くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷川〜八代・樋門めぐり

<<   作成日時 : 2017/11/12 16:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

先日、不知火干拓地を見て廻った時に「大鞘樋門群」を見たが、その他にも文化財クラスの樋門がいくつかあるようなので見に行くことにする。

いつものように出水ふれあい通りを通り、画図の田舎道を抜けて中ノ瀬橋を渡ってすぐ右折。
画像
加勢川沿いを走って県道182号線を左折。緑川を渡って南下し、右折してウキウキロードを走る。
画像


松原交差点の先から左折して田舎道を走り、不知火町高良からは県道338号線を南下。
画像


砂川を渡って氷川町に入ると左手に「沖塘(おきども)樋門群」。

嘉永5年(1852年)に完成した網道新地の干拓のために6つの樋門が造られている。
画像
画像
画像
コンクリートで補強されている箇所もあるが、県道側から観ると、石橋の構造がよく解る。
画像
画像
ちなみに、江戸時代の干拓地の樋門は板戸によって自動開閉するものがほとんどで、干拓地内に溜まった水を干潮時には開いて海に出し、満潮の時は閉じて海水の浸入を防ぐ重要な役割を担っている。

しかしながら、この「沖塘樋門群」はすでにその役割を終えているので、板戸は外されている。

県道338号線の氷川に架かる橋を渡り、その次の鏡川に架かった橋が工事中で全面交通止めだが、迂回路は2トン以上の大型トラックが走れない。道理で今日は大型トラックがほとんど走っておらず、快適に走れた。

迂回路を走って再び県道338号線を南下し、県道336号線へ右折し突き当りを左折。

600mほど走ると左手に「旧郡築新地甲号樋門」。
画像


「明治の干拓事業として有数の規模を誇る八代海干拓事業の代表的遺構として歴史的に価値が高い。また、わが国に現存する組積造樋門として最大規模を有する貴重な土木構造物であるばかりでなく、樋門壁面の切石積に巧緻な石積技術が発揮された,技術的完成度の高い,明治を代表する干拓樋門として重要である。」(文化遺産オンラインより)

それからさらに300m程走った左側には、もうひとつ、「郡築二番町樋門」。
画像


「明治期に八代郡役所が干拓を行った事業地の堤防に設けられた樋門で,昭和11年の高潮被害後の補強改良工事時に設けられた。石造3連アーチからなり,上部は石造の布積みとし,曲線を用いた細部なども相まって,干拓事業の象徴として親しまれている。」(文化遺産オンラインより)

そこからさらに2qほど走って、八代内港の住宅地にある「刀削麺・丸新」へ。
画像
本日は、ジャージャー麺をオーダー。削られた麺がお湯にダイブするのを眺めながら待っていると、
画像
運ばれてきたジャージャー麺。
画像


具が飛び散り易いので紙のエプロンを付けてくれる心遣い。しっかり混ぜて、ラー油を垂らして、「いただきます。」
画像


麺が、モチモチして、通常のジャージャー麺とは、また違った食感を楽しむ。ちなみに、その時きていた客、6名中、5名がジャージャー麺をオーダーしていた。

デザートの牛乳プリンは、今日はきな粉をかけて紅茶シロップでいただく。
画像


本日も大変、美味しゅうございました。

そこからテキトーに走って、千丁駅の先から鹿児島本線沿いの道に出て北上。
画像
有佐駅を過ぎ、突き当りを右折し、国道3号線を渡り、小川へ。

白玉屋新三郎の前を通ると、
画像
「大感謝祭」とやらをしているらしいので寄ってみると、白玉に餡子やマーマレードなどお好みの味付けをしたり、白玉粉を使って作ったお菓子などをセルフサービスしている。
画像
値段を伺うと「サービスです!」とのことなので、ご厚意に甘えて甘味補給。
画像


小腹を満たして小川の街を抜け、県道244号、312号、313号、国道266号と走り、いつものように帰った。
画像


本日の走行距離:104.9q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
樋門,重機が無かった時代によくぞ作ったと感心します。
この前、10tの砂利をスコップで広げるのにヒーヒー言ってたのですが、
水を止める工事だけでも大変だったろうなと思います。
ジャージャー麺、盛岡で食べたときに、食べ方を知らずにかなり悩んだ覚えがあります。

1008
2017/11/12 17:51
おっ、またまた興味深い史跡ライドをされましたね!
昔の人達の偉大な功績に脱帽ですね。
刀削麺 丸新に行かれたんですね( ´∀`)
またいつか連れて行ってくださいませ♫
ヘイホー
2017/11/12 18:31
樋門今まで意識して見た事無かったですね。
最近、地名散策と言う読み物で今は使われなく為った地名が橋や踏切の名前に残ってる。という事が書かれてました。樋門にも何らかの意味を持って付けられた名前があるのでしょう。ちょっと気になりました。
読み逃げ屋
2017/11/12 19:17
えーと樋門は取り敢えず置いといて。
気になるのは「刀削麺・丸新」、のぶさんは確か2度目かと。
以前からチェックしているものの私はまだ未。
あ〜、食べたーい(笑)
みきたか
2017/11/12 20:31
1008さん、こんばんは。
不知火海は干満の差が大きいので、干潮の時を利用して準備したようです。それにしても重機が無かったから、知恵と経験を使っていたんでしょうね。
刀削麺のジャージャー麺、初めて食べましたが、シコシコで、普通麺のとは別物のような食感でした。
のぶ
2017/11/12 20:57
ヘイホーさん、こんばんは。
昔の人の残したものがあるって良いですね。想いを馳せることができそうです。
二度目の丸新、あらためて美味しかったです。麺の物珍しさだけでなく、汁や、具もなかなかですもんね。またいつか、ご一緒したいと思っています。
のぶ
2017/11/12 21:10
読み逃げ屋さん、こんばんは。
川塘の樋門は最近のものばかりで、少しもの足りませんが、昔の樋門には味わいを感じます。八代海の干拓地の樋門の名前は、そこを流れる川の名前とか、干拓地の名前を付けたものが多いようです。物や土地や、人の名前を突き詰めると、色々と面白いことがわかるようですね。
のぶ
2017/11/12 21:22
みきたかさん、こんばんは。
樋門が八代港の近くにあったので、昼飯は迷わず「刀削麺・丸新」に決めていました。麺好きのみきたかさんにも、きっと満足していただけると思います。是非、一度、どうぞ!!
のぶ
2017/11/12 21:25
こちらにいらしてたんですね。
樋門はたくさんあるなあと思いながらも名前とか近所の大鞘樋門しか知りませんでした。こうして拝見すると感慨深いものがあります。農道は迂回路ができたばかりですが、これで鏡オイスターに来やすくなったのではないでしょうか(笑)
せい
2017/11/12 22:31
せいさん、おはようございます。
干拓地の樋門はそれぞれの年代での特徴があり、面白いですね。最新の樋門をまだ見てないので、いつか行かねばなりません。
あ、「鏡オイスター」の存在をすっかり忘れておりました。最近は牡蠣小屋があちこちに出来ましたが、鏡のは産地直送ですもんね。これからシーズン。そこにも行かねばなりませんな。
のぶ
2017/11/13 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷川〜八代・樋門めぐり くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる