くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「石工・三五郎」ライド

<<   作成日時 : 2017/10/07 15:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

鹿児島在住のヘイホーさんが奥さんのお実家の熊本へ来られたので、サイクリングにお連れすることになった。

先週、氷川町歴史資料館でもらったパンフレットに、江戸末期の肥後の石工で、薩摩でも活躍した「岩永三五郎」のことが紹介してあったので、その足跡を辿ることにした。

中の瀬橋で待ち合わせ、
画像
めど町橋を渡って城南を抜け、浜戸川沿いの道を走って、県道32号を南下する。

浜戸川やその支流である小熊野川流域には下鶴(安見)橋、
画像
(残念ながら、地震で崩壊)
山崎橋
画像
などいくつも石橋がかかっており、その中で、娑婆神峠へ向かう道との分岐点にある三由(みつよせ)橋を架けたのが石工・岩永三五郎である。
画像
(石橋であることが判らないほど草ボウボウ)


さらに県道32号線を海東方面へと下り、県道52号線へ左折して、尾根を越えて八代市東陽町にある「石匠館」へ。
画像


ここには熊本の石工に関する資料が豊富に展示されており、しばしお勉強。
画像




熊本には江戸時代末期から「種山石工」という技術者集団があった。
画像


その祖となったのは長崎奉行所の下級武士だった藤原林七である。

林七は長崎のアーチ石橋を見て「円周率」に興味を抱きオランダ人に接触するという禁を犯したことが発覚し、
画像
長崎を追われた。武士の身分を捨て、肥後の種山(現在の八代市東陽町)に身を隠した。農業のかたわら、石工の技術を習得し、曲尺(かねじゃく)を使う独自の石橋設計術を編み出し、秘伝として種山の石工一族に伝えていった。
画像


そんな石工集団の中に、三五郎という石工がいた。
画像


三五郎は石工・宇七の次男として1793年に八代郡西野津村(現・八代郡氷川町)に生まれた(種山生まれとの説も)。

父と藤原林七に学び、アーチ式の石橋をつくる技術を学んだ。
画像
(わしらもアーチの作り方を学んだ)


25歳の時には日本で最初の水路橋である雄亀滝橋(おけだけばし)を架け、名を上げた。
画像


不知火干拓の際には石工共総引き回し役として従事し、藩から「岩永」の姓を与えられて帯刀を許され、その後も矢部の聖橋など
画像
アーチ式石橋を架け続け、さらにその名を広めていった。
画像


48歳の時には薩摩へ招かれて、約10年の滞在の間に甲突川五橋など37もの眼鏡橋を架橋した。その他にも河川の改修工事、新田開発、道路、用水路の建設など、橋を含めた土木事業全体の技術者として活躍した。

57歳で薩摩から肥後へ帰る途中には、内情を知り過ぎたためという理由で薩摩の刺客に襲われるが、
画像
(イメージです)
三五郎の腹を据えた態度に心打たれたその刺客は三五郎を逃がしたと伝えられている。

そして、三五郎は帰郷2年後の1851年10月6日に59歳でその生涯を終えた。
画像
(三五郎の墓)


鹿児島では、三五郎の功を顕彰し、平成12年、鹿児島市街地を流れる稲荷川の河口近くに、三五郎の架けた3つの石橋を移設し、「石橋記念公園」として整備された。
画像
(ネットより)


「性質淡薄寡欲にして、まことに良工なりしは人の能く知る所にして、水利を視、得失を考え、大数を測るに敏なる、はじめて見る地といえども神のごとし」と評された三五郎は鏡町芝口の墓地で静かに眠っている。
画像




さて、石匠館からはあちこち石橋のある東陽町を抜け、
画像
画像
宮原を経由して、
画像
(宮原の「郡代御詰所眼鏡橋」)
三五郎が架けたと言われる鏡町の鑑内橋を観て、
画像
三五郎のお墓参りをした後、帰路は県道14号線を北上してJR宇土駅の前にあるNICOへ先週のリベンジ。
画像


「ホロチキ&キーマコンボ」を堪能。
画像
(ルーの風味が豊かだった)


国道3号線に出て、ウキウキロード、県道182号線を走り、
画像
ヘイホーさんの奥さんのご実家経由で帰った。


本日の走行距離:82.3q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はありがとうございます!
熊本と鹿児島にゆかりのある岩永三五郎の史跡巡りが出来て良かったです!
鹿児島に帰ったら、岩永三五郎の史跡に行ってみます。
カレーがとても美味しかったでした(゚∀゚)
また行きたいですね( ´∀`)
ヘイホー
2017/10/07 18:39
ヘイホーさん、今日はお疲れ様でした。
下鶴橋が地震で崩壊していたのは予想外でしたが、後は予定していたものが観れて良かったです。鹿児島の石橋記念公園のレポ、楽しみにしています!
NICOのカレー、スパイス加減が絶妙で深い味わいでしたね。わたしもリピーターになりそうです、はい。
のぶ
2017/10/07 19:22
石匠館、前は通るのですが、毎回時間の余裕が無くて素通りです。
今度は時間を取って行ってみないとですね。
しかし、石橋等を作って頂きながら感謝するところが、命を狙われるとは、ホイホイ出向いて技術指導出来ないですね。
なんて時代なんでしょう(^^;
1008
2017/10/07 20:18
のぶさんこんばんは。
鹿児島の石橋公園へは子供の水遊びによく行きました。3つの石橋の一つは高麗橋だったと思います。事務所がすぐ近くで八六水害の時は水没したのを思い出しました。
okd
2017/10/07 21:18
1008さん、こんばんは。
石匠館は、かなり前にも入ったことがあって、今回が2度目でした。靴を脱いで入らないといけないのが、やや面倒ですかね。ただ、作り方とか、実際見てみると、「なるほど!」と思う事も多いですね。
加藤清正が熊本城を築城した時も、完成時に祈祷した山伏を殺して埋めた(山伏塚)ので、江戸時代には良く合ったことかも・・・ですね。人柱と言い、現代からすると信じられない話です。
のぶ
2017/10/07 22:31
okdさん、こんばんは。
おおっ!okdさんは、鹿児島の石橋記念公園へお子さんを連れていかれてたんですね。今年の春頃、うちの家内も石橋記念公園へ行ったことがあり、「あんな立派な石橋は熊本市内では見たことないので、やっぱり、鹿児島は財力がある!」と感心してました。鹿児島の八六水害、ヘイホーさんも言ってましたが、相当ひどかったようですね。
のぶ
2017/10/07 22:35
石橋は一人では作れない為か、技術の伝承の為か(たぶん両方かな?)
グループ・集団があったようですね。
いつもながら歴史上の人物を辿ってのサイクリング、いいですね。
カレーはリベンジ出来てなにより。

みきたか
2017/10/08 05:07
いつもながら、テーマに沿ったサイクリング、良いですね。
石橋にも鹿児島と縁があるとは、お勉強になります。
今回は、ご一緒出来ず、残念でした。
こくろ
2017/10/08 11:11
家族が住む滋賀・大津に、かつて戦国時代の石垣作り集団「穴太衆(あのうしゅう)」の本拠地がありまして、熊本城の石垣積みにも関わったようですが、その技術伝承はやはり口伝に限られていたようです。
石橋型の郵便局、いいですね!
ナワ
2017/10/08 13:38
こくろさん、こんにちは。
ご実家の稲刈り手伝い、お疲れ様です。ご一緒できず、わたくしも残念でした。意外なところに鹿児島と熊本の繋がりがあるのに気付き、サイクリングプランを立てた次第です。また次回、よろしくお願いします!
のぶ
2017/10/08 14:28
ナワさん、こんにちは。
清正は「穴太衆」を連れてきて、その一部を石垣補修のために熊本に住まわせたそうです。その一部はその子孫も熊本に住み続け、「仁平グループ」をはじめ、江戸期の石橋文化に大きな影響を与えました。「穴太衆」の熊本誘致がなかったら、種山石工たちも、もっと苦労したかもしれませんね。
のぶ
2017/10/08 16:05
みきたかさん、こんにちは。
うっかりしていて、レスが遅くなりました。石橋造りはチームプレイなので、色んな意味で「門外不出」とか「阿吽の呼吸」があったものと思われます。専門家なら石橋の形状を見ただけでも、どんな人達が造ったか、大体判るんでしょうね。
NICOは、お薦めのように、なかなか奥深い、良い味でした。リピーターになりそうです。
のぶ
2017/10/08 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「石工・三五郎」ライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる