くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 薩摩街道 走り初め

<<   作成日時 : 2017/01/03 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

正月休み最後の日、ヘイホーさんと走り初めをすることになった。

行く先のご希望を伺うと、「何か歴史的なものを・・・」とのご所望。そこで鹿児島県人のヘイホーさんのために薩摩街道を熊本城から小川町まで走ることにした。

江戸城にお輿入れする篤姫だって、生麦事件の後の島津久光だって、熊本城撃破を目指した西郷隆盛だって、皆、この道を行ったのだ。

薩摩街道を歩いたレポートがネット上にいくつかあり、それらと、みきたかさんのレポートを参考にルートを設定した。

新世継橋で待ち合わせ、先ずは新町のYMCA前にある熊本城の清爽園へ。
画像


「札の辻」と呼ばれた広場には「里程元標」があって、豊前・豊後・薩摩街道および日向往還の里数が測られていた。

ここから薩摩街道巡りをスタート。

坂本龍馬や勝海舟、それに明治天皇が西郷隆盛らを従えて宿泊された「御客屋・会輔堂跡」を経由して、
画像
明八橋を渡り、
画像
唐人町通りを東へ進み、長六橋を渡る。
画像


少し右に廻って産業道路を渡ると「薩摩屋敷跡」の標識。
画像
その後は国道3号線や、その旧道を走りつつ、一里木跡の標識や
画像
お地蔵さんなどに街道の面影を偲びつつ走る。
画像


最初の宿場町であった川尻に入って川尻神社、
画像
(神社の御神木は日本一の大きさといわれるヒイラギ)
椎田薬師堂を経由して
画像
旧道を走り、右に折れると少し入ると「札橋」がある。
画像
この付近に二里木があったという。

さらに宿場町「川尻」を散策し、
画像
画像
画像
画像
画像
新町橋を渡り、さらに南下して緑川橋を渡って右折し、若宮神社の先で堤を下りて左折し、志々水公民館の先の「三里木跡」の石標。
画像


そして宇土市街地に入る。
画像
画像


船場橋などを見て廻り、
画像
本町の四里木跡と言われる高札場。
画像


松橋に入り、五里木跡。
画像


国道3号線を南下し、豊福小学校方面へ左折するところにある「心吉(こころよし)」の塚を見て、
画像
先へ進み、薩摩の殿様の宿営地として使われた誠光寺に立ち寄る。
画像


その後、国道3号線に戻って六里木跡。
画像


さらに進んで国道から少し左へ入ったところに「三軒屋番所・関所跡」。
画像


国道3号線から右に折れて再び国道に出る前に、本日最後の七里木跡。
画像


正午になったので、小川商店街方面へ走り、まずは白玉屋新三郎で血糖値を上げ、
画像
いつものように県道244号線、312号線を走って松橋インター近くの「サンジ」でランチ。
画像


お腹を満たして、県道313号線、国道266線を走り、めど町橋を渡って
画像
中の瀬橋でヘイホーさんと別れ、
画像
出水ふれあい通りを通って帰った。

本日の走行距離:69.8q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は歴史ライドありがとうございます。
薩摩街道巡り…西郷どんも通ったのかと思うと浪漫を感じました。
楽しかったです^_^
白玉もご馳走様です‼
ヘイホー
2017/01/03 17:28
ヘイホーさん、今日はお疲れ様でした。
事前調査が十分ではありませんでしたが、観るべきものは大体観ることができたと思います。路傍のお地蔵さんたちに当時を偲ぶことができました。
しかしあれを大名行列で往来するのは大変だったでしょうね。
のぶ
2017/01/03 22:07
のぶさんの日向往還を読んで始めた四街道巡り。
震災後はすっかりご無沙汰となってしまいました。
矢部から先の日向往還は春の花が咲く頃が良さそう。
ご都合が合えばご一緒お願いします。
みきたか
2017/01/04 06:57
街道巡りもスタート近くは良さそうですが、回数を重ねるごとに距離のハードルが高くなりそうですね。
それより、おやつと食事に目がいったのは自分だけだろうか(笑)
1008
2017/01/04 07:35
最初の宿場町が川尻は近過ぎるだろ。と思ったけど昔の旅は命がけ。
別れの杯だお見送りだと色々行って出発。そう考えると、川尻、宇土辺りが最初の宿場町に為りそうですね。
しかも道はグラベル。履き物は、裸足か底の薄い草鞋。相当な苦労を伴うものだったんでしょうね。

読み逃げ屋
2017/01/04 13:01
薩摩の人々が通った道、御一緒出来ず残念でした。
また、機会があればお願いします。
こくろ
2017/01/04 15:03
みきたかさん、こんにちは。
今回のルートに関しては、みきたかさんのブログのStravaのデータが大変役に立ちました。みきたかさんの撮った写真に比べると、地震によって薩摩街道の路傍もかなり被害が出ているのが良くわかりました。
矢部から先の日向往還、是非ご一緒させてください!
のぶ
2017/01/04 22:16
1008さん、こんにちは。
確かに、日向往還巡りも矢部まではサクっと終了しましたが、矢部から先はなかなか実行ができていません。薩摩街道も自走は八代近辺まででしょうかね。
スイーツやランチにも変化を持たせたかったのですが、今回はコースの確認に手間取ってしまい、つい、いつもの行きつけの食事処になってしまいました。
のぶ
2017/01/04 22:19
読み逃げ屋さん、こんにちは。
確かに当時のグラベルを当時の履物で行き来するのは大変だったでしょうね。
それにしても、当時の人達は現代人には想像もつかないほど逞しかったのでしょう。現代は便利になった反面、退化してしまった部分も多いように思いますね。
のぶ
2017/01/04 22:22
こくろさん、こんにちは。
今回はご一緒できず、残念でした。何でもない田舎の小道でも、かつてここが幹線道路で、そこを歩いた人たちの事に想いを巡らすと道がひと味違ったものに感じます。
また機会があれば、ご一緒したいと思います。
のぶ
2017/01/04 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
薩摩街道 走り初め くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる