くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「藝術の秋」ポタ

<<   作成日時 : 2016/11/03 18:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

「文化の日」なので、たまには文化的なことをしようかと、市内の「堅山南風」関係の場所をクロモリロードバイクで廻った。

「堅山南風」と言えば、「熊本出身の日本画家」くらいの知識しかなかったけど、その名が印象に残ったのは一昨年、「くまもと『水』検定」の受験勉強をした時のこと。
画像


堅山南風作の「魚楽図」という画が熊本の「水遺産」に認定されていたのだ。

南風の愛した江津湖に生息する5種類の魚を描いた「魚楽図」という画は残念ながら横浜美術館の所蔵なので、なかなか見ることはできないが、ネットで調べてみると、彼の作品のいくつかが熊本でも見ることができることが判った。

市内でいくつか用事を済ますついでに南風の所縁の地や作品を目指してポタリング開始。

まず向かったのが、国道3号線浄行寺交差点から西に入った通称「立町通り」の赤鳥居。
画像
その向かい側あたりの家で堅山南風は誕生した。
画像
彼が通った壺川小学校を廻って
画像
大江の県立劇場へ。
画像


演劇ホールのホワイエの壁には南風69歳の時の作品、「紅鱒」が掛けてある。
画像
ここには何度も来ているが、こんな画が掛けてあるのはまったく気づいていなかった。

次に水前寺公園の北にある高級料理屋「磯な」の近くにある「後藤是山記念館」。
画像
ここには是山と親交の深かった南風の絵手紙が展示されているそうだけど、残念ながら地震の影響で「当面の間休館」。
画像


最後に訪れたのが、そこから僅かな距離の「熊本市総合体育館」。
画像


正面玄関から入って少し進んだ右側にある「広域スポーツセンター」のロビーの天井には壮大な「鳴龍(なきりゅう)」の画。
画像


元々、「鳴龍」という画は、栃木県の日光東照宮・本地堂の天井に狩野永真安信が描いたものであったが、昭和36年の火事で消失した。

昭和39年にその復元が堅山南風画伯に依頼され、昭和40年11月に下絵が完成し、同41年7月に本絵が完成した。

その時の下絵が、昭和55年に南風画伯のご遺族より熊本市に寄贈され、昭和61年、ここの天井に設置された。

日光東照宮の本地堂同様、この「鳴龍」下絵の下で手を打つと「ルルル・・・・・・」という奇妙なうなり声をあげるらしいので実際に手を叩いてみると、あら不思議。

天井の龍が「ルルル・・・」と鳴いた。
画像


この後、折角なので、南風の愛した江津湖の湖畔を廻って帰った。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
文化ライド?お疲れ様です。
鳴龍…迫力がありますね。
画家の経緯を調べて、楽しむのも良いですね。
のぶさんのNew放浪シリーズの誕生でしょうか(笑)
最近、朝晩が冷えますね。
体調には気をつけましょう。
ヘイホー
2016/11/04 12:12
総合体育館の天上、気が付きませんでした。
と言うか、何にも気が付きませんが(笑
行ったら、手を叩いてみよう。
しかし、調査に掛かりっきりで、家庭サービスをお忘れ無くですね。
1008
2016/11/04 12:51
文化の香りのする内容ですね。
堅山南風という人・・・初めて知りました。
天井の龍が鳴くんですね! どういう作りになっているんでしょうね?
これにはビックリしました。
アンカー星人
2016/11/04 17:34
ヘイホーさんへ。
体育館の天井に龍の画があるのは漠然と知っていましたが、良く見るとなかなか迫力のある龍です。最近、下調べをしたポタリングをやってませんでしたので、久しぶりでした。
あと数日は気温差の激しい日が続くようですね。
のぶ
2016/11/04 19:34
1008さんへ。
市立総合体育館へはしょっちゅう行っていて、ロビーではよく昼寝をしていましたので、龍の画は知っていましたが、作者や経緯については全くしりませんでした。何でもそうですが、意識して注意していないと見逃しますね。
家庭サービス・・・そう言えば、最近、また忘れがちです(苦笑)。
のぶ
2016/11/04 19:38
アンカー星人さんへ。
文化の日でしたから少し背伸びをして文化的な内容にしました(笑)。
わたしも画はどちらかと言えば、洋画はある程度知識があるものの、日本画についてはほとんど知識がありません。
龍が鳴くのは、四方の壁からの反響のせいらしいです。そうと解っていても、不思議な感じがしました。
のぶ
2016/11/04 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
「藝術の秋」ポタ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる