くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らなかった「変速のメカニズム」

<<   作成日時 : 2017/11/30 18:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

(一年間に何千キロも自転車に乗っているのに、足元で起こっていたことを知らなかった事について自戒を込めて記録する記事で、フロントギアの変速についてすでにご存じの方は読み飛ばしていただきたい)


通勤に、休日のサイクリングに、酷使しているクロモリロードバイクのチェーンを交換したついでに、前後のスプロケットを綺麗に掃除して、少し調子の悪いフロントディレイラーの調整をした。
画像


メンテナンスの本にある通り、フロントディレイラーを清掃して、可動部に注油して、取り付け位置を調整。

SISの確認をして、新しいチェーンを取り付け、ケーブルのテンションを調節したら、気になっていた音鳴りは無事解消。

・・・と、ここまで来て、そう言えば、フロントのギアのシフトアップの時、ディレイラーは大して動いてないのに、どうして、あんなに大きさの違うギアにシフトできるんだろう?と思って調べたら、解り易く書いてあったブログがひとつだけあった。

要約して補足すると、フロントのギアのシフトアップの際にフロントディレイラーがすることは、チェーンを大きい方のチェーンリングに押し付けるだけ、ということ。
画像


大きい方のチェーンリングの裏側には、押し付けられたチェーンを歯車の歯の方向に誘導し、引っ掛けて歯車に噛ませる仕組みがあるのだ。

残念ながら日本のサイトには、その名称について記載したものがなく、英語圏のサイトによれば、大きい方のチェーンリングの裏側には、ランプ(Ramp:『傾斜路』や『誘導路』の意)またはゲート(Gate)と呼ばれるチェーンを誘導する凹凸や、ピン(Pin)と呼ばれるチェーンを引っ掛ける爪状の突起、あるいはその組み合わせたものをいくつか備えてある。
画像
画像


ちなみにわたしのクロモリロードバイクの大きい方のチェーンリングの裏側にはランプとピンを組み合わせたものが、4カ所に付いている。
画像


フロントディレイラーのケージが右に動いて樹脂が張られているケージの内側で
画像
チェーンを大きい方のチェーンリングに押し付けると、チェーンがランプとピンに引っ掛けられて、
画像
画像
大きいギアの方へシフトアップされる、という仕組み。
画像
画像


多くの場合は、このランプとピンの組み合わせだが、中には、ピンだけのものや、
画像
ランプだけのチェーンリングも販売されている模様。
画像


さて、後輪のギアにも表面にランプ構造があり、より良いシフトアップに役立っていると思われる。
画像


先人達の技術力に改めて感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
とても勉強になる内容でした。
変速の仕組みってこうなっていたんですね!
晴れの日にでも自分のロードバイクのチェーンリングを眺めてみます^ ^
ロードバイクは奥が深い!
ヘイホー
2017/11/30 22:00
ヘイホーさんがご存じなくて、ホッとしました(笑)。
長年、疑問に思っていたことが判って、嬉しかったのですが、フロントディレイラーの調整の仕方について詳しく書いてあるサイトは沢山あるのですが、シフトアップの仕組みについて書いてある日本語のサイトがほとんどないのは、「ひょっとしたら皆知っているのでは・・・?」とも思っていました。
ロードバイクは構造的にも奥が深いですね。
のぶ
2017/11/30 23:02
なるほど、名前までは知りませんでした。
ランプやピンを最適な配置にする計算式って、どんな計算なんでしょうね。
もしかして、勘と試行錯誤だったりして(^^;
低いグレードは、わざと配置を悪くして、コストをかけずにグレードの性能差を出すことも出来そうです。
1008
2017/12/01 12:53
流石、ロードバイク歴の長い1008さんは仕組みについてご存知でしたか。
ランプやピンの配置は、素人考えでは小さい方のチェーンリングの外周の接線上に配置するのが一般的だと思いますし、目視では実際そうなっているようです。
となると、フロントのチェーンリングの小さい方の組み合わせが変わると変換効率が悪くなるかも・・・。いずれにせよ、同じ様なグレードでもピンやランプの構造の精度が、Shimanoでは他のメーカーに比べて高いんでしょうね。
のぶ
2017/12/01 17:45
ハイ、知りませんでした。
単にチェーンを押し付けたり落としたりして変速していると思ってました。
チェーンリングの裏側をマジマジと見たり、
シフトするメカニズムを深く考えてませんでした^^;
最初はロードバイクはめちゃ高価と思いましたけど
部品精度と価格からすると「すごいコスパ、さすが日本のシマノ」とも思ったり。
特にチェーンは数千円でデュラが買えますもんね。
みきたか
2017/12/01 18:33
みきたかさんもご存じなかったですか。
リアディレイラーが派手に動くのに比べると、フロントは少ししか動かずにチェーンが大きなギアへ移って行くのは何でだろう?と思っていましたが、一度判ると、どうして気づかなかったんだろう?と思いますね。
仰るように、先人たちの技術の粋が集まって、きちんと精度管理されてるんですから、考えようによっては「そんなに高価でない」のかもしれませんね。
のぶ
2017/12/01 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
知らなかった「変速のメカニズム」 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる