くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 南阿蘇・河童伝説&パンライド

<<   作成日時 : 2017/09/18 16:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

先週、交通再開した長陽大橋を渡って南阿蘇へ行くことにする。

午前7時頃、久しぶりにカーボンロードバイクで出発し供合線(県道145号線)をひたすら東へ。
画像


瀬田から国道57号線へ上がるが、
画像
路側帯が狭いので歩道を進む。
画像


以前のヒライの交差点の少し前から右折し、坂を下ると修復を終えた長陽大橋が見えてくる。
画像


渡り切って停車して、辺りを見回すと、
画像
災害の復旧箇所があちこちで、眺めを楽しむ雰囲気ではない。
画像
画像


新しい阿蘇大橋が造られる予定の所にある柱状節理。
画像
「地元に説明なく削った」と苦情が出ていると新聞に出ていたなぁ。

そこからしばらく走って、小山旅館方面へ右折し、鮎返(あゆがえり)の滝を見に行く。滝に向かって右側の崖が地震で崩落したが、
画像
その土砂も流されてしまったようで、昨夜の台風による増水のせいもあって、以前に増して迫力のある滝を楽しむことができた。
画像


道に戻って、旧道に入り、しばらく走って左折し、地震で湧水が枯れたという塩井社水源へ。
画像


以前は神秘的な青い湧水を湛えた水源は、見る影もなかった。
画像

画像
(こちらは在りし日の塩井社水源)


かなり落胆して、川地後水源の所から再び旧道に入り、
画像
画像
白水まで走って、「明神池名水公園」へ。
画像


伝説によれば、遠い昔、明神池に仲良しの男女の河童が住んでいた。
画像


ところが、男の河童はイタズラが多く、とうとう神を怒らせてしまい、男の河童を遠くの池に飛ばされてしまった。

女の河童は、いつか彼が帰ってくると信じ、池の石の上に座り待ちつづけた。しかし、彼女の願いもむなしく彼に会えることは二度となかった。そして、彼女が長い年月にわたって座っていた石だけが池の中に取り残された。
画像


彼を待ち続けた彼女の健気さに胸を打たれた人々が、座り続けたその石を「かっぱ石」と呼び、いつまでも待ち続ける女カッパの姿を再現して残された石の上に置いたという。
画像


そこから田舎道を長陽方面へ。
画像


途中に点在する湧水群を巡る。
画像
(吉田城御献上汲場)

画像
(小池水源)

画像
(唐沢津水源)

画像
(寺坂水源)


その後も秋めいた風に吹かれながらのんびり田舎道を走り、
画像
県道149号線を右折して、河陽郵便局の近くに移転し先週オープンした「パンダイゴ」へ。
画像


以前は、「木の香湯温泉」の横にあったが、昨年の地震で営業ができなくなったため、移転を余儀なくされたとのこと。
画像


少し解りにくいところではあるが、開店の11時には常連さんらしきお客さんの車が5,6台は来ていたし、開店後もひっきりなしに車が来ていた。
画像


販売スペースは以前と同じくらいの広さであるが、
画像
画像
イートインスペースは、室内が1テーブル4名程度、テラスが10名程度で、
画像
少し縮小。
画像


何より、以前はサービスだった珈琲が、有料(130円程度)となっていたのが少し残念。
画像
(有料の分、グレードはアップ)


帰路は一旦、長陽駅まで下りて、「竹楽亭」や「旅館 心乃間間」を経由し、俵山峠の旧道を上がる。
画像
画像


峠近くの展望の良いところで写真を撮っていたら、車が停止。・・・なんと、みきたかさんが「奥さん孝行」の最中であった。
画像


久木野方面へ下りて行くみきたかさんの車を見送り、
画像
峠を越えて、西原方面へ下りる。
画像


「萌の里」から右折して、大切畑の「SAKATA SWEETS」の「しそゼリー」と「マドレーヌ」でエネルギー補給。
画像
(こちらは飲み物サービス)


その後、県道28号線へ上がり、西原のセブンから右折して、阿蘇くまもと空港の北側の道に入り、いつものように帰った。
画像


本日の走行距離:88.1q

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
河童&パンライド、お疲れ様です!
やはり阿蘇は水源が豊富ですね。
塩井社水源、今は悲惨な状態ですね。。
残念です。
熊本は河童が有名?なのでしょうか?
ヘイホー
2017/09/18 18:22
今日は台風一過でサイクリング日和。
朝方サクッと走ってのポイントゲットでした。
遭遇するまでにかなり廻られていたんですね。
南阿蘇はかなりの頻度で訪れているんですが、
河童伝説もパンダイゴの移転も知りませんでした。
今日の朝ドラも同じような?
みきたか
2017/09/18 19:13
ヘイホーさん、こんばんは。
「塩井社水源」は、同じ名前のものが、南阿蘇と、西原村の大切畑の二カ所にあるのですが、南阿蘇のものは地震が枯れてしまい、大変残念です。
明神池の河童カップルは、やっぱり八代から移り住んだんでしょうかねぇ・・・。
のぶ
2017/09/18 20:43
みきたかさん、こんばんは。
今日はほんと、思わぬ所でお会いしましたね。しかも、奥さん孝行中とは・・・。負けました!
明神池の河童については、以前は池の畔に説明文があったのですが、今回、見当たりませんでした。「パンダイゴ」さんは、地元局のテレビでやっていて知りました。移転してお客さんが減ってたら可哀想だと思って行きましたが、杞憂に終わりました。常連さんが思いの外、沢山おられるようです。安心しました。
のぶ
2017/09/18 20:50
阿蘇行かれたんですね。
やっぱり、阿蘇良いですね。
自分は本日、奥さんと山鹿までサイクリングでした。
始めて2ヶ月でクロスで80km行けたのにビックリでした。
これから、じっくり自転車の魅力に引き込みたいと思います。
こくろ
2017/09/18 22:19
パンダイゴ、再開され、イートインも健在との事、安心しました。
カッパの彼女さん、探しには行かれなかったようですね。
もう少し行動力があれば、彼氏と会えたかも? 
とふと、思ってしまいました。
台風も去り、今日はサイクリング日和だな〜と思いつつ、こちらは泣く泣く仕事でした。
1008
2017/09/18 23:57
こくろさん、おはようございます。
おおっ!クロスバイク乗り始めて2ヶ月で山鹿までサイクリングだったら、10年前のわたしの乗り始めの時より速いペースではありませんか!元々、スポーツもされていて、きっかけさえあれば、上達は速いと思われます。その調子で自転車沼の方へじわりじわりとお引き込みください。くれぐれも短気は禁物です、はい。
のぶ
2017/09/19 07:32
1008さん、おはようございます。
その女の河童が1008さんみたいなタイプであれば、どんな悪路であろうと、岩場であろうと、雪の原野であろうと、躊躇なく突き進むでしょうが、もしかしたら、その女の河童、頭の皿の水が乾きやすい体質だったのかもしれません。
あらら!昨日はお仕事だったですが、そうとは知らず、鳥子工業団地の周辺を走り回っておりました。申し訳ありません!
のぶ
2017/09/19 07:39
少しずつ復旧してるようですね。登山道路吉田線も片側交互通行で、通れる様になったと、ニュースで言ってました。
小嵐山の道も近々通れる様に為るそうです。震災後通れなく為ってた道が復旧するのは嬉しい限りです。
読み逃げ屋
2017/09/19 20:42
読み逃げ屋さん、こんばんは。
復旧が遅れていた阿蘇の幹線道路も少しずつ再開通していますね。昨日も連休に関わらず、新しい阿蘇大橋の工事現場で懸命に働いている人たちがいました。国の資金が入って、24時間体制で工事しているところもあるようで、着実な復興を実感しますね。長陽大橋周辺では災害の痕跡や真新しい工事の後などが目立ちますが、次第に景観に馴染んで行って欲しいもんです。自転車乗りとしては、小嵐山の道の復旧が特に待ち遠しいですね。
のぶ
2017/09/19 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
南阿蘇・河童伝説&パンライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる