くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 美里の「熊延鉄道跡」めぐり

<<   作成日時 : 2017/06/08 18:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

午前中の用事を済ませ、正午過ぎにクロモリロードバイクで自宅を出発。

いずみふれあい通りを走り、中ノ瀬橋、めど町橋を渡りすぐ左折。

緑川左岸の道を走って甲佐へ。
画像
(この河畔道路も路面がかなりよくなった)


安津橋を渡って、国道443号線を南下し、小筵(こむしろ)の交差点の少し前から左折。

左側に見える案内板が以前から気になっていたので行ってみる。
画像


ここは、かつて南熊本から砥用までを結んでいた「熊延鉄道(1915年〜1964年)」の線路跡で、この先にそのトンネル跡があるらしい。

グラベルを200mほど走ると、その「六角トンネル」が姿を現すが、
画像
どうも、実際は八角形ではなかろうか?

ちなみにグーグルマップには「八角トンネル」と書いてある。
画像


いずれにせよ、「廃墟」の雰囲気が満ち満ちていて、下手をするとタイムスリップしそう。
画像


その先にも行ってみたかったが、草ぼうぼうで引き返し、工事中の二俣橋を経由して、
画像
その先の河原に下りる。
画像


すると先ほどの「熊延鉄道」の橋梁跡が、にょきっと建っていて、
画像
独特の雰囲気を醸し出している。
画像


道に戻って、久しぶりに佐俣の「山のぱんや」で栄養補給。
画像


くつろいでいると、そこにGINRINキャップのおじちゃんがやってきて、ここにバイクラックを設置しに来たんだと話しかけられる。

しばらくお話をして、辞去。

国道218号線を少し山都方面へ走って、左側にある石橋の「馬門(まかど)橋」。
画像


地震以降は渡れなくなっていたと聞いたが、渡れるようになっていた。
画像


この石橋から国道を挟んで反対側には舗装道(車は進入できないが)の「馬門橋」がある。
画像


その橋から西側を見下ろすと、先ほどのとは別の「熊延鉄道」の橋梁が見える。
画像
画像


さて、帰路は、もう少し坂を上って県道321号線へ左折して、名越谷の手前から左折し、「打越トンネル」を通って、
画像
東寒野の集落を抜け、緑川に出る。
画像
(鵜の瀬堰)


折角なので、「西寒野の六地蔵」の安否確認をし、
画像
国道433号線に入り、セブンイレブンで休憩後は山側の県道152号線など(熊延鉄道の線路跡)を走り、途中で右折して丘を越えて玉虫団地からマミコゥロードを少し北上し、国道415号線へ左折。

御船の街を抜けて、いつもの田んぼの直線道路を走り、
画像
サントリービール工場の丘を越えて、浮嶋神社を経由して
画像
県道226号線を北上。

健軍自衛隊から京塚を経由して帰った。

本日の走行距離:62.6q

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
鉄道のトンネル跡、橋梁跡、雰囲気があってすごく良いですね!!
石橋もたまらんですね!
新シリーズは、熊本歴史的建造物めぐりか、鉄道巡りですかね(笑)
ヘイホー
2017/06/08 18:29
六角(八角)トンネルですか。
その看板、全く記憶に無し。今度行ってみます。
まだまだ有るんですねー、近場にも。
みきたか
2017/06/08 20:14
ヘイホーさん、こんばんは。
今日廻った史跡はかなり雰囲気がありました。周りの自然のせいでしょうか?また行って見たくなると思います。
新シリーズですかぁ?うーん、もう大概廻ってしまいましたので、見つかるまで時間がかかるりそうです(笑)。
のぶ
2017/06/08 22:03
みきたかさん、こんにちは。
案内板、いつからあったか定かではないのですが、「六角トンネル」というのが気になって行って見ました。この季節になると、草は生えてくるし、虫や蛇は出てくるので、もう少し早く行けば良かったと思いましたね。
のぶ
2017/06/08 22:07
六角トンネル、写真で見て、そのうちに行ってみようと思いつつ、記憶から消えていました。
廃墟の雰囲気があるトンネル、少々不気味ですが、ここなら大丈夫。
熊延鉄道、残っていたら輪行に便利だったろうな〜とふと思いました。
1008
2017/06/08 22:30
鉄道跡や廃の雰囲気が漂う道、好きです。
独特の形状のトンネルや橋梁跡、いいですねー!
落ち葉に覆われた馬門の石橋も味がありますね。
ナワ
2017/06/09 02:38
のぶさんこんにちは。
緑川沿いの道は舗装が綺麗になって気持ち良いです。トイレの所の車止めさえ…残念です。
森のパンやにいたのは社長じゃないでしょうか?ショップの練習会の後おしかけていますので…
okd
2017/06/09 14:09
お久しぶりです。
熊延鉄道の八角トンネル、確かに奇妙な形をしていますよね。
トンネルと言うよりも防護柵的な役目だったのでは?
rm1116
2017/06/09 18:22
1008さん、こんにちは。
あ、ご存じだったんですね、あのトンネル。その先もグラベルが続いていて、1008さん向きの道でした。ただ、この季節、虫も多く、1008さんの嫌いな生き物にも何度か遭遇しました(笑)。熊延鉄道が今もあったら、五家荘へのアクセスが楽になるでしょうね。
のぶ
2017/06/09 20:48
ナワさん、こんにちは。
自然の中の廃墟って、何故か魅かれるものがありますね。その当時の人たちの情念というものが際立つからでしょうか?美里町はサイクリングの目的地になることは少ないのですが、ちょっと脇道に入ってみると面白いものがあるようです。
のぶ
2017/06/09 20:53
okdさん、こんにちは。
久しぶりに緑川沿いを甲佐まで走って、道が良くなっていたので嬉しかったです。
GINRINさんのショップへは行ったことがないので存じ上げませんでしたが、紺のポロシャツに白地の自転車マークの入ったポロシャツに、ピンクのGINRINキャップを被っておられました。社長さんのような方かな?と思ってお話をしていました。森のぱんやへのバイクラックの設置、大変素晴らしいことですね。
のぶ
2017/06/09 20:59
rm1116さん、こんにちは。
確かに「トンネル」とは言いながら、ちゃんとしたトンネルではありませんね。
岩場を切通し状に削ってあった場所なので、大き目の落石に対する防護柵なのかもしれませんね。それが、意外と新しいものに感じられ、50年以上も経っているとは思えませんでした。
のぶ
2017/06/09 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
美里の「熊延鉄道跡」めぐり くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる