くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘年ライドで宇土半島ワンダーランド

<<   作成日時 : 2017/12/17 22:16   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

みきたかさんの発案で、久しぶりにO3達と忘年ライドにでかける。
画像


今回の予定のコースはBenbowさんプロデュースの「宇土半島悶絶コース」で宇土半島の主だった峠をすべて踏破しようというもの。
画像


「宇土半島」と言えば海岸沿いをグルっと走るのが定番なんだけど、半島の内陸部もなかなかの「ワンダーランド」なのだ。
画像
(知らぬ間に宇土半島のキャラクターができていた)


さて、集合場所の宇土市運動公園に集まったのは、Benbowさん、みきたかさん、1008さん、読み逃げ屋さんとわたしの5人のO3達。
画像


轟水源の少し手前から白山方面へ上って行き、
画像
阿保(あぼう)峠を越えて、
画像
網引の集落に降り、県道58号線に突き当たって左折し、再び上り。
画像


峠から
画像
大岳山頂方面に右折してさらに坂を上り、
画像
画像
問題のグラベルを無事下り、
画像
まさかの粉雪が舞い散る中、
画像
やっとのことで郡浦(ごうのうら)の先から国道266号線に入る。

それにしても、枯草がボウボウ生えている下に拳大の石がゴロゴロして、時折20cmくらいの段差があって、舗装が始まっても所々に苔がむした激坂下り、おまけに粉雪攻撃まで受けて、未舗装道用のシクロクロスバイクで来たBenbowさん、みきたかさん、それにわたしは「下り地獄」を十二分に堪能したが、「グラベル探索」を趣味とする1008さん、読み逃げ屋さんには「日常茶飯事」だったようで、ロードバイクでも涼しい顔をして下っており、
画像
こんな悪路でも「悶絶」できない二人の御仁を逆に可哀想だと思ったね。負け惜しみだけど・・・。

やがて晴れ間が出て来た海沿い区間を走って、
画像
戸馳(とばせ)島へ左折。
画像


日本有数の蘭の出荷数を誇る戸馳島の、蘭の魅力を発信する「花のがっこう」。
画像


本日のランチは、その「花のがっこう」にある「食卓mano(マーノ)」で豪華イタリアンのはずが、まさかの「本日貸切」状態。ガクッ!

仕方がないので戸馳島を後にして、三角港の
画像
「さんさん宇城っ子」に寄ったが、適当な食事処なく、その先の「大番」で定番の「鯛茶漬け定食」。
画像
茶漬けが冷えた身体に沁みるけど、
画像
値段の割には、ちょっと量がねぇ・・・。

とりあえずお腹を満たして、
画像
三角駅の裏から線路沿いに進み、
画像
打石ダム方面へ。

打石ダム駅前を経由して、
画像
初めて走る道を上ると段々路面が荒れてきて、石垣崩れも物ともせず、
画像
激坂を上って、古屋敷地区でひとやすみ。
画像
激坂を下って、再び坂を上って米の口の峠にあるお地蔵さんへ。
画像
画像


網田へ降りて、最後の笹山峠へ向かうはずだったけど、すでに十分「悶絶」したので、網田駅の駅カフェで
画像
スイーツ補給。
画像


その後は国道57号線を走り、
画像
住吉神社の参道へ左折。田舎道を走って次郎兵衛橋を渡り、再び田舎道を走って、国道501号線沿いの「おふくろ万十」でもう一度スイーツ補給しようとしたが、「一時間待ちです」と言われて諦めて、太郎兵衛橋を渡ったところで自走の1008さんとわたしが離脱。
画像


浜戸川沿いを富合方面へ走り、
画像
薩摩街道に入って北上。緑川沿い、加勢川沿いを走り
画像
いつもように江津の田舎道を走って、出水ふれあい通りで1008さんと別れて帰った。
画像


本日の走行距離:105.6q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はお疲れ様でした!
鯛茶漬け、量が物足りなかったのは自分だけでは無かったようで、安心しました。
悶絶コース、落ち葉が多くて路面が見えず、今一不安な面もありましたが、皆さん無事に通過できて良かったです。
春になれば、読み逃げ屋さんの、さらなる悶絶コースが待っている事でしょうね。

1008
2017/12/17 22:41
ハントくんまで調べあげてるとはさすがです。宇土半島にまでキャラいたんですね〜
落ち葉だらけや石がある所は自分はとてもとてもf^_^; シクロクロスなら少しは勇気が出るでしょうか。
宇土半島の中を走った事がないのですがワンダーランドと呼ぶにふさわしいと聞いています。
宿題にします(^O^)
ランチもおふくろ万十も残念でしたねf^_^;
せい
2017/12/18 07:06
宇土半島予想以上の山岳地帯でした。
数ヶ月ぶりに足を固定したロードバイク乗ったせいか、家に帰って車から降りようとしたら膝が痛くて伸ばせない。(朝には治ってた)
しかも朝起きたら腕が軽く筋肉痛。あの苔むした下り坂相当強くブレーキを握りしめてたのでしょう。
阿蘇周辺でも軽い悶絶コース探してみたくなりました。
読み逃げ屋
2017/12/18 14:48
昨日はありがとうございました。
雪は想定外でしたね、でもそんな事があれば思い出にも残るかと。
mano貸切もそんな事で思い出に^^;(スミマセヌ)
久しぶりの大番、コスパイマサンでしたね。
あの値段ではもう一品とごはんは3割増しにして欲しい。
海が見えるグラベルは阿蘇では味わえない悶絶でした!
またよろしくお願いします。
みきたか
2017/12/18 17:57
宇土半島悶絶ライド、お疲れ様でした。
皆さん普通のコースでは満足出来ないみたいですね……羨ましいです(笑)
KawaB
2017/12/18 19:51
1008さん、昨日はお疲れ様でした。
鯛茶漬けは美味しかったですが、ロングライドしかもグラベル付きでは少し糖質のカロリーが少なかったですね。悪路には、最後の方で慣れてくるのですが、またしばらくは普通の舗装道ばかり走っているので、忘れてしまいます。やっぱり1008さんのように、いつもグラベルを走っていないとスキルが獲得できないですね。
のぶ
2017/12/18 21:32
せいさん、こんばんは。
宇土半島は最初海岸端の国道、次に半島を横断する二つの県道、最後にその枝分かれとBenbowさんの教えに従って徐々に活動の範囲を増やしてきました。その内陸部の魅力を多くの人に知ってもらいたいと願う一方で、自分たちだけの楽しみとしたいという矛盾した感情も出てきますね。それくらい魅力がある場所だと思います。
花のがっこうのイタリアンと走潟(?)のお万十は次の宿題としたいです。
のぶ
2017/12/18 21:37
読み逃げ屋さん、昨日はお疲れ様でした。
いやー!流石に阿蘇の「グラベルキング」の読み逃げ屋さんは寒さも酷道も平気のヘの字って感じでしたね。参りました。
いえいえ、悶絶度では先日ご一緒した外輪山や小国のグラベルの方が上だったと思います。また、阿蘇でグラベル初心者を鍛えてください!ただし、お手柔らかにお願いします。
のぶ
2017/12/18 21:44
みきたかさん、昨日はお疲れ様でした。
みきたかさんの発案がきっかけで、また思い出に残る悶絶を味わうことができました。そう言えば、Manoに断られたのはかなりの精神的悶絶でしたね。昨日の大切なエッセンスのひとつでした。「大番」では鯛を結構使ってあったのであの値段になるのは仕方ないですが、肝心の「糖質」が少なくって、最後の期待の甘味処でも糖質の補給ができず、最後はハンガーノックになりそうでした。また、O3ライドの発案、よろしくお願いします!
のぶ
2017/12/18 21:51
KawaBさん、昨日はご一緒できず、残念でした。
ご一緒できたら、必ずや、後々の語り草になるようなエピソードを残していただけそうな「悶絶下り道」でした。うーん?思えば宇土半島と長崎半島は似たような感じなので、KawaBさんには物足りなかったような気もしてきます。
ともあれ、来年もまたよろしくお願いします。長崎のO3方々にもよろしくお伝えください!
のぶ
2017/12/18 21:55
宇土半島悶絶ライド、楽しそうですね!(笑)
今年は宇土半島を走らなかったような気がするので、来年はご一緒に走りましょう!
やっぱ熊本は良いですねぇ。
ヘイホー
2017/12/18 23:34
ヘイホーさん、こんばんは。
日頃、あんまりワイルドな走り方をしないので、時には本格的なグラベルを走ると刺激になります。たが、今回の「下り地獄」でブレーキレバーを握りしめていたため、今でも両方の前腕が筋肉痛です(泣)。
のぶ
2017/12/19 20:26
年末のスペシャルメンバーですね!
03の重鎮が勢ぞろいって感じでなんかありがたいです(笑)お疲れ様でした!
あそこの鯛茶漬け!そうなんですよ!
値段の割に全然腹にたまらなくて...まぁ美味しいんですけどねー。。
コースが凄い良さそうでうらやましいです。1008さんと休みがあった時連れて行ってもらいたいと思ってます(^^)
お好み焼きSD
2017/12/19 23:35
お好み焼きSDさん、こんにちは。
あそこの鯛茶漬けは太めでカロリー摂り過ぎに注意しないといけない人向きですね。サイクリスト向きではないと、わたしも思います。
大岳からの「下り地獄」、是非トライしてください。翌日、コテを持つのが大変になるくらいブレーキをかけないといけないかもしれないですけど・・・(笑)。
のぶ
2017/12/20 07:45
今度は激坂ダウンヒルですか?次々に新しいジャンルに挑戦されてますね。

激坂ダウンヒルならば小鹿田にある乙舞峠の下りがおススメです。残念ながらコンクリートで舗装されていますが石畳っぽくなってますのでグラベル並みの振動が発生します。私は初めて下りで押しました…
okd
2017/12/20 12:15
okdさん、こんばんは。
大岳からの下りは、グラベル区間もですが、その先の舗装区間の激坂が怖かったです。「小鹿田にある乙舞峠の下り」・・・ググってみたら、ブルべのコースでも使われた事があるようですね。わたしはビビリ屋ですので、その日も押して下りたかったのですが、他のO3達が押さないので、仕方なくブレーキレバーを握りまくって縮み上がりながら下りました(泣)。
のぶ
2017/12/20 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘年ライドで宇土半島ワンダーランド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる