くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇土半島・南阿蘇コネクション

<<   作成日時 : 2018/02/04 16:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

寒い一日になる予報だけど、今日は立春なので頑張ってサイクリングに出かける。

宇土半島と南阿蘇には一見何の関係もなさそうだけど、「歴史的に関係ある」という話なので確認しに宇土半島へ。

午前8時過ぎにクロモリロードバイクで出発し、画図の田舎道を走る頃には暗雲が立ち込めてきて、
画像
めど町橋を渡って緑川左岸を川下へ走っていると雪がびゃんびゃん降り出した。
画像


数日前にインフルエンザBの人が思いっきりくしゃみをしたのを、もろに顔に浴びてしまい、タミフルを予防的に内服している身なので、
画像
「引き返そうか?」と思ったけど、5分くらいで降り止んだ。

ウキウキロードから田舎道を走って、
画像
国道265号線に入り、空気の冷たさで多少指先が凍えるものの、海岸沿いを気持ちよく走る。
画像
画像
画像


そうしたら、motteaさん一家と遭遇!
画像
これからチャンポンを食べに行くとかで、しっかり「二児の父」をしておられた。

郡浦(こうのうら)の交差点から左折して案内板に従ってさらに左折し、
画像
矢崎集落を抜け、トトロの住処に続くような道を歩いて
画像
岬の台地へ。
画像


そこに矢崎城跡の石碑。
画像


天文19年(1550年)頃に宇土半島は阿蘇氏の所領となり、峯村(現、南阿蘇村中松)に築城された鶴翼城(峯城)城主・中村伯耆守惟冬(ほうきのかみこれふゆ)が阿蘇家の命を受け、この矢崎城の城代を兼務することになった。

ところが、天正8年(1580年)九州の覇権を目指す島津氏の侵攻で、中村伯耆守惟冬は矢崎城で奮戦の後、討死した。

妻と4歳になった嫡男、惟尚(後に峯伯耆守惟尚)は、少数の家臣とひそかに故郷峯村に戻り(妻は矢崎城でともに死亡との説も)、その地名である「峯(みね)伯耆守」を名のった。

一本の桜の苗がその時期に植えられ、戦いに散った城主・惟冬とその家臣たちの菩提を弔うため一心に行をおさめたというところから「一心行」の名がついたとされている。
画像


矢崎集落にある神社には、ここで命を落とした中村伯耆守惟冬とその家臣たちのために慰霊の碑が建てられていた。
画像



県道243号線に入り、坂を上り、
画像
米の口の峠を越えて、
画像
網田へ。

田平地区の小高い丘に登ると、そこは「田平城跡」。
画像
画像


惟冬の弟・中村二大夫は田平城(当時は「綱田城」)の城主で二大夫はその翌日に降伏し開城した。

その後も島津は侵攻を続け、甲斐宗運などの抵抗があったもののその勢力は衰えることを知らず、天正13年(1585年)高森城の陥落により肥後は島津に平定された。




国道57号線を走って
画像
住吉の先から宇土北部農免道路を走り、平木橋を渡って右折し、
画像
川尻を経由して浜線バイパスから白山通りに入り、インド食堂でランチして帰った。
画像


本日の走行距離:91.9q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
極寒のサイクリングお疲れさまでした。
タミフルを予防薬とはさすがです^^
その効果(副作用)なのかmotteaさんが普通の体格(いわゆる太っていない)に見えます^^
たぶん、幻覚がカメラに移ったのでしょう。
城跡に立つと建築物が無くてもいろいろと思い巡ります。
みきたか
2018/02/04 19:09
今日は風と寒さと大変だったでしょう。
宇土半島にも城跡がそんなにあったとは驚きです。
でも、地形的に簡単な城壁で済みそうな気がします。
motteaさんも家庭サービスに励んでいるようで、
家庭は平和でしょうね。
1008
2018/02/04 20:10
画像見ただけで寒い。
確かに宇土半島の地形を見ると尾根ごとに、戦いのための出城在った様な気がしますね。
トトロの道も夏場に行ったら凄い事になりそうですね。
読み逃げ屋
2018/02/04 20:47
みきたかさん、こんばんは。
寒かったですが、朝の通勤時に比べると随分楽でした。motteaさんは、今日は髪型がキマっていた他はいつもと変わりありませんでしたよ。
城址も、そこが落城して、城主が命を落としたとなると、さらに感慨深いです。
のぶ
2018/02/04 21:10
1008さん、こんばんは。
寒さは通勤で慣れているせいか、それほどではありませんでしたが、特に午後の風が強く、しかも横風の事が多くて、フラフラしながら走りました。宇土半島は急な坂が多いので城の形態は容易に構築できそうですが、素人考えでは攻撃するのも簡単そうで守りにくいのでは?と思いました。
のぶ
2018/02/04 21:17
読み逃げ屋さん、こんばんは。
ちょっと調べただけですが、宇土の主だった城は、今日の二つと宇土城の、三つだったようです。宇土半島の山も尾根が沢山あって、作ろうと思えば、城は沢山できそうですけどね。当時の道がどんなものだったか想像してみましたが、今となってはなかなか難しいですね。
のぶ
2018/02/04 21:21
極寒ライドお疲れ様です!
トトロの住処みたいなジブリチックな場所の先に史跡があるのも良いですね^ ^
しかし、今日は寒すぎて朝練を早めに引き上げてしまいました。
早く暖かくなって欲しいです。
ヘイホー
2018/02/04 22:18
今日は寒かったでしょうね(^^;)
お疲れ様でしたー!例年より寒い気がします暖かい季節が懐かしいです
まさかのぶさんのブログで○本さんが見れるとは(笑)
お好み焼きSD
2018/02/05 02:21
おはようございます。昨日は思いがけずお会いできてうれしかったです。
寒いけど天気はそこそこいいけん、自転車はそこそこ見るだろうと思いながら運転してると前方に見覚えのある後姿を発見しました(笑)
ふふふ、みきたかさん確かに太ってないですよ。ちっちゃいの二人いるとなかなか自転車乗れなくて、みんなと走るときにぜんぜん乗れないのも困るんで、ローラーやら必要以上に食わないようにしたりして、体重と体脂肪だけはなかなか良い状態に保っておるのですよ。
ここ一番のときのために、日常の家庭サービスをしっかりしておる次第です。
mottea
2018/02/05 09:13
ヘイホーさん、こんばんは。
昨日は昼間も寒かったです。ただ、朝晩のジテ通のお蔭(?)で寒さには鈍感になっているようで、コンビニで暖をとることもなくサイクリングできました。時折りの向かい風には困りましたが・・・。そんな中でもお城跡巡りしていると当時の事が偲ばれて、妄想にふけっておりました(笑)。
のぶ
2018/02/05 20:52
お好み焼きSDさん、こんばんは。
確かに今年は例年に比べて寒い日が多いようですね。ただ、わたしの場合、汗っかきなので、サイクリングに限っては夏よりも冬の方がまだ良い気がします。真夏は正午前後から夕方までは命の危険を感じますからね。
のぶ
2018/02/05 20:56
motteaさん、昨日は思わぬところでお会いでき、嬉しかったです。
新たな家族も加わって、ますます充実って感じですね。「チャンポンを食べに・・・」お聞きし、あの後、温かそうなチャンポンの映像が頭から離れず、振り払うように頑張ってペダルを漕ぎました。お食事処のような温かい部屋に一度入ってしまうと、もう外に出たくなくなるかと思い、自宅の近くのインド食堂までコンビニにも寄らず頑張って走りました。お子さんが大きくなられるまではご一緒する機会が少ないかもしれませんが、そのうち・・・。ですね。
のぶ
2018/02/05 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇土半島・南阿蘇コネクション くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる