くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 南関方面狛犬ライド

<<   作成日時 : 2018/01/07 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

狛犬めぐりをシリーズ化するつもりはないのだけど、アンカー星人さんのブログを拝見したら南関にも面白い狛犬がいるみたいなので、今度は県北へ。

坪井川沿いの道を走り、
画像
楠野町から国道3号線に上がり、県道3号線を北上。和水町に入り、用木(もてぎ)日吉神社に立ち寄る。
画像


ここの大正11年建立の狛犬は「吽」の方が前足で子どもを抱き寄せており、この地域の特徴らしい。
画像


また、ここの境内には猿の石像もある。
画像

猿もこの神社を守っているのかとおもったら、これは「神使(しんし)」であり、「神のつかわしめ」とも呼ばれ、神に先駆けて出現し、あるいは神の意志を知る兆しとされるのだと。

稲荷神社の狐、
画像
(熊本城稲荷神社)
菅原神社の牛
画像
(山崎菅原神社)
なども同様であるらしい。

ところで、ここ用木日吉神社の狛犬はうちの家内の母方の曽祖父が寄進した
画像
との事で「必ず見てこい!」と言われ立ち寄った次第。

次に訪れたのが、和水町瀬川地区の丘の上にある菅原神社。
画像


明治2年に建立されたここの狛犬はとてもユニークで、右側の狛犬は何か押さえつけ噛みついている。
画像
良く見ると噛みつかれているのはヒゲを生やした爺さんの頭!
画像
左側の狛犬は、誰やら人間とともにそれを平然と眺めている。
画像
その足元には二匹の狛犬の子どもがのんびりと寝っ転がっている
画像
という具合に不思議な構図となっている。

噛みつかれている爺さんは、この神社に悪さをしようとするものの象徴で、それを狛犬とともに見つめるのは菅原道真公・・・と推測するのはちょっと飛躍しすぎかな?

さらに県道3号線を北へ走って、南関に入り、坂下阿蘇神社へ。
画像
ここの狛犬は印象的な顔をしている。
画像
(昭和11年建立と比較的新しいがメンテが良好)


県道4号線を北上し、国道443号線に入って北上し県道4号線へ右折して瓦屋敷の熊野神社へ。
画像
画像
(大正10年建立の狛犬が茶色なのは石の鉄分が錆びているからと思われる)


国道443号線に戻って南下し、小原(こばる)地区から左折して、小原菅原神社、
画像
(明治30年建立)
三霊宮、
画像
(大正7年建立)
萬里森(まてのもり)神社、
画像
(慶應3年(1867年)建立)
馬立(またて)菅原神社
画像
(明治2年建立)
を訪れ、南関の狛犬を堪能した。

さて、南関周辺でよく見かけた子どもを抱き寄せている狛犬。
画像
ということは、その狛犬は雌か?と思い、股間をしらべると、子どもを抱いている方は、つるんとしていて、一方、「阿」の表情で威嚇している狛犬の股間には、ちゃんとシンボルが彫られていた。
画像
(股間のシンボルもバリエーションが豊か)


馬立から県道194号線に降りて国道443号線に入り、山鹿へ着くと菊池川の河川敷ではドンドヤが始まっている。
画像


市街地に入り、久しぶりに「グルメ倶楽部」でビーフカツカレーをいただく。
画像


あとは菊池川、合志川、
画像
小野川沿いの道を走り、坪井川沿いの道を走って帰った。
画像
(しゃりんかんのショップライドと思われる一団と一緒になった)


本日の走行距離:99.8s

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こうして見ると狛犬の表情がそれぞれ違って面白いですね。
また、地域でも特徴があるようで、建立が古い方が特色も豊かな感じ。
(しかし、股間まで探求するとはさすがです^^)
昨日立ち寄った御船の若宮神社の狛犬は新しく標準的な容姿に見えました。
みきたか
2018/01/07 17:38
みきたかさん、こんばんは。
古い狛犬にはユニークなものが多いですね。ただし、熊本地震で被害の大きかった地区では狛犬の損害も多いようです。
御船の若宮神社と言えば、カフェ・コンフィチュールの近くのヤツですね。最近のものは格好は整っていますが、個性に乏しいですね。
のぶ
2018/01/07 21:23
今日は南関方面でしたか。
前回の狛犬とはまた違った表情をしているような気がします。
面白いですね。
カレーの写真を見て思い出しましたが、嫁の実家の近くに行列のできるカレー屋がありましたので、機会があればご一緒しましょう( ´∀`)
ヘイホー
2018/01/07 22:35
ヘイホーさん、こんばんは。
そう言えば、鹿児島市内の神社には狛犬が少ないそうですね。それも地域性でしょうね。
えっ?そんなカレー屋さんがあるんですか?いつか連れて行ってください!
のぶ
2018/01/07 22:54
同じ狛犬でもよく見ると千差万別ですね。
瓦屋敷熊野神社の狛犬のオレンジ色は錆だったんですね。これには驚きました。どこの神社も神々しかったのですが、特にここの神社は着いた途端に空気ガラリと変わって凄く神秘的でした。
「グルメ倶楽部」ではオムライスしか食べたことがありませんが、ビーフカツカレーもその内食してみたいと思います。
アンカー星人
2018/01/07 23:53
アンカー星人さん、こんにちは。
南関町十八社巡りの「難関突破」おめでとうございます!わたしは五社だけでしたが、あれを2日で十八社廻ったとは流石です。そんな中でも瓦屋敷熊野神社は神々しかったとのことですが、わたしも同感です。凛とした雰囲気が漂っていましたね。他の神社も社殿に画が沢山かけてあって印象的でした。
グルメ倶楽部のビーフカツカレーのカレールーは美味しかったですが、その日のビーフカツは脂身が多くてやや残念でした。
のぶ
2018/01/08 08:14
狛犬がお爺さんの頭を噛んでいるのには、えっ?と思いましたが、
悪人なら納得です。安心しました。
しかし、狛犬に雄雌があり、シンボルまであるとは。
今度見かけたら確認してみよ〜っと(^^)
1008
2018/01/08 08:30
1008さん、こんにちは。
どういう訳であんな狛犬ができたのか不明ですが、物語性があって興味深いです。途中から狛犬の股間が気になって、不審者のように眺めまわしておりました。幸い、お参りの人がほとんどいなくて良かったです(笑)。
のぶ
2018/01/08 13:00
近所の用木日吉神社の話があって驚きました。
色んな表情があるんですね。勉強になります。
家族に記事を見せたら今度見に行くことになりました。

和水は肥後国衆一揆絡みの和仁氏・大津山氏・辺春氏の話が結構面白いのでオススメです。
有名人?の安国寺恵瓊が来て国衆を謀殺して回ったり鍋島や小早川など九州の有力者も集まっていたそうです。
周辺にある内空閑氏・康平寺(山本地区)や隈部氏の城村城・日輪寺(山鹿地区)も良いですよ。
通りすがり
2018/01/15 16:17
通りすがりさん、こんにちは。
あら、用木のお近くですか。それでは家内の母方のご近所さんですね。昨秋の彼岸には家内が母親を連れて用木日吉神社にお参りして、その後近くの墓参りに行ったようです。
肥後国衆一揆は面白い(と言ったら当時の方々に失礼かもしれませんが)ですね。加藤清正以前の肥後の国の事は詳しくなかったのですが、勉強して行くにつれて興味が出てきました。田中城には一度しか行ったことがないので、今度はしっかり勉強して行くことにします。通りすがりさんのコメントにも知らないキーワードが沢山あったので、勉強し甲斐があります。
のぶ
2018/01/15 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
南関方面狛犬ライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる