍えて、模擬戦が終わると早々に大藪関係の皆様にご挨拶して、急いで帰路へ。

県道6号線を南下し、県道315号線へ左折して山鹿西部大橋を渡り、米野岳中学校を経由して
画像
(鞍岳もうっすら雪化粧)
宮原のセブンイレブンに寄ったら家庭サービス中のナイチン工場長さんと遭遇!
画像
(ホカホカの灯籠饅頭、ご馳走さまでした!)


その後、ゆうかファミリーロードに入り、合志川、小野川、坪井川沿いの道を走って帰った。
画像


画像

画像


本日の走行距離:101.3q

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
肥後国衆まつり、質素なイベントかと思っていたら、なかなかの規模のようですね。
大藪さんから誘われていましたが、残念ながら仕事で参加出来ずでした。
しかし、豊臣秀吉も大阪から遠く離れた肥後まで監視するとは、大変だったでしょうね。
大阪まで700km・・・BRMなら2日で行く距離、そうでも無かったりして(^_^;)
1008
2018/02/11 21:51
今日はお久しぶりにお会い出来ましたね!面識の少なさもあり最初はお声をかけられなかったですがw
お祭り中は通りすがりさんからの解説とノブさんのこの記事でようやく少しこの一揆や教科書で習った歴史とが僕の中で噛み砕けました、ありがとうございます。
帰り道に大薮さん恒例!?豊前街道の腹切坂を自転車を押して担いで登りとサイクリングターミナルの所にある丸ポストにも初訪問も出来、これが昭和24年三谷製となかなかのレア物だったりと距離は短いながらもインパクトあるライドでした。

N家
2018/02/11 22:14
1008さん、こんばんは。
今日はお会い出来ずに残念でした。大塚カレーで一緒になったお客さんが「20人位で走っている集団がいた」と言ってましたので、ひょっとして?と思っていました。
この祭りには初めて行きましたが、私ももう少しこじんまりとしてるのとばかり思っていました。食料品や特産物を販売しているテントもかなりの数ありました。
秀吉も九州征伐の時は出陣していますが、国衆一揆では家臣に任せたようですね。
のぶ
2018/02/11 23:21
N家さん、おはようございます。
昨日はお会いできて嬉しかったです。こちらこそ、人のお顔を憶えるのが苦手なもんでして・・・。わたしもこの祭りがあっているのは昔から知ってはいたのですが、あまり興味が湧かなかったので行くことがありませんでした。しかし、郷土の歴史を勉強して行くと、面白い!ということがやっと分かりまして、この歳になって初めて出かけて行った次第です。
おっ!腹切坂、皆さんで上ったんですね。あそこは何だか怖い雰囲気ですもんね。わたしには丸ポストって全部同じように見えるのですが、レア物ってあるんですね。どの世界も奥が深いです。
のぶ
2018/02/12 06:50
昨日は寒い中お疲れ様でした!
のぶさんの記事は読みやすく分かりやすくて関心します。
自分も坂本城・辺春氏の墓・城村城と回ったので会場以外で結構ニアミスしてたのかもしれませんね^^;
田中城ですが石像のある南側からは登れないんですが北側に回ると登り口が整備されていて本丸まで行くことができます。
北側への案内が特にないので気付いてない人がかなり多いようです(商売下手)。
他細かい小ネタですが
・田中城の北にある熊野宮=和仁神社。
・八つの神様の「耳」は田中城の戦いで亡くなった、立花宗茂家臣の由布大炊助(惟明)の墓。
・城村城の東の日輪寺に佐々成政は陣を敷いたが、この場所に数十年後
 佐々成政の親戚&徳川光圀の家来の佐々宗淳(水戸黄門の助さんのモデル)が立ち寄ったそうです。
・田中城南の神尾(大田黒)城に篭城していた大津山家稜の墓が辺春氏の墓の南側にあります
 (この人も安国寺恵瓊に殺されて大津山氏は滅んでいます)。
等等があります。
もし気になるワードがあれば来年また来てみてくださいー。
通りすがり
2018/02/12 09:21
戦国肥後国衆祭り、規模の大きいイベントで面白そうですね!
こういうイベントで歴史を知るのは良いかもしれませんね。
僕も昨日は島津義弘を祀っている神社に行ったから奇遇ですね。
合戦劇の女性兵士役の方に来年は斬ってもらいたいです(笑)
ヘイホー
2018/02/12 09:32
通りすがりさん、こんにちは。
昨日は、お会いできて嬉しかったです。あーそうだったんですか。そう言えば、辺春氏の墓への畦道に踏み跡があったので誰か来たのかなぁ?と思っていたところでした。田中城の本丸跡や、耳の神様には行ったことがあったので、今回は行きませんでしたが、あー!そうだったんですかぁ。それは知りませんでした。加えて、大津山氏関係の史跡は南関にあるものとばかり思っていました。日輪寺も含め、またポタリングしないといけませんね。勉強になりました。今後ともご教示をよろしく!
のぶ
2018/02/12 16:44
ヘイホーさん、こんにちは。
鹿児島では「西郷どん」パワーで、もっと大々的な催し物が沢山ありそうですね。
島津家だけでも色々できそうな感じです。
切ってもらいたくないような逞しい女性兵士もおられましたが、切ってもらいたくなるような麗しい女性兵士も数名・・・(笑)。
のぶ
2018/02/12 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦国肥後国衆祭り」ライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる