くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 県内最後の人吉攻防戦

<<   作成日時 : 2017/06/01 15:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

4月20日の城東会戦で敗れた薩軍は政府軍を小競り合いを繰り返しながら矢部町に集結した。
画像
(敗走路となった日向往還には所々に薩軍兵の墓が残っている)


4月21日、西郷隆盛ら薩軍幹部は備前屋(現・通潤酒造)で今後の方針を検討し、「人吉で再起を計る」ということに決定した。
画像


人吉・球磨地方は、鎌倉時代から江戸時代まで、700年間の長きにわたり相良氏が守り続けた歴史ある城下町である。

以前から薩摩との関係が深く、西南戦争においても薩軍に味方するものも多く、「人吉隊」を組織して参戦し、田原坂などで政府軍と戦っていた。また、日奈久に上陸し八代を支配下に置いた政府軍の「衝背軍」を攻略すべく、すでに辺見・別府隊が人吉を拠点としていた。

4月22日、西郷以下薩軍本隊は矢部を出発し、
画像
馬見原、
画像
(馬見原の龍専寺には薩軍病院が置かれた)
五ヶ瀬を経て、国見峠を越えて
画像
4月25日には椎葉に到着。
画像
不土野峠を越えて
画像
4月29日に人吉に入った。

人吉城は廃藩置県の際にすでに取り壊されていたので、砲台を置き、
画像
画像
本営は永国寺とした。
画像

画像
(境内には「西郷隆盛先生之遺蹟」の碑)


ちなみに、このお寺は今では「ゆうれい寺」としての方が有名。
画像


本堂内には西郷隆盛の書や、
画像
位牌が置かれている。
画像


球磨盆地を囲む山々を防壁とし持久戦を展開し、機を見て周辺の豊後、大口、佐敷へ攻め込み、勢力を拡大する戦法をとった。

永国寺の裏山には薩軍が弾薬や食料を蓄えた洞穴が「西郷隆盛の塩蔵跡」として残されている。
画像


西郷隆盛が宿泊した地には現在、武家屋敷が移設されており、当時を偲ぶことができる。
画像


人吉での薩軍の兵力は約3000。当初に比べると士気は落ち、援軍として参加した「党薩諸隊」は勿論、薩軍本隊の中にも離反する兵士が出るようになってきた。

また、新たな「人吉隊」の募集にも応ずる者は少なく、薩軍幹部が目論んだような兵力の増強はできなかった。
画像
(永国寺境内の「人吉三番隊士の碑」)


一方、城東会戦の後、薩軍を追った政府軍は険しい脊梁地帯の広範囲に旅団を送り込んだが、それらの指揮・配置・命令伝達に混乱を来たし、決定的な掃討戦ができずにいた。

しかし、やがて薩軍の動きを掴み、さらに兵力を増強整備。

5月下旬には球磨盆地を北側から攻め込む態勢を整え、佐敷から山越え、球磨川沿い、肥後峠越え、五木越道、不土野峠越えなどでじりじりと薩軍の守備隊を後退させた。
画像


そして人吉・球磨盆地内に入ると現在のJR人吉駅の裏手にある村山に砲台を置き、その東北に位置する瓦屋町に本営を置いた。
画像


6月1日、村山の砲台から人吉城内に置かれた薩軍の陣地に向かって砲撃が始まり、
画像
(政府軍の砲台が置かれた村山から人吉城址方面を臨む)
市街地は全域に渡って戦場となり炎に包まれた。
画像


たちまち劣勢となった薩軍は球磨川を渡す大橋を落として大畑(おこば)方面へ退却した。

さらに政府軍の追撃に加久藤峠を越えて敗走し、こうして西南戦争の主戦場は熊本から宮崎方面へと移って行った。


140年前の2月から6月に渡って熊本県下の広範囲に影響を及ぼした西南戦争。

時間軸をほぼ同じにして熊本県下の西南戦争の史跡を紹介するシリーズもこれにて終了。

これまで断片的にしか知らなかった各地での戦闘を繋ぎ合わせて、その全体の流れを知ることができた。

もう一度、振り返ってみると・・・

川尻〜熊本城総攻撃
http://eco-and-health.at.webry.info/201701/article_6.html
植木の戦いから高瀬会戦
http://eco-and-health.at.webry.info/201702/article_5.html
田原坂の戦い
http://eco-and-health.at.webry.info/201703/article_4.html
山鹿の戦い
http://eco-and-health.at.webry.info/201703/article_5.html
政府軍の挟み撃ち
http://eco-and-health.at.webry.info/201703/article_7.html
菊池の戦い
http://eco-and-health.at.webry.info/201704/article_3.html
阿蘇の戦い
http://eco-and-health.at.webry.info/201704/article_4.html
熊本城の解放
http://eco-and-health.at.webry.info/201704/article_5.html
城東会戦
http://eco-and-health.at.webry.info/201704/article_7.html

そして今回の人吉攻防戦

・・・いや〜、よく勉強して、よく走った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
1,2週間前にネットニュースで西郷さんの人吉への敗走記事を見たので今探したのですが見つからず。
おおまかにはのぶさんの記事と同様と記憶してます、さすがです^^
ちと違うのは西郷さんの人吉での犬の散歩コースがその記事には有りました^^
みきたか
2017/06/01 20:27
のぶさんが調査、まとめた西南戦争の記録、これって貴重な歴史の資料ですよね。
ただただ、頭が下がるばかりです。
人吉の武家屋敷で聞いた西南戦争、そのような事が各地であったのだろうな〜
と思い出しました。
1008
2017/06/01 21:32
みきたかさん、こんばんは。
あらら!そんな記事がネットであったんですか。人吉での西郷さん・・・魚釣りに興じていたという話は聞いたことがありますが、犬の散歩コースがあったんですね。
西郷さんにとって人吉では束の間の、のんびりとした生活があったようですね。
のぶ
2017/06/01 22:06
1008さん、こんばんは。
いえいえ、もっときちんと詳しく調べている人が沢山います。自転車で廻ったというくらいがこのブログの特徴でしょうか?
ただ、個人的には、これまで断片的な「点」でしか知らなかった知識が、点が増えて、しかも時間経過に応じて繋がったのが良かったです。
これからは、もう少し深く掘り下げる部分も持ちたいと思っています。
のぶ
2017/06/01 22:11
改めて見て、この調査力凄いですね。
自分も色んな場所に連れて行って頂き、少しは、西南の役が理解できました。
ありがとうございます。
次は、どの時代に注目でしょうかね?
こくろ
2017/06/02 06:20
この辺になると昔読んだ本の記憶も途切れ途切れです。
こうやって端的にまとめられてる物を読む方が理解しやすいですね。
なかなか読み応えがあります。西郷札が作られたのもこの頃ですよね。
そして今自転車遊びをする様になって、気になるのは140年前の道路事情
舗装されてない道、峠越え、過酷な旅だった事は想像できます。
読み逃げ屋
2017/06/02 10:45
こくろさん、こんばんは。
こくろさん、ヘイホーさんとの西南戦争の史跡巡りをきっかけに県内各地の戦跡を巡ることになり、感慨深いです。
さあ、次はどの時代に注目しましょうか?・・・島津に攻め込まれた戦国時代かなあ?
のぶ
2017/06/02 20:57
読み逃げ屋さん、こんばんは。
九州山脈の敗走路・・・想像するしかなかったですが、読み逃げ屋さんから阿蘇外輪周辺のグラベルへ連れて行ってもらったお蔭でで、かなり具体的に想像することができるようになりました。それにしても、熊本隊などは女房・子どもを連れての敗走らしかったので、それはそれは過酷なものだったと思いますね。
のぶ
2017/06/02 21:02
のぶさんのおかげで、西南の役にまつわる色々な史跡に連れて行ってもらいとても勉強になりました。
鹿児島県人でありながら知らないことばかりでした。
またよろしくお願い致します。
ヘイホー
2017/06/02 21:40
ヘイホーさん、こんばんは。
最初は軽い思いつきで川尻周辺から熊本城までの史跡巡りから始まったのですが、「どうせなら・・・」が高じて、とうとう県内の西南戦争関係の史跡はほとんんど廻ってしまいました。玉東町や芦北、水俣方面にいくつか廻ってない史跡が残っていますので、時間があれば廻ってみます。
また新たな史跡巡り、考えておきますね。
のぶ
2017/06/02 22:54
このシリーズ、大変面白く読ませてもらいました。
五家荘の兵士像の話や子別峠の話も好きなのでよければ五家荘の平家の話も見てみたいです。
通りすがり
2017/06/08 15:37
通りすがりさん、こんにちは。
そう言っていただくとレポートし甲斐があります。
そうですね。五家荘の平家の話は、まだ鬼山御前の話だけですので、話題を見つけて行って見たいです。
のぶ
2017/06/08 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
県内最後の人吉攻防戦 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる