くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「横島」な心・・・

<<   作成日時 : 2017/02/04 18:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

明日は天気が悪そうなので、昼前に仕事を切り上げて横島へサイクリングに行くことにする。

高速道路沿いに北上し、
画像
県道30号線を西へ走り、国道208号線に入って滴水から左へ折れ、菱形から県道113号線で玉東に入り、
画像
さらに玉名へ。尾田の丸池の手前で左折すべきところ直進してしまい、回り道をして国道501号線が県道1号線にぶつかるところのヒライで昼飯。
画像


そこからすぐ近くの横島山の北にある加藤神社へ。
画像


神社の隣には「石塘公園」があり、そこの案内板によると・・・

往時菊池川の主流は横島山と久島山間を流れていた。
画像
(金峰山側から観て中央左が横島山、右が九島山)


加藤清正は菊池川の水路変更と石塘築堤によって、数百町歩の耕地が出来ることに着眼し、天正十七年(1589年)工を起し十七年間の歳月をついやし、慶長十年(1605年)これを完成した。
画像
画像


その間、横島久島間約四〇〇米の築堤は最も難工事で人柱と読経の加護によって築かれたと言い伝えられている。
画像


以来、干拓は加藤清正から細川家へと引き継がれ、江戸、明治、大正と続き、戦後の昭和21(1946)年、国営横島干拓事業に着手。昭和42(1967)年に潮止めを行ったのを最後に、現在に至っているとのこと。
画像


横島山に上ると、人柱を立てた時に読経した山頂部は、お経を埋めた「経塚」を中心とした「経塚史跡公園」として整備されている。
画像
画像


横島山の山頂から南側に降りて少し東側の斜面へ行くと、「寛政の津波」の高さを示す「津波石」の痕跡が見られる。
画像


この石は道路工事の際に撤去され、現在は「九州農政局 玉名横島海岸保全事業所」の敷地内に展示してある。
画像


寛政4年4月1日(1792年5月21日)の雲仙眉山崩壊に伴う大津波被害の際には、まだ干拓地も狭く、しかも耕地になっておらず、ほとんどの住民は横島山の中腹に住んでいたため難を逃れたらしい。
画像


そのあと、南へ走って、現在の干拓地内をテキトーに走る。
画像
画像
画像
画像


地震の影響らしい道路の亀裂が一部あったものの、
画像
大きな被害は出ていないようだった。

帰路は「草枕温泉てんすい」を経由して県道1号線に上がり、「ナルシストの椅子」で休憩後、
画像
野出峠へ上がり、芳野を経由して峠の茶屋に出て本妙寺に降りて帰った。

ところで、「笑える国語辞典」によると「邪な心」の「よこしま」は「横の状態」という意味の「よこさま(横様)」が転じた言葉だといわれている。

「横様」は「中心に対して左右に外れた位置」から転じて、「中心をはずれる、真実や正義をはずれる」というニュアンスになったらしい。

ん?わたし?

「横しま」なのは愛用しているヒートテックだけね。
画像


本日の走行距離:72.7q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
色々勉強になります。
仕事の時も走られて、モチベーション維持が、素晴らしいですね。
今日、熊本城近くですれ違いました。
叫んだのですが、気付かれず。
帰り道だったのですね。
格好違うと直ぐにはわからないものですね。
こくろ
2017/02/04 22:02
歴史チックなライドで、とても興味深いですね。
また熊本の良さを教えてください。
ナルシストの丘もイイですね(笑)
また今月もよろしくお願いします^ ^
ヘイホー
2017/02/04 22:26
こくろさん、こんばんは。
あらら!すれちがいましたか?気づきませんでしたー(泣)。疲れていたのかも・・・。
地震後、走れる機会が減った状態が続いていますので、なんとか週に一度は走りたいと努力しているところです。
のぶ
2017/02/04 22:53
ヘイホーさん、こんばんは。
若い頃は郷土史には余り興味がなかったのですが、サイクリングのお蔭か、年取ったせいなのか、段々と興味が出てきました。
ただ、せっかく勉強してもすぐに忘れてしまって・・・。
もう少し若いうちに興味をもってれば・・・と反省しきりです。
のぶ
2017/02/04 23:02
干拓の塀(堤防)を見ると不思議な感じがします。
伊倉が昔は港と知ってもピンときませんでした。
みきたか
2017/02/05 10:07
横島干拓の歴史が丁寧に解説してあって、興味津々で読ませていただきました。
今度その辺りを通る時には、しっかり注意して見てみたいと思います。
横しまのヒートテックには笑えました。
アンカー星人
2017/02/05 11:05
みきたかさん、こんにちは。
わたしの場合、横島干拓地の古い堤防は、万里の長城(実物は見てませんが)を思い起こさせます。横島がかつては島だったと言われても、想像してみるのは意外と難しいですよね。
のぶ
2017/02/05 17:35
アンカー星人さん、こんにちは。
「横島」と言われると「いちご」のイメージが強いですが、歴史を紐解いてみると、色々面白いものがあるのに気が付きました。昨日は立春だったので春を感じながら走りましたが、午後の上りでは手袋も脱ぐほどの陽気でした。
のぶ
2017/02/05 17:39
今日はお疲れ様でした。
昔の干拓は重機等も当然無く、ほぼ人力。
気が遠くなる事業ですよね。
めんどくさがりな自分ならそのような発想しないでしょうね。(笑)
ヒートテック、横しまのがあるのですね。知らなかった。
1008
2017/02/05 19:34
1008さん、こんばんは。
今日はお疲れ様でした。そして忘れ物の手袋を届けていただき、誠にありがとうございました。
清正の石塘工事は、人柱まで立てて行ったので、よっぽどの事だったと思います。人柱になった人は可哀想ですが、今でも神社に祀られているので、無駄死にではなかったかと・・・。
わたくし所有のヒートテックは古いものばかりで、どれも「横しま」ばっかりです、はい。
のぶ
2017/02/05 22:29
先日大藪サイクルさんの集まりでご挨拶させていただきました、ブッチャーKさんのすぐ近くの道の駅のパナモリ駅長です。
ぜひ、阿蘇に御出での際はお立ち寄りください。お待ちしています。
皆さんとは知ることができる機会を楽しみにしています。
パナモリ駅長
2017/02/10 12:36
パナモリ駅長さん、こんばんは。
先日の、大藪サイクルさんの引っ越し打ち上げ会ではお疲れ様でした。
阿蘇も次第にアクセス路が回復しつつありますので、この春以降は阿蘇谷を自転車で走り回る機会が増えるかと存じます。その際はどうぞ宜しくお願いします!
のぶ
2017/02/10 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「横島」な心・・・ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる